2018.11.20

恋したい!「ひとりの時間も好き」「考えすぎて行動できない」人が幸せになる方法

こんにちは、美佳です。
「恋愛したい気持ちはあるけど、どうも一歩踏み出せないというか、積極的になれないというか……」と、気持ちとは裏腹に恋に動けない女子もいるでしょう。

そこで今回は、恋愛できない自分を恋愛できる自分に変えるための心得について述べたいと思います。

ひとりの時間を楽しみすぎない!見た目も磨いて出会いを探す

女子の中にはフリーの期間が長すぎて「彼氏は欲しいけど……、一人の方がラクだしなぁ」と、ぼっち生活を楽しんでいる人もいるはず。
ひとりでも楽しめるのはいいことなのですが、それに慣れすぎるとどんどん彼氏ができにくくなってしまいます……。

結婚願望がある筆者のホステス時代の友達は、本当に美人なのにぼっち生活をエンジョイしすぎて未だ独身ですから(たぶん今42歳かな?)

ぼっち生活が続くと、ファッションもメイクもどこか手抜きになり、女子力まで下がってしまうことってありますよね?至近距離で話す相手がいなければ、顔の産毛やメイクなどもそこまで気にせず適当に済ませてしまうとか…。となれば、男子もなかなか寄ってはこないかと。自然体も大事だけれど、初対面のころはやっぱりパッと目を惹く女子じゃないと、男子も積極的に近づこうとは思いにくいですよ。

まず、異性との出会いがないのなら、なるべく異性と出会える場所に足を運びましょう。で、変に気合を入れる必要はないですが、なるべくオシャレは心がけたほうがいいですね。スニーカーやデニムの時があってもいいですが、たまにはヒールやスカートでテンション上げていきましょう。着るものが変わると、無意識に美しくみせようとして行動も変化しますよ。それだけでも恋のチャンスは増えると思います。

恋愛できる自分になりたいのなら、まず出会いをモノにできるようにしましょう!

NOT受け身!少しの粘り強さも大事

気になる人がいるのに自分から連絡先を聞けない、連絡先を交換したものの自分から連絡できない……などなど、恋愛に対し完全受け身の女子もいるかもしれませんが、完全受け身では恋のチャンスを逃しますよ。

受け身すぎて恋を逃してきた自覚があるのなら、少しは自分から動いてみましょう。不安なら友達に手伝ってもらう(アドバイスをもらう)のもいいじゃないですか。「友達に冷やかされるのが嫌」とか思っているヒマはありません。自分の恋なら自分から動かないと!
ただ、ガツガツアプローチすると男子も怖がるので、相手との温度差を見ながら動くのは大事ですけどね。

食事に誘って1回断られただけで諦めちゃダメですよ。諦めるのは3回連続で断られてからにしましょう。諦め癖がつくと、叶う恋愛も叶わなくなりますから。恋愛は、積極性と多少の粘り強さが必須です。
何回も告白して何回も振られたけど、数か月後付き合えてそのままゴールイン…なんていう人たちもいますから。傷つくこともあるけど、動くことで未来を変えられることってあるんです。

自分の気持ちに素直になること

意中の彼とイイ感じだったのに、自分の気持ちを隠してしまい恋のチャンスを逃したことがある女子もいるのではないでしょうか?
恋愛初期はデリケートな時期でもあるので、自分の気持ちを見せるのはなかなか難しいもの。好きな気持ちがバレないよう隠してしまう人もいるでしょう。

けど、恋のチャンスを逃したくないのなら、自分の気持ちに素直になった方がいいですよ。まぁ、がっつり好意を出すのは状況によっては重いですが、ほのめかすくらいなら恋の進展につながる気がするのです。

例えば「〇〇君の好きなタイプってどんな人?」「〇〇君と付き合ったら楽しそうだな」「〇〇君って仕事もできるし、オシャレだし…モテるでしょ?」など、ベタでもいいので『ん?俺に気がある?』とわかってもらったほうがいいですよ。あとから『なんであの時、素直になれなかったのかなぁ……』と後悔しないためにも自分の気持ちに素直に!

終わりに

恋愛したいのに恋愛できないのには、何かしら自分の中に障害というか邪魔になっているものがあるはず。人によってはそれが「変なプライド」だったり「恥ずかしさ」だったりします。
でも、恋のチャンスを逃さないためにも、恋を邪魔しているものは取り除かなければ先には進めません。あなたが心配しすぎていることは何なのか、行動をしないことで生まれる後悔よりも、「プライド」や「恥」の方が大事なのか。よく考えてくださいね。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事