2021.05.18

会話がツライ...!男性を疲れさせる【サゲマン女性】の特徴4つ

話をしていたとしても、全く盛り上がらない、会話をすることがつらくなってきたと感じる女性は、男性からすると、「会いたくない」という気持ちに直結してしまいます。人と関係を作っていくうえで、会話は一番大事なのではないでしょうか。
 
関係を作っていくのにも大事ですが、デートをしているときのほとんどが、会話で成立しているので、会話をすることが上手ではないと、次へつながりにくくなってしまいます。今回は、男性を疲れさせるサゲマン女性の特徴について、ご紹介していきます。
 
デートをしているとき、自分で会話の話題を考えて、話し始めているという方も、多いのではないでしょうか。会話をするということは、相手に興味を持っているということなので、自分の気持ちを伝えるうえでも、大事なものとなっています。
 
会話をするときは、男性がリードしなくてはいけないということは全くありませんが、リードするのを待っている女性は多くいて、話題を出さないというのではなく、話題を出そうとする努力をしないという人が多いようです。
 
沈黙が続いていたとしても、自分から何かを話さなければいけないという考えではなく、「早くなにか喋ってくれないかな」と相手に任せっきりになってしまいます。沈黙を感じていても、自分でなんとかしようと思わないのは、男性の負担になりますよね。
 
初めてのデートだった場合、男性から質問をされることも多くあるので、会話を広げていくための絶好のチャンスですよね。答えによっては、相手の意外な一面を知ることができて、そこからまた更に会話が広がるかもしれません。
 
初めてのデートとなると、質問をするのも最初は簡単に答えられることしか話しませんよね。「はい」「いいえ」で答えることができる質問に対して、本当に「はい」「いいえ」で答えていると、会話がそこで終わってしまいます。
 
それ以外の質問だったとしても、一言や短い文で終わらせてしまうと、会話を広げる気が無いと感じられてしまいます。男性側は少しでも沈黙しないように頭を使っているのに、女性が割に合わないような答えしか出さない場合、疲れも溜まりガッカリしてしまうでしょう。
 
何がいいのか質問して、「なんでもいい」と言っていたのに、自分から提案すると、「ここはあんまり好きじゃない」というように、嫌という意思表示だけしてくる方もいますよね。
 
よかれと思って提案したのに、マイナスの評価を浴びせられたら、ガッカリしてしまいますよね。なるべく「なんでもいい」は使わないほうがいいようです。
 
感謝している気持ちを相手に伝える機会が少なかったら、男性に損をさせた気持ちにさせてしまっていることもよくあります。
 
ありがとうという言葉は、「言う」「言わない」などと考えることではなく、伝えて当たり前の言葉ですよね。ありがとうという言葉を口にするのが恥ずかしいかもしれませんが、相手に喜びを与えることもできるステキな言葉です。
 
自分は悪くなくて、人のせいにしてしまうような女性は、男性のことを疲れさせている可能性があるので、お互いに楽しむためのデートが何かを考えてみましょう。
 
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事