2021.02.14

え、どういう意味…?深読みしてしまう「気になる男性のセリフ」4つ

気になっている彼に言われて、ついつい深読みしてしまった言葉がある方もいるのではないでしょうか。恋愛感情がない相手からならば、そこまで深い意味がある言葉ではなかったはずなのに、気になる彼から言われると、ついつい深読みしたくなってしまうものです。
 
今回は、深読みしてしまった気になる男性のセリフについて、ご紹介していきます。似たような深読みをしてしまい、恥ずかしい気持ちになったことがある方も、いるのではないでしょうか。
 
よく足を運ぶお店の男性と仲良くなって、彼のことを振り向かせようと、「来月誕生日なんです」と伝えたことがある方もいるでしょう。快く「ご飯に行こう」と誘ってくれたけど、気持ちは緊張してしまい、どうしようか考えてばかりになってしまいますよね。
 
ただの常連の客を、誕生日にご飯へ連れて行ってくれることがあるでしょうか。「もしかして」と深読みしてしまうこともあるでしょう。期待していたけど、結局はそこから進展もありませんでした。
 
元々気になっていた彼に、ご飯へ誘われたら、深読みして「そういうことかな」と、期待してしまいますよね。誕生日だとアピール されたからご飯へ行っただけかも知れませんが、少なくとも、ただのお客さんだったわけではなさそうですよね。
 
元カレから、いきなり「昇進できた」というメッセージが来たことのあるかたも、いるのではないでしょうか。仕事もうまく行き始めたので、「もう一度付き合おう」という復縁のメッセージかと思いきや、報告だけだったようです。
 
男性は基本的に何か目的に沿って、行動しているので、用もなく元カノにメッセージを送ってくることは珍しいです。彼の気持ちを組んだつもりで復縁を話題に出してみたけど、何の反応もなかったこともあるので、相手の心を知るのは難しいです。
 
かなり珍しいパターンですが、元カレからメッセージを送ってきたのに、復縁を考えていなかったのでしょう。普通の男性であれば、元カノにメッセージを送るということは、心のどこかで復縁を期待しています。
 
気になっている男性と連絡先を交換できて、さらに彼から「また連絡するね」とと言われたので、期待してしまったことがある方も、いるのではないでしょうか。
 
多くの場合は、「また連絡するね」と言われても、連絡しないことが多く、その場を和やかに終わらせるための社交辞令です。悪い方向に深読みしてしまい、勝手に落ち込むこともあるでしょう。本当に連絡してくる場合もあるので、一概に絶対社交辞令とは言えません。
 
気になっている彼が、美味しいお店を知っているという話をしたため、「これは誘ってる」と感じて、「行ってみたい」と乗り気な返事をしたら、お店の場所だけを教えられたという方も、いるのではないでしょうか。
 
絶対に誘われると言っていいほど、誰が見ても誘っている言葉ですが、なぜか違ったみたいですね。多くの場合は、誘っているので、今後も期待していきましょう。
深読みをしてしまって、落ち込んだ時もあれば、嬉しくなった時もありますよね。深読みして勝手に落ち込むくらいであれば、ポジティブに考えるようにしてみてはいかがでしょうか。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事