2020.12.01

ケンカが減るってホント!?女性の【我慢ポイント】とは?


喧嘩ばかりして、彼氏といても幸せを感じれない、泣いてばかりだと思っていませんか?好きな気持ちはちゃんとあって、これからも一緒にいたいのに喧嘩ばかりするのはなぜでしょう。

実は、スムーズな付き合いをするためには、女性が我慢しなければならないポイントがあります。女性は、男性を立てると言われているように、立てたくないときでも立てなければならないこともあるのです。

今回は、彼を立てて喧嘩を減らし、上手な付き合いをするための我慢のポイントについて紹介します。
「なんで分かってくれないの?」「彼の言い方がむかついてイライラする……」ということもあるでしょう。そんなときは、つい彼を責めてしまいませんか?

ここで女性が我慢したいポイントは、イライラを出さないことです。例えば彼の言い方に違和感があったときは、「教えてくれてありがとう。おかげで助かった。」と褒めたり感謝したりしましょう。

「よく人のこと見れてるよね!」と褒めるのもありです。あなたの気持ちをイライラから逸らすことができるため、喧嘩にならなくなるでしょう。
彼は友達の前で、いいところだけ見せたり、実力以上の自分を見せたりしませんか?そんな彼を見ていると、つい「演じてばっかり。」「私の前ではそんなことない。」と突っ込みたくなるものです。

しかし、彼の友達の前では我慢してください。彼を思う存分立ててあげましょう。友達の前で彼を責めると、彼は怒ります。最悪、その場で喧嘩が始まったり別れ話になることもあるでしょう。

逆に友達の前で立てると彼に感謝されるため、あなたも気持ち的に満足できて、喧嘩にならなくなりますよ!
彼が間違ったことをしたときは、「どうして?なんで分からないの?」「ちょっとは考えたら?」と上から責めてはいけません。何様だ?と思われて空気が悪くなるか、喧嘩するかのどちらかになります。

つい口に出てしまいそうな言葉をグッと我慢して、言い方を考えてみましょう。例えば、「私が間違ってるかもしれないけど、これって〇〇じゃない?」「〇〇で考えてみるとかは?」などのように指摘するのがおすすめです。

指摘の仕方を変えるだけで、彼は素直にあなたの言うことを聞いてくれるでしょう。あなたにとっても、彼を予想通りに動かせるため喧嘩する必要性がないと思えるはずです。
彼を立てるときは、言葉遣いに注意しましょう。立てたいと思っていたり、彼を傷つけるつもりがなかったりしても、言葉遣いが悪いと全てが水の泡になってしまいます。

また、言葉遣いだけで喧嘩になることもあるでしょう。言いたいことがあるときは、言い方を考えてみて、自分がされても嫌じゃない言い方をしてください。優しく言うのも嫌だと思っても、最初は我慢です。

何度言っても伝わらないときに、強めに注意するのはいいですが、まずは自分が我慢してみることで喧嘩はずいぶんと減らすことができるでしょう。
やはり、男性は立てられたほうが気持ちよくなるものです。ある意味彼を手のひらで転がすには、立てたほうがいいのです。そのほうがあなたも楽でしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事