2019.09.24

恋愛を諦める方がいいタイミングとその理由!上手な切り替え方

恋愛はふたりでするものなので、どんなに片方が想いを寄せても…上手く行かないことがたくさんあります。もちろん相手が振り向いてくれるまで諦めなかった結果に報われる恋もあるでしょう。

しかし、その確率はものすごく低いもの。好きな気持ちが強ければ強いほど、相手を「恋人」という特別枠で独占したくなるのは仕方のないことです。《可能性が0じゃない限り諦められない!》と頑張る人も少なくありませんが、見方を少し変えてみたり、気持ちをちょっと切り替えるだけで新しい世界や幸せが見つかることもあるのです。

諦めない方がいい恋愛もあれば…状況によっては諦めたほうがいい恋愛もあります。ただ気持ちのコントロールってなかなか難しいですよね。

今回は、諦められない恋愛にモヤモヤした日々を送っている人のために、「恋愛を諦める方がいいタイミングと理由」として、気持ちを上手に切り替える方法をご紹介していきます!

恋愛を諦めたほうがいいタイミングとは


「こんなときは恋愛を諦めるべき」という4つのタイミングを解説していきます。努力しても、相手の気持ちに変化がくることを待ち続けても…望む結果が得られない可能性が非常に高いときです。

むしろ、相手を振り向かせるどころか、諦めない姿勢に引かれたり、面倒くさいと思われたり、最悪の場合「嫌われてしまう」ような状況のときです。諦められない恋愛に悩んでしまったとき、気持ちを切り替えるための判断材料にしてみましょう。

最初は気持ちの整理に時間がかかるかもしれませんが、「諦めよう」と意識を持ったときから…少しずつでも気持ちのコントロールができるようになるはずです。

好きな人に彼女ができた

人の心は変化することもあるので、好きな人に彼女ができたとしても…ふたりが永遠に一緒にいるとは断言できません。特に結婚などの約束もない自由恋愛では、出会いと別れが付き物です。

しかし、恋愛が始まったばかりのふたりには、そうそう付け入る隙はないはず。彼にとってあなたは「自分の世界の中では第三者」の位置付けにされているので、頑張ったところで「彼の人生の主要登場人物」になれる可能性は期待できないでしょう。

諦められない気持ちを引きずったまま接していることで、「恋愛の邪魔もの」扱いされることも。彼の恋愛が終わったあとに来るかもしれない次のチャンスさえ逃してしまうでしょう。

好きな人が結婚した

これはもう完璧に気持ちを切り替えなければいけないタイミング。いつでも簡単に別れることができる恋愛とは違い、別れる際には法律がかかってくる結婚という契約。

手続きも親族含む人間関係作りも、それなりに大変になってくるひとつの行事のようなものです。面倒な手続きを踏まえて「結婚をする」という結果を出した彼は、人生のパートナーとして他の人を選んだのです。

ここは大人しく身を引きましょう。彼への気持ちを忘れる努力をして、自分の人生を見つめなおすときです。

好きな人に相手にされない

どんなに無視されるような関係であっても、一生懸命アプローチをかけることで上手くいく恋愛もあります。しかし、多くのケースで「相手にされない相手へのアプローチ」は迷惑行為以外の何物でもないもの。

好きな人ができて一定期間アプローチされても相手にされないようであれば、せめてこれ以上嫌われないようにすることが得策になります。好きな人への想いが報われないどころか、嫌われる結果になるような恋愛の仕方はあまりにも不器用すぎるでしょう。

言い方がきつくなりますが、一歩間違えれば「自分の気持ちを押し付ける身勝手な行動」になってしまうこともあります。

恋愛に疲れてきた

好きな人への気持ちがあるけれど、付き合うまでのプロセスや付き合ってからの関係構築に、「疲れた」と感じることがあれば…いったん恋愛をお休みしたほうが良いかもしれませんね。恋愛はエネルギーが必要です。

相手への気持ちを伝えることから始まり、相手の気持ちを振り向かせたり、気持ちを繋ぎ留めたり、第三者の妨害を阻止したり…ある程度の気力がないと、スマートな恋愛を楽しむことができない場合が多々あるでしょう。

また自分の中での恋愛エネルギーがチャージできるまで待つのです。恋愛のことを考えないようにする意識を持った生活をすることで疲れを癒すことができるはず。片思いの相手への気持ちに「一度諦める」という切り替えをかけて、まずは自分の感情や気力を回復することに専念するタイミングです。

