2018.09.19

まだそんなコトしてんの?長続きしない「幼稚な恋」の特徴

こんにちは、美佳です。
学生時代は恋に盲目でもいいかもしれませんが、25歳超えたオトナが恋に盲目というと、少々痛いもの。仕事もそこそこの責任がありますし、自立して生活していることが当たり前とされる年齢だからです。

全力で恋愛を楽しむのはまぁ素敵ですが……正直、オトナの盲目的な恋愛って、どこか幼稚で、結果として「恋も仕事もうまくいかない、生活がうまくいかない」になってしまいがちです。

今、これを読んで「まぁそうだよね」と納得している人もいるでしょうが、あなたも実際は幼稚な恋愛をしているということないですか?
そこで本日は、幼稚な恋愛の特徴について述べたいと思います。

連絡の頻度で愛情をはかる

1日何通も彼とLINEを送り合って(私、愛されている♡)と満足している恋愛は申し訳ないですが幼稚な気がします……。

愛情のはかり方が連絡頻度というのは、どうも違う気がするのです。だって、男子だって呼べば簡単にエッチさせてくれるセフレ的な子にはマメに連絡したりしますからね。

風俗とかはお金がかかりますが、日々マメに連絡しておけば女子側がいい具合に勘違いして、呼べば喜んで夜中でも飛んでくる状態って……普通に考えて得だしラクですから。

もちろん彼が連絡無精すぎて、1週間に1回しか連絡をくれない、というのは問題ですが、愛情は、彼からの大量のLINEじゃないと伝わってこない!というのなら幼稚な考え方です。

彼の一番じゃないと気が済まない

恋愛対象として、ではなく、すべてにおいて彼の1番じゃないと気が済まないのもオトナの恋愛とは言い難いかもしれません。もちろん1番になりたい、何よりも優先してほしい気持ちは誰にだってあると思います。だって「2番と1番どっちがいい?」と聞かれて「2番!」という人はそういないでしょうから。

ただ、社会人になるとどうしても学生時代とは違って恋愛が1番ということにはなり辛いです。特に働き盛りの人ならなおさら。

「仕事と私どっちが大事なの!?」というセリフを見聞きしたことがある人、実際に彼に言ったことがある人もいるでしょうが、仕事よりも私を1番に大事にしなさいよ!的な思考は正直やばいですよ?

もちろん、仕事は職種などを選ばなければ、ごまんとありますが、彼女(あなた)はたったひとり、という考えもあります。ですが……彼女のためにコロコロ転職するのって普通に考えてバカげてます。

仕事をして生活の基盤がある程度しっかりしてからこそ恋愛が楽しめるのであって、恋愛中心に生活をして生活基盤がグラグラというのはオトナとして痛いです。彼の1番になりないのはわかりますが、彼の1番は彼の生活基盤だと思ってください。

話し合うのではなく挑発するためにエネルギーを費やす

彼との間で何か問題が起こった際、話し合うのではなく挑発するなら幼稚かと。

例えば、彼が元カノと連絡取っていたり、こそっと会ってしまったとします。

だいたいの人は「何で元カノと連絡取ってるの!?」と怒るでしょう。まぁ普通ですよね。問題はここから。何で連絡を取ったのか、今後どうするのか(連絡先を消すとか、元カノから連絡が来ても会わないとか)という話し合いができるならいいと思うのです。

けど、怒りだけぶつけて、たいして話し合いもなく、(彼にも同じ気持ちを味あわせてやる…)と嫉妬させるために、あなたが元カレと会ったり、男友達とデートするのは違うと思うのです。

話し合いにエネルギーを費やすのではなく、挑発するためにエネルギーを費やすのは何の解決にもならないですから。

終わりに

恋愛に年齢差はないと思いますが、恋愛にも年相応というのはあると思うのです。エイジストは嫌いですが、二人の関係を無駄に壊さないためにも大人の関係を築いた方が、お互いのためになりますよ。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事