2018.09.24

「俺、いい彼氏してるな…!」彼が彼女にしてあげたいデート中の紳士的行動

デートでエスコートしてくれる人って魅力的ですよね。
さりげなく車道側を歩いてくれたり、ちょっとした気遣いにキュンとした経験がある人は多いはず。

そんな彼らのエスコートを「なんだか悪いから」「恥ずかしいから」という理由で遠慮したり拒否してしまうことはありませんか?これ、実は非常にもったいないこと!なぜなら、「エスコートしてる俺カッコイイ」という感覚は、彼らのデートの充実感に大きく関わってくるからです。

そこで今回は、デートでは男子にぜひ積極的にさせてあげたいアレコレご紹介します!

・お迎え&お見送り

「早く会いたいし、少しでも長く一緒に居たいので、迎えと見送りはしたいなと思います。拒否られると、『俺と居るのイヤなのかな』ってちょっとヘコむ」(22歳/男性/大学生)

デートの帰りが遅くなってしまい、「危ないから送るよ」という流れはテッパンですね。夜に女性の一人歩きをさせない!というのを行動に移せるのは、確かにカッコいいものです。

また、デートのお迎えはお見送り男子よりさらに貴重なため、「尽くす自分」に酔っちゃうのも頷けますね。

・デートの内容決め

「毎回毎回デートの内容考えるのってしんどいけど、喜んでもらえたときに『次も喜ばしちゃる!』ってなりますね」(25歳/男性/小売)

行き先で使うお金や滞在時間、移動手段なども含めてデートコースを考えるって、結構手間なんですよね。

でも、手間だからこそ、充実したデートを終えたときの充実感がたまらないもの。行きたいところ・やりたいところがあるみなさんは、それを提案した上でデートコース作りを彼に任せてみてはいかがでしょうか?

・ポジション取り

「カップルらしき男女が歩いていると、つい男がちゃんと車道側を歩いてるか見ちゃいます。自分がそうなので、他人から見られたときに『アイツ女に車道側歩かせてる』って思われたくないんですよね」(21歳/男性/大学生)

さり気なく車道側に回る、エスカレーターでは上段を譲る、レストランでは彼女を上席に…などなど、彼らは彼女の10倍はポジションに気を遣っている模様。

次のデートでは、ぜひ彼と自分のポジションを気にしてみてください。彼がポジションを気にしてくれている!と感じたら、スマートに彼の望むポジションへ移動できるといいですね。

・荷物持ち

「買い物の後の荷物はもちろん、彼女のバッグも持ってあげたいなと思います。だって、荷物がないと単純に楽だろうし、俺も周りから『優しい彼氏だな』って目で見られてたいし」(24歳/旅行代理)

荷物を持つというのは(どれだけ軽い荷物だったとしても)彼女や周囲に対する力の誇示になるので、「我こそが!」と名乗り出てくれる男子が多いのです。

自分の女物のバッグを持ってもらうことに気が引けてしまうなら、まずはお買い物の荷物から。自販機で買ったペットボトルでも、「持つよ」と言ってくれたら任せちゃいましょう。

・おごり

「やっぱり会計は俺ら男に任してほしいです。食事中とかも、お会計気にしながら食べるより心から美味しそうに食べてもらえると嬉しい」(27歳/男性/美容師)

ついつい遠慮しがちな彼からのおごりですが、ココに男としてのプライドをかけている男性は多いよう。女性がお手洗いに行っている隙に会計を済ませる、カードでスマートに支払うなど、人によっては支払い方にも彼らなりのこだわりがあるみたいですね。

おわりに

ときには、「申し訳ないから…」と断るよりも「じゃあお言葉に甘えて」と彼らなりのエスコートや紳士的な行動を受け入れてあげることも、ひとつの愛情の形。

次回のデートでは、「俺、いい彼氏してんな!」と彼が思わず自惚れたくなっちゃうようなデートを目指してみてはいかがでしょうか?(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事