片思いや泥沼恋愛を諦めたほうがいい理由


ひと言で言えは「自分の人生を守るため」です。振り向いてもらえない片思いや泥沼恋愛の多くには、未来がありません。気持ちを落とす時間が長くなることで心もすさみ、人としての価値もどんどん落ちやすい環境になるでしょう。

恋愛だけではなく「人生そのもの」に大きな影響を与えてしまうリスクがあります。ほんの少し気持ちを切り替えるだけで、先のなかった未来が急に開けることはたくさんあるのに…

ひとつの恋愛に固執して突っ走っているような人は、周りが見えなくなってしまうでしょう。客観的に自分を見ることができなくなってしまうと、とにかく目の前の欲望しか頭に入らなくなります。「それだけ想いが強い証拠」なんて思うのは大間違い。

ただそれしか見えなくなっているだけであって、他のことに目が向けられないために、ひとつの目的に固執している状態であることがほとんどです。片思いや泥沼恋愛を諦めたほうがいい理由は5つありますが、どれも自分の人生を暗くするようなものばかりです。

報われない恋、未来のない恋に時間を費やすのは、その時間分、人生を損していることにもなり得るでしょう。もったいないですよね。1度きりの人生、少しでも充実した時間を過ごせるよう、「諦めたほうがいい恋愛」の見極めができる力を養っていきましょう。

可能性がほぼない恋愛は疲弊する

想いが実らない恋は、報酬のない仕事をすることと同じです。頑張っても頑張ってもお給料を貰えることはないので生活は逼迫します。一般的な生活ができなくなることで心も体も疲れ切ってしまい、結果的には弱って体調や心のバランスを壊してしまうようになります。

可能性が見られない恋愛に力を注ぐと、結果的には同じような状況が待っているでしょう。気持ちを切り替えることに専念する努力こそが、未来を変える大きなきっかけになるのです。

本命になれないなら辛いだけ

大好きな人ができれば、どんな形でも一緒にいたいとまで思ってしまうこともよくある話です。一方的に強く思っている気持ちを少しでも満たせることができるのであれば、2番目でもキープでも構わないと思う人もいますよね。

たしかに、好きな人のそばに入られる状況になれば幸せを感じることもあるでしょう。しかし、それはあくまでも「一時的」なこと。人間の欲求は必ずエスカレートしていきます。報われないと思っていた恋でも、そばにいられる環境になれたら幸せ…と言えるのは最初だけなのです。時間が経つにつれて自分のポジションを再確認したとき、ただただ辛い気持ちが溢れてくるでしょう。

手に入ったように思える恋は、本当に手にした訳ではないという現実を知るときがやってくるからです。一時的な幸福に未練を持ち、『あのとき感じたような幸せをまた感じたい!』という願いが、いつまでも状況を変えられない悪循環を引き起こし、結果的に「辛い人生」を送るようになってしまうのです。

見せかけの幸せではなく、本当の幸せを手にしたいのであれば、自分の中で踏ん切りをつけて「彼を諦める」ということが必要になってくるでしょう。

好きではなく執着や依存

最初は好きだという行為から始まる気持ちも、報われないことで「執着」や「依存」に変わることも珍しい話ではありません。実際に、気づいたときには「そこまで好きな感情はないはずなのに、どうしても諦めたくない相手がいる」なんて、何ともおかしな状態になってしまう人もいるのです。

仮に、相手が振り向いてくれたとしても、好きな気持ちで振り向かせる努力をしていた訳ではないため…幸福感を得られることはありません。
ただ執着していた相手が手に入ったという達成感のみ。達成感は長続きする感情ではないので、だんだんとつまらない日常がやってきます。報われても幸せになれない、報われなくても幸せになれないという、最悪のパターン。

どちらに転んでも未来のない恋愛だという自覚を持って、今後の未来ある新しい目標を持つべきでしょう。視野が広がることで恋愛の諦めるべきタイミングを、自ら判断する力が持てるようになるはずです。

貴重な時間を無駄にしている

結果のでないことに時間をかけるのは、人生の通り方として最もナンセンス。「時は金なり」という言葉は、本当にその通りなのです。

時間はお金に変えることのできない貴重なものであり、お金くらいに大切なもので無駄に浪費してはいけないもの。時間をかけることで報われるのであれば、使った時間は「投資」になりますが、限られた人生の時間を、報われない恋に費やすのは「浪費」です。

