ずるいline

2020.11.25

もうメロメロ…!彼を虜にする「ずるいLINE」って?

 
彼からなかなかLINEが来ないと不安になりますよね。もしかしたらあなたのLINEに返信しにくい理由があるのかもしれません。
今回は彼を虜にするLINE術を学んでいきましょう。
 
LINEでは、名前を呼ぶ必要はありませんが、あえて名前を呼ぶことでグッと親近感が出ます。
毎回名前で呼ぶのはわざとらしいので、「〇〇くん、おはよう!」といったように挨拶のときや、「〇〇くんはどう思う?」など相手に意見を訪ねるとき、「〇〇くん、すごい!」など褒めるときに使うのがポイント。
二人だけの呼び名ができるとさらに親密感が深まり、彼はメロメロ。
 
LINEは「うんうん。わかる。」「そうなんだ!」といった相槌など短い文章でも冷たい印象になりません。相槌を打つことで、話をしっかりと聞いてくれていると思えるので、相手もどんどん話したくなります。
ただし、ずっと相槌を打ち続けているだけでは、逆に聞くのが面倒なのかな?といった印象を与えるので、質問をしてみたり、自分の意見も述べてみたりと、話の幅を広げることも大切です。
 
彼からLINEがきたときは、嬉しくてできるだけ早く返信したくなってしまいますよね。しかし相手がのんびりペースで返信をするタイプの場合、即返信ばかりではストレスを与える可能性があります。
そのため、相手のペースに合わせてタイミングよく返信するといいでしょう。ペースを合わせることで、相手も自然とストレスなくLINEを続けることができますし、気遣いができる子だなと感じてもらえます。
 
彼とのLINEはなるべく明るい内容を心がけましょう。仕事で疲れているときに、愚痴や文句ばかりのLINEが来たら嫌ですし、返信する気になれませんよね。
明るい内容や相手の体調を気遣うようなLINEはとても癒されるので彼はあなたの虜に…。
何でも話せるのがパートナーと考えている人もいるかもしれませんが、いつも元気で明るい彼女だからこそ、つらいときに助けてあげようと思えるのです。
 
彼があなたとLINEを続けたいと思わせるにはちょっとした気遣いや工夫が大切。疲れを吹き飛ばしてくれるような、明るく楽しい癒しのLINEを送ってくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事