2019.12.12

仕事が忙しい彼氏とのLINE頻度はどれくらいがベスト?送っていい内容は?

彼氏が忙しくてなかなか連絡がとれないと不安になりますよね。
いざLINEを送ろうとしても「もしかして迷惑かな」と思うと送るのを躊躇しがちになります。
そこで、彼氏が忙しいときのLINE頻度をどうすべきかご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

彼氏の仕事が忙しいとLINEを送っても連絡がこないことが多くなります。
そうなると「私のこと嫌いになったのかな……」と心が不安定になるので、忙しい彼氏にLINEを送ってもいいのかとても悩みますよね。
そこで、彼氏が「仕事が忙しい」と言っているときの連絡頻度についておさえていきましょう。

忙しいとわかっていてLINEを送るのはわがままかなと思ったりしますよね。
ときには忙しい彼氏に連絡を控えることも大切になってくるので、LINEをどうすべきか考えてみましょう。

放置してあげるのが理想

たとえ「忙しい」とあらかじめ言われていても、好きだからこそ連絡をとりたくなりますよね。
彼氏が忙しいようなら1ヶ月程度そういった状態が続くことがあるので、連絡を控えるようにしてみてください。
ただ、これ以上放置するとふたりの関係もあやうくなってくるので別問題となります。

相手を気遣った連絡は簡潔に送ってみても良い

もし忙しい彼氏が心配なら、短いメッセージを送ることで気遣ってあげるのもいいでしょう。
返信を求めていなくても毎日のように「頑張って!」と送ると彼氏にプレッシャーになるので気をつけてください。
彼氏のことを考えて「体に気をつけてね」とやさしい言葉をかけてあげましょう。

忙しい彼氏にとってじゃまにならないLINE頻度はどんなものでしょうか?
彼女として彼氏をサポートしつつLINEをやりとりできるといいですよね。
彼氏が忙しいときの連絡頻度についてご紹介していきます。

忙しい彼氏に合わせるのが良い

あなたから彼氏のペースに合わせられるといいですね。
「どれくらいの頻度でLINEしたらいい?」と聞いておくと迷惑にならない範囲でLINEを送ることができます。
それも聞けない場合は彼氏の様子を見ながら週末などに「ゆっくり休んでね」と声をかけ、ほどよい距離感をたもってみましょう。

1日1回で様子を見る

彼氏が忙しいときの連絡頻度がわからないのなら、まず1日1回「無理しないでね」と送って様子を見ましょう。
返信があるとすぐに返したくなりますが、彼氏に負担をかけてしまうので、あえて返信は遅らせた方がよさそうです。
1日1回でもあまり返信がないようならLINEの頻度を減らしていきましょう。

彼氏が忙しいとわかっているものの連絡がこないとついついしつこくLINEしてしまいますよね。
彼氏が見るとうんざりしてしまうNGなLINEの送り方をご紹介していくので、注意できるように頭に入れておきましょう。

仕事中にLINEをする

LINEはもちろんNGですが、会社だと会話ができないので電話はやめておきましょう。
仕事とプライベートの携帯が同じ場合もあるので、電話やLINEが入るといちいち仕事の手を止めなければなりません。
昼休みも時間がバラバラだったり朝も忙しいので、仕事終わりに「お疲れさま、体調大丈夫?」と一言送るといいでしょう。

何度もLINEを送る

彼氏が忙しいから連絡がこないとわかっていても、さみしくてLINEを送ってしまいがちですよね。
「仕事どう?」と返信しやすい言葉を送ってもただのプレッシャーになってしまいます。
Twitterのように「パスタを食べたよ」「いまから休憩する」とつぶやきのような内容を送ると「うっとうしい」と思われてしまうでしょう。

返事を催促する

「好きなら連絡があるはず」と彼氏にちょっかいを入れるようなLINEを送ってしまいますよね。
「心配しているから連絡ちょうだい」と無理を言ったり、じーっと見つめるようなスタンプを連打したりと、返信を強制するような行動をしがちです。
忙しい彼氏はLINEを見ることさえ大変なので、グッと気持ちを抑えることが大切となります。

いつもと違って忙しい彼氏にLINEを送るとき、どういったことに気をつければいいのでしょうか?
これから、LINEを送るときに気をつけることをご紹介していくので、心構えとしてチェックしてみてください。