貴重な時間を費やす価値がある恋なのか、一度、冷静になって見つめなおす必要があるでしょう。

いま、このときだけの感情で考えるのではなく、人生を通した見方で考えれば、自然と答えは見えてくるはず。心が大人しく従ってくれないかもしれませんが、それこそ時間をかけて気持ちの切り替えができるようにするのは「未来への投資」になります。

同じ時間を使うなら、浪費ではなく投資にしたほうが幸せの近道になることをしっかりと把握できれば、必ず道は開けるでしょう。

他が見えなくなっているだけ

もっと素敵な人、もっと自分にあった人、もっと自分が好きになれる人、そしてもっと自分を見てくれる人に出会えるチャンスは誰にでもあります。少しだけ視野を広くすることで、しがみついている恋愛より格上の恋愛ができるチャンスもあるはず。

しかし、手に入らないものに執着してしまいたくなるのも、ある意味では人の性なのかもしれません。手に入らないもののことで頭がいっぱいになってしまい、他が見えなくなってしまうこともあるでしょう。そもそも、「恋は盲目」と言われるように、想いが強くなりすぎることで周りが見えなくなることへの可能性は誰もが持っていることです。

それでも、ある程度の時間を使ったのであれば、他を見るための意識も持たないと…
せっかくのチャンスを無駄に流してしまうリスクが大きくなります。どんなに強い気持ちを持つ恋愛をしていたとしても、常に周りを見られる広い視野を持つ心掛けが大切です。

恋愛を諦めると上手くいく理由


報われないのに諦められない恋愛に時間を費やしても、幸せを生み出すことはありません。ただし、ちょっと気持ちを切り替えて「諦める」気持ちを持てれば、未来の軌道修正をすることができます。恋愛を諦めることで人生が開き、上手くいく理由は5つ。

好きな人と特別な関係になりたいと思う気持ちの深層心理は「幸せになりたい」ということ。諦めるときは辛くとも、その先の未来が明るく幸せを感じられるような状態になれば、気持ちは必ず落ち着きます。『あのときの恋を諦めて良かった!』とさえ思えるようになるでしょう。恋愛を諦めることは幸せを諦めることではありません。手に入る新しい幸せを掴みに行くチャンスなのです!

相手がもったいなくなる心理を突ける

諦められない恋をされている相手は、迷惑な気持ちもありつつ心のどこかでは「ある意味の満足感」を持っていることがあります。応えられない状況・心境であっても、追われていた相手が急に諦めてそっぽを向くことで、気になってしまうこともよくあるケースです。『もったいなかったかな…』という深層心理がくすぶるからでしょうね。

相手に反応してもらえない状況を続けるよりも、思い切って諦めることで相手の気を引くことができる場合もあります。そこから始まる恋があるかもしれませんが、恋が進展しなかったとしても、気持ち的には「彼の心に自分の存在を置いていけた達成感」を味わえる可能性が期待できます。

恋愛を諦めたとたんモテる様になる

周りが見えない盲目の報われない恋を諦めることで、急に「見えなかった世界」が見えるようになるでしょう。周りの声も聞こえるようになり、自然と周囲への態度も変わることで「女度がアップ」することも珍しい話ではありません。

特定の相手しか見えない状況では、その他のひとはあくまでも「自分のストーリーの中でのエキストラ」でしかなく、そっけない態度を無意識にしていることもあります。恋愛を諦めると、その他大勢のエキストラたちにも目が行くようになる心境の変化が態度に現れ、他の男性の目を引くきっかけになることもあるのです。

恋愛を諦めると余裕ができる

固執していた気持ちの解放により、心が軽くなります。執着していたものを手放すことで楽になることもできるので、必然的に心の余裕もでてくるでしょう。人生をスムーズに過ごすためには「心の余裕」が必要です。大切な見極めや、選択をすべき状況がきても、心に余裕がないときには間違った答えを選びがちです。

心に余裕があれば「色んな可能性を考える」こともできるようになるので、リスクを抑えた答えを探せるようになるでしょう。

恋愛を諦めると新しい恋愛ができる

特定の相手への気持ちを諦めるのですから、心の中の「好きな人」の席が空席になるため、新しい候補者を迎える準備が整います。

席が空いていることで候補を探す意識も高まり、周りの男性に対する見方も変わってくるでしょう。諦められない恋愛をしているときには見えなかった新しい出会いを見つけるチャンスが増え、報われる恋に出会える確率も大幅にアップしていくでしょう。

