2020.09.11

恋人にしたい女性と結婚したい女性は違う?違いは何?

恋人になれた!と喜ぶ女性は多いですが、実は男性は恋人向けの女性、結婚向けの女性と分けているというから驚きです。

恋人にしたい女性と結婚したい女性は一体なにが違うのか今回はその違いについてお伝えします。
やはり家事ができる女性は家庭的で結婚向きの女性なようです。
彼も付き合う女性と結婚を意識する女性は異なるようです。

結婚後の生活に対して全く家事が出来ない女性というのは、奥さんとして迎える事が難しいものです。
どれだけ大好きな相手でも家事が出来ない、または家事をする気がないという女性は結婚向きの女性ではないことが分かります。
結婚相手に清潔感がなければ、彼氏としては奥さんとして見ることができないですし、やはり清潔感は女性に対して重要なものです。

どれだけ綺麗な女性であっても、清潔感がない女性は男性から嫌がられますし今後一緒に生活しようと思える事がないようです。
気がきく女性は、男性にとって忙しい毎日にオアシスを与えてくれるような存在です。
疲れている時にそっと感じる優しい気遣いが、毎日続いて欲しいと思う女性は、結婚したい女性といえます。

逆にお付き合いだけであれば、ある程度のわがままをいう女性でも問題ないという男性も多く、付き合いだけの女性と結婚を意識した女性は男性にとって考え方も異なるようです。
弱々しい女性を守ってあげたいと感じるのが男性であり、なんでもかんでも1人でそつなくこなすタイプの女性はお付き合いしている間は気を使わなくて楽で良いと好かれます。

しかし、いざ結婚となると男性の女性を守ってあげたいという本能からどうしてもか弱い女性を選ぶ傾向にあります。
弱いものを守らなきゃいけないと考える男性の本能にはどうすることもできないのです。
結婚というゴールを目指すのは、男女ともに当たり前の事ですがやはり一緒に生活するとなると、絶対条件というものが存在し、お付き合いのみの関係の女性とは異なります。

お付き合いしていく上で、あまりに欠如していると結婚はできないなと男性側も考えるようで、女性としては男性にそう思われないようお付き合い後も努力するべきのようです。

大好きな彼とずっといたいと考える女性は、やはりそれなりに彼に合わせることが重要ですし、男性側も女性のことを考え行動することで結婚に近づくといえます。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事