2019.03.05

「自立している女性」はなぜモテる?彼氏に依存しないためにできること

「自立した女性になりたい」

そんな風に思っている女性は多いのではないでしょうか。

自立した女性は同性から見てもかっこいいと思いますし、異性からみても頼り甲斐があり、人気もありますよね。

かといってバリキャリになると男性から敬遠される…なんて声も聞きますよね。

今回は、みなさんの誤解を解くための記事を書きました、
実は自立する、ということは「なんでも一人でできるようになること」ではないんです。

「自立する」とは、男性や友達を頼れるようになること

仮に「自立=一人でも生きていける力を身につけること」だとするのであれば、「人は一人では生きていけない」という意見と矛盾することになってしまいます。

実際に、「がんば張って一人で生きていけるようになろう!」と努力した結果、どんなに努力しても一人で生きていくことができないことを知り、挫折を味わう人はたくさんいます。

この矛盾をなくすためには、自立するということの定義を変える必要があります。

自立するということは実は、「一人で抱え込まずに、人の力を借りて問題を解決できるようになること」なのです。

依存する性格の人は「人に頼るのが下手」

一方で、人に頼るのが下手な人は、依存気質な人が多いです。一見矛盾して聞こえるかもしれませんが、きちんと理由があります。

人に頼るのが下手な人は、自分の問題を一人で抱え込みます。誰にも相談せず、なんとか自分だけで乗り越えようとします。

しかし、結局は自分一人では乗り越えられない壁にどこかでぶちあたり、自分の無力感に苛まれてしまいます。

そういった挫折を繰り返していった先に、自己解決能力を失い、誰かに問題解決を丸投げする依存気質な性格が出来上がってしまうのです。

モテる「自立した女性」の条件は、人に頼れるかどうか

自立している女性がモテるのは、人に頼るのが上手だからです。

男性は女性を「守ってあげたい」願望があるので、適度に頼られるとつい力を貸してあげたくなってしまうのです。

そしてそのヘルプに依存することはなく、男性が助けてくれたあとは自分で問題解決をしていくことができるので、周囲からしても応援したくなるし、感情移入しやすいんですね。

だから自立している女性は、同性からも異性からもモテるのです。

男心をくすぐる「自立した女性」になるための秘訣

若い女性は特に、「嫌われたくない」という理由から、彼や友達に頼ることを遠慮する傾向がありますが、これが依存体質への第一歩なのです。

自立した女性になるためには、「問題を一人で抱え込まないこと」。

こんなこと聞いていのかな?こんなこと頼っていいのかな?こんなことして嫌われないかな?

そう思った時にこそ、人にヘルプを出せるようになること。そしてそのヘルプに応えてくれる人とお付き合いをし、その人の信用を失わないように生きること。

これが自立した女性になるための一番の近道なんです。(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事