諦めた途端モテ期になることがある

気持ちの整理が付いてひとつの恋愛が吹っ切れたときの女性は…女性としての経験を積み、レベルアップした状況になります。

内面の変化は外見や行動にも移ってくるもので、気持ちを切り替えてすっきりした女性は美しく聡明に見えることが多く、周囲の男性の視線が集まりやすくなります。

報われない恋への心労からくるギスギス感や、女としての疲れ切った感もなくなり、本来の魅力が割り増しされる時期でもあって「モテ期突入」する女性は少なくありません!

恋愛を諦めるべき年齢


恋愛に関しては「何歳になったら諦めるべき」という明確な制限はありません。いくつになっても恋愛をしたい気持ち、恋愛をするタイミングはあるでしょう。

ただし、何も考えずに突っ走れる20代と、人生そのものを考えうようになる40代とでは、ひとつの恋愛に対して諦めるべきタイミングは変わってきます。恋愛を諦める年齢に条件はなくとも、年を重ねるごとに…恋愛の仕方には暗黙の条件が付いてくることもあるのです。

恋愛に年齢は関係ない

先程も書いたように恋愛に年齢制限はありません。人を好きになることに年齢は関係ないのです。年齢を気にすることなく、好きな人ができたら恋愛のタイミングがきただけのこと。

自分の状況と環境に合った恋愛をすることを意識さえすれば、何の制限もないでしょう。ただし、年齢を重ねるごとに「諦める恋愛の見極め力」は求められるようになります。

年齢を重ねるほど引き際は肝心

恋愛そのものに年齢が関係することはないのですが、年齢を重ねた人がする恋愛において重要なことは「別れ際」・「諦めるとき」のタイミングと方法です。

人生経験がある分、無様な終わり方だけはしたくないものですし、すべきことではないのです。恋愛のスタートは自由ですが、恋愛の終わり、特に「引き際」をスマートにできることが肝心になってくるでしょう。

恋愛を諦めたほうがいいケース


状況によっては恋愛を諦めたほうがいいケースがあります。諦めないで頑張ることそのものが、自分の人生を悪い方向へ持っていく引き金となってしまう場合です。

職場恋愛でのフラれて片思い

仕事がかかってくる職場恋愛でフラれたときには、もうチャンスはないと思ってください。職場で好きな人ができたときのチャンスは基本回です。それ以上にアプローチをかけたり態度に現わすようになってしまえば、必ず仕事に響いてきます。

人生の基盤である収入を得るための職場を失う危険性もでてくるでしょう。フラれたときには諦めるしかないのが職場恋愛。あとは淡々と仕事をするだけの環境にするのが得策です。

元彼への復縁懇願

終わった恋への未練や執着から元カレと復縁したいと思うこともあるでしょう。しかし忘れてはいけないのが「1度終わった恋」であるということ。

復縁して幸せになるケースもありますが、それは稀なこと。自分もそうなれると信じるのはリスクが高すぎることへの自覚が必要です。終わった関係であれば…縁がなかったとして諦めた方がいいですね。

復縁できても同じ理由で別れることになったり、気持ちの冷めている彼へ復縁を要求することで嫌われる対象になることもあります。

結婚している

勝ち目はありません。よくて「愛人」止まりの可能性しかないことを把握しましょう。もし、彼との関係が進んでも「離婚する」の言葉は信用できないものです。

結婚するためにはたくさんの手続きが必要ですが、離婚をするときには結婚以上の手続きと労力が必要になります。そう簡単に離婚を考える人はいないのです。好きな気持ちが強くなっても、相手が結婚しているのであれば「全く別のフィールドにいる相手」として諦めるべきなのです。

恋愛を諦めると楽になる?上手な諦め方


諦められない恋愛って、実はものすごく労力を使います。
何とか彼を手に入れたいという強い気持ちと、なかなか思うようにいかない現実の中、報われない恋のために時間と気力を費やす日々…。思い切って諦めることを選択するだけで、一気に世界が広がります!

