2021.04.12

笑って聞いてあげて!男が大事な女性だけに言う愚痴4選

男性だって女性に愚痴をこぼすことがあります。
特に大事な女性にだけこぼしてしまう愚痴には、意外と男性の心理が隠れているようです。

では、どのような愚痴にどんな心理が隠れているのかご紹介しましょう。
家族や兄弟の話をすること自体、あなたを大事な女性だと思っているからです。

その上、もし家族や兄弟とのトラブルなどについての愚痴であれば、あなたとの距離をもっと近づけたいと思っているかも。

やはり家族や兄弟に対しての愚痴は内側のことなので「君には内側のことも見せるよ」という気持ちがこもっていることが多いのです。
上司の愚痴を言うときには、あなたに褒めてもらいたいと思っているかも知れません。

男性は大切にしている女性から褒めてもらうことで勇気や元気をもらうことができます。

そのため上司のひどさを愚痴り、でも頑張っている自分をアピール。

それによって「○○君はそれでもしっかり我慢して偉いね」「○○君はそんな上司の下でも頑張っているんだね、強いね」などと褒められることを期待している場合もあるのです。

3.あなたの悩みと同じ内容の愚痴
もし、あなたが仕事のことで悩んでいるときに、彼も同じように仕事のことでの愚痴をこぼす場合は、もっとあなたにも愚痴を言わせて楽にしてあげたいという気持ちがある場合も。

大切な女性だからこそ、少しでも愚痴りやすい状況を作ってくれようとしているかもしれません。
あなたからアドバイスをもらいたいという気持ちから愚痴ってしまう場合もあります。

それはあなたを認めているからこそ、あなたに聞いてもらってあなたの意見を聞きたいと思っていることもあるのです。



愚痴を聞くことは、まるで感情のゴミ箱にされたように感じることもありますが、実はそうばかりではなく、あなたへのアプローチであったり、あなたの意見を求めているなど、理由はいろいろです。
そのため愚痴をこぼしてきたからといって「男のくせに」なんて思わず、温かく聞いてあげることも大切ではないでしょうか。

(ハウコレ編集部)

関連記事