返信を期待しない

彼氏が忙しいときは、LINEのやり取りにおいて基本的に期待しないほうが良いです。
メッセージが既読になれば「読んだよ」という気持ちが伝わってきたりしますよね。
また「お互い頑張ろうね」と呼びかける内容にして、「返信はいらないよ」という気持ちを表現するといいでしょう。
「返信がなくて当たり前」と考えると忙しい時期を乗り越えられます。

短文にする

見たときに長文だとそれだけで「読みたくない」と思われてしまいます。
LINEは短文やスタンプなどでテンポよく進んでいくものですよね。
そこで、長文を読むことは疲れている人には負担になるので、短い文章で思いを伝えていきましょう。
たとえば「息抜きも大切」と極力短い文章で思いやりを感じられるものにするとベストです。

LINEを彼が見られそうな時間帯に送る

彼氏のことを考えると、朝やお昼ご飯を食べている時間帯は忙しいのでやめておくべきですね。
タイミングよく受け取れる時間帯としては、仕事が終わり寝るまでの時間となるのでここを狙ってLINEを送ってみてください。
たとえば彼氏からの返信がいつも20時くらいに来るとしたら、それまでに送ると見てもらえると判断できます。

彼氏が忙しいと連絡を控えるようになりがちですが、ここで彼氏の支えになれたら大きな存在になれます。
そこで、忙しい彼氏に送るのにふさわしい内容をご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

返信がいらない内容が良い

彼氏は忙しいと頭に入れておくと返信がいらない内容が思い浮かびます。
「休憩もしてね」と彼氏のことを気遣って、さらに読みやすいようにと短めな文章にすると喜んでもらえるでしょう。
きっと彼氏は「俺のこと思ってくれている」と感じるはずです。
彼氏にやさしくささやいているような言葉なので、返信いらないよと直接伝えなくてもわかるのがポイントとなります。

「頑張ってるね」と努力を認める

頑張りを褒めたいとき「頑張ってね」と「頑張ってるね」では大きく印象が変わります。
「頑張ってね」だと「努力不足」と受け取れますが「頑張ってるね」は「すごく努力している」と感じます。
忙しい彼氏には「頑張ってるね」に加えて「心配しているよ」とそえてあげるといいでしょう。
また「頑張りすぎないでね」と思いやりの気持ちを伝えることも大切です。

ご褒美を提案する

「いまを乗りきったらいいことがあるよ」という意味をこめてご褒美を提案してみましょう。
たとえば「大好きなカレーのお店に行こうね」と喜ぶような提案をしたり「恋愛のパワースポットにふたりで出かけよう」などロマンチックなことをささやいてみてください。
これを読んだ彼氏は「それまで頑張ろう」と目標ができ、忙しさを乗りきる力がわいてくるはずです。

明るい話題を心がける

彼氏が忙しくて連絡がこないとつい「私だって忙しい」とマイナスなことを送ってしまいそうになりますよね。
忙しい彼氏の疲れが吹き飛ぶような明るいLINEを送って励みにしてもらいましょう。
たとえば「寝ぼけてまゆげ描かないで出かけちゃった!」とクスっと笑える内容を心がけてください。
彼氏もニコっとできて仕事の息抜きになるはずです。

「今日もお疲れさま」の一言で良い

「今日もお疲れさま」とこの一言ですべてが癒されると言います。
「今日も」で「毎日頑張っているね」という気持ちも伝わりやすいです。
仕事終わりのあいさつとしても使える言葉なので「返信しなくちゃ」という気持ちにさせない効果もあります。
やさしい言葉をかけてもらったら、彼氏も余裕があるときに「ありがとう」と返信する気持ちになってくれるでしょう。

忙しくて彼氏となかなか連絡がとれないときにスマホをじっと見て返信を待っていませんか?
それでは時間の無駄になってしまうので、彼氏が忙しいときに彼女としてやっておくといいことに注目してみましょう。

忙しい彼氏を信じて支える

連絡がないと「本当に忙しい?」と疑って「休憩やトイレのときにLINEできないの?」と責めるような言い回しをしてしまいます。
仕事で忙しい彼氏は疑われるとがっかりしてしまうでしょう。
ここは「いつでも話聞くからね」とよきサポート役にまわってください。
また、一緒に暮らしていない場合は連絡を少なくするのも負担をへらすためひとつの支えになります。

恋愛以外も充実させて不安を紛らわす

どうしても恋愛にどっぷりになってしまうので、彼氏が忙しくてひとりになりがちならほかのことを充実させてみましょう。
「たくさん本を買って好きなだけ読書をする」など好きなことに打ちこむことで恋愛での不安を吹き飛ばしてみてください。
充実した時間を過ごすなかで自分も成長でき、彼氏のことであたまがいっぱいなんてことにならなくなります。