単純に煮詰まっていた気持ちが解放されて「楽になる」ことも大きなメリットになるでしょう。『諦めたくても上手に気持ちを切り替えることができない…』という人に4つの上手な諦め方をご紹介します。

どれも簡単に始められるものばかりなので、自分でもできそうなこと、自分に合っていると思う方法でチャレンジしてみてください。もちろんすぐに気持ちが切り替えることはできません。無理やり気持ちを変えようとすれば、心を拘束する負担から失敗に終わってしまう確率が高くなります。

上手な諦め方に共通するポイントは「切り替え意識を持った時間を過ごす」こと。少しずつ自分の中で気持ちを消化する努力をすることで、いつしか…諦められない恋愛への想いを消していくことができるようになるのです。

友人やまわりに宣言する

「有言実行」の言葉を胸に、周囲に宣言することで半強制的に自分の気持ちを切り替える方法になります。なかなか自分1人では切り替えられない気持ちを、周りの人の手を借りる形で強行突破するのです。

少し荒業になりますが、1度宣言するだけで…あとは時間が「諦める方向」に導いてくれるはず。少しでも早く「諦められない恋愛からの束縛」から逃げたいと思う人におススメです。周りに宣言することで、心の弱さから「諦めることを諦めたくなる」ときのストッパーにもなるでしょう。

暇な時間は筋トレに費やす

人は体を動かして汗を流すことで大きなストレス発散になります。モヤモヤした気持ちを洗い流すように筋トレなどの運動を行うことで、心に余裕ができる時間を作ることができるでしょう。

ほんのわずかな時間であっても、凝り固まった恋愛への気持ちが和らぐ瞬間になるはず。ちょっとだけでも余裕という隙間ができることで、どんどん視野を広げられるきっかけになることは間違いありません。暇な時間があり過ぎると、恋愛のことばかり考えてしまいます。

恋愛のことを考えない時間を作りながら、体を鍛えたその先には、上手に恋愛を諦めることに加え、引き締まった体も手に入れられる「一石二鳥の結果」が待っているでしょう。

趣味や新しい習い事を始める

恋愛以外に興味を持って視野を広げる方法です。諦められない恋愛のことはいったん置いておいて、恋愛以外の趣味や新しい習い事という「新しい環境」を作りましょう。

恋愛と関係のない新しい環境での刺激は、そのときだけでも諦められない彼のことを忘れさせてくれるはず。片思いの相手、泥沼恋愛の相手を思う時間が減れば減るほど、気持ちが落ち着いてくるようになります。

恋愛以外のことに没頭して「考えないようにする」ことで、少しずつ想いを消化していくのです。

新しい恋をする

1番の特効薬が「新しい恋」です。特に女性の場合は恋愛に対して「上書きする」機能を持っている人が多く見られます。

新しい恋愛さえ見つけることができれば、どんなに諦められないと思っていた恋でも、新しい恋愛に上書きされ、すっかり忘れてしまうことができるでしょう。あんなに執着していた彼のことも『そんな人もいたよね』なんて軽く流せるようになる人も少なくありません。

忘れられない、諦められない、なのに報われない恋愛に苦しんでいるのであれば…新しい恋愛で心の上書きをしてしまいましょう。

まとめ


恋愛は生ものです。諦めなければいけないタイミングを逃してしまうことで、いつか腐ってしまうでしょう。

素敵な恋愛をするために鮮度や保管は重要なポイントになります。恋愛は、どんなに可能性が低い状況だったとしても、燃え上がった気持ちを抑えるのは困難なことですよね。いくら頭では分かっていても、心が追いつかないこともあるでしょう。それでも…多少の無理をしてでも気持ちを切り替えなければいけないタイミングはあるのです。

生ものの恋愛をする際には、「腐らせない恋にすること」が重要。可能性が低い恋愛に気持ちを動かされそうなときには、自分の中でその恋愛に対する賞味期限、消費期限を決めることをおススメします。頑張って保管していても期限が過ぎたらタイムアウト。

賞味期限や消費期限を見ようともせず、無理に食べようとすれば体を壊してしまいます。しっかりと自分の中で期限を設けて、気持ちの切り替えタイミングの線引きができるようにしてください。

自分の体や心を守るのも、自分の人生を守るためには必要不可欠な項目になってきます。誰のためでもなく自分のためだけに、どんな形の恋愛においても「広い視野を持って見れる余裕」を持っていきましょう!(沢田七海/ライター)

(ハウコレ編集部)



関連キーワード

関連記事