2019.04.09

あなたのことを好きな男性がしてる、わかりにくい「好き」のサイン

素直じゃない男性は、ピントはずれな「好き」アクションを起こしがち。

逆に「嫌われているのでは?」と思ってしまいそうな行動だけど、実は「好き」が隠れているサインにはどのようなものがあるのでしょうか。

サイン1:照れ屋な男性にありがち「好き避け」

女性の好き避けは、主に「本人(好きな相手)」に好意を知られたくない気持ちの表れですが、男性の好き避けは、あなたへの好意を「第三者(その場にいる他人)」にバレたくない感情から起こる態度です。

男性は社会的な生き物。同じ会社や学校など特定のコミュニティ内に好きな子がいる場合、周囲の人にそのことを知られないよう努めます。仮にお付き合いが始まってもコミュニティー内で秘密にするのは、個人的な恋愛で日常生活に支障が出ることを恐れているからです。


だから、大好きなあなたと会話をする機会があれば、嬉しくてニヤついてしまいそうな気持ちをグッとこらえ、逆にそっけなく振る舞おうとするのです。

サイン2:コミュ障な男性にありがち「目を合わさない」

他の女性とは普通に会話しているのに、自分と話す時だけ目をそらしたり顔を背けたりする男性はいませんか?それはきっと、あなたのことが好きだから。

何とも思っていない女性なら平気でも 、好きな女性の前で変に緊張してしまうのは、女性とのコミュニケーションに慣れていない証拠。
「いつもの自分」ではない自分が「おかしな人」だとあなたに誤解されないよう、目をそらしてしまうのです。

話をしている時に目線が全く合わなかったら、不自然ですよね。 だけどコミュニケーションが苦手な男性は、自分がおかしな態度をしていることに気づく余裕もないのです。

サイン3:モテる男性にありがち「マウンティング」

普段女性にモテている男性は、遊びなら簡単に誘うこともできます。
対して本気で好きな女性には、嫌われたくない気持ちから 強気のアプローチができなくなってしまうのです。

気に入られたい気持ちと、すごいと思われたい欲求が混ざり合った結果、あなたの発言に対し「バカだなぁ。俺だったらこうするけど」「そんなこと前から知ってるよ」「そんなこともできないの?」などと、マウンティングのようなリアクションをしてしまいます。

実はモテる男性ほど、自分からアプローチするのは慣れていないもの。たとえぶつかり合うような会話になっても、あなたにかまってもらえれば、心の中では喜んでいるのです。

サイン4:ハイスペックな男性にありがち「自慢モード」

インテリな男性や育ちの良いお坊ちゃまなどは、そのスペックにより女性ウケがいいことを自覚しています。
だからこそ、好きな女性に対しては自分のスペックをアピールすることで、好感を持ってもらおうと画策します。

聞きもしないのに、いい大学を出ていることをアピールしたり、年収の高さを自慢したり、さりげなく実家が豪邸であることを話題にしたりするのは、あなたに「すごい!」と称賛されたいから。

スペックだけで中身を見ようとしない女性のことは嫌いなくせに、 いざ好きな子の前ではハイスペックなところを自慢するというアンビバレンツ。
そんな彼は、中身だけで好きになってもらう自信がちょっとないのかもしれません。

まとめ:わかりにくい好意を表現してしまうのは、恋愛慣れしていないから

好きな子に対し素直に好意を示せるのは、子供のように無邪気な心を持った男性か、 素直に好意を見せたほうが女性に好きになってもらえることを知っている、恋愛経験の多い大人の男性です。

それほど恋愛経験が多くない男性は、好きな女性を意識しすぎるあまり、素直な態度ができなくなってしまうのです。

そんな男心が少しでも理解できると、彼の見せるおかしな態度も「ちょっとかわいいかも」と思えるのではないでしょうか。


もしあなたが好きな男性から上記のような態度をされているのであれば、タイミングを見て「もしかして私のこと好き?」と直球で訊いてみましょう。

うろたえたり「そんなわけねーだろ」と逆ギレしたりするようであれば、答えは「好き」と言っているようなもの。
あなたのほうから「私は○○くんのこと好きだから、もっと素直になってほしいな」とさりげなく告白すれば、徐々に態度が変わるかもしれません。


逆に何とも思っていない男性がおかしな態度で接してくるのであれば、あえて気付かないふりを。彼の気持ちに応えられない以上、今後は必要以上に優しくしない方がいいかもしれません。(島田佳奈/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事