彼氏への感謝を忘れない

忙しい彼氏から返信があったり、デートができたりしたら喜ぶだけでなく、しっかり感謝することを忘れないようにしましょう。
「デートしてくれて嬉しかったよ、ありがとう」と当たり前だと思わずに、忙しいなか時間を作ってくれたことを気遣ってみてください。
いつも感謝の言葉をかけていると、彼氏も「今度またデートの時間を作ろう」と思ってくれるはずです。

感情的にならないように気をつける

彼氏から連絡がこないのをただ待っていると、腹が立ってきて「どうして返信してくれないの?」と感情的になってしまいます。
彼氏からすると「忙しいって言っているのに!」とわかってくれないと感じ余計に気持ちが離れていってしまうでしょう。
イライラしてきたと気がついたときはちょっと深呼吸をしてあたまのなかをすっきりさせ冷静になることが大切です。

自分磨きをする

彼氏が忙しくて会えないのなら、それは自分磨きをするチャンスだと考えてみましょう。
たとえば「運動してダイエットする」「髪のお手入れを徹底する」などちょっとした努力をするだけで久しぶりに会ったときに「あれ?かわいくなったね」とより惚れさせることもできます。
また、一生懸命自分磨きをするとあっという間に時間が過ぎるので、さみしさを忘れさせてくれます。

忙しい彼氏からあまり連絡がこないことについて触れてきましたが、もしかして彼氏はLINEが得意ではないのかもしれません。
ここからはLINEをあまり重視しない彼氏をご紹介していきます。

LINEは情報伝達ツールとしか考えていない

LINEをコミュニケーションツールとしてではなく、ただの情報伝達ツールとしか考えていない場合があります。
本来はLINEのやり取りで愛を育みますが、必要なこと以外はLINEをしなくてもいいと思っているでしょう。
本当に忙しいのか、ただLINEを必要としていないのか見極めることも大切です。

LINEは面倒臭い

そもそもLINEで頻繁に連絡を取り合うことを面倒くさいと思っている人もいます。
特に話題がないときは余計になにを送っていいかわからないので、LINEが好きでないと考えているでしょう。
こういうタイプは面倒臭いが先なので、忙しくなくても「忙しい」と言ってLINEを避けることがあるので注意してください。

LINEより会うことを大事にしている

「好きならLINEよりも実際に会った方がいい」という考えの持ち主はLINEがマメではありません。
LINEのやり取りをする時間があるなら、その時間に会いたいと考えるのです。そういう男性は会うことを大事にしてくれるので、さみしい思いをしなくてすみます。
こういうタイプには「会いたいよ」と伝えると効果的です。

女性は「LINEなどの連絡がマメであること」イコール「愛情たっぷり」だと思いがちですが、男性はそういったことをまったく気にしていません。
そのため「今日はLINEが少なかった……」と気にして落ち込むことがありますが、彼氏からの愛情は変わったりしません。
むしろ彼氏が冷たくなったり、LINEの内容がそっけなくなったら愛情不足を確認しましょう。

仕事におわれて忙しいとき、彼氏はいったいどんな気持ちになっているのでしょうか?
あなたという彼女をひとりにしがちになっている彼氏の心理に迫っていきます。

仕事も大事だから仕事に集中したい

あなたを信頼する気持ちがあり「私と仕事どっちが大事なの?」なんて言われないだろうと安心しています。
いまは仕事も大事なので、一生懸命こなして平日は連絡が少なくなっても「きっとわかってくれている」と考えています。
そのぶん週末に会ってカバーしようと思っているでしょう。

仕事が忙しすぎて余裕がない

経験したことのない仕事の忙しさについていくのがやっとで、あなたのことを考えている余裕がありません。
「嫌いになった」わけではないのですが、気持ちがそこまで行き届かないでしょう。
また、男性は同時にいくつものことをこなすことができないので、仕事だけになり恋愛まで気がまわらなくなってしまいます。

彼氏が忙しいときの連絡頻度は、なるべく少なく短い文章で送るとベストですね。
なかなか会えなくてさみしいとついLINEを送りたくなりますが、グッと我慢が必要となります。
彼氏の立場になってNGなLINEをしないように気をつけて、LINEの内容で彼氏を思いやってあげましょう。(菜花明芽/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事