2022.02.12

ドキドキ♡男性憧れの【バレンタインチョコのもらい方】って?

 
 気になっている男性や好きな人がいる女性にとって、バレンタインというものは気持ちを伝えるためのチャンスでもありますよね。本命のチョコを彼に渡そうと考えている方は、準備する段階からドキドキしているかもしれません。
 
バレンタインの日にドキドキするのはチョコを渡そうとしている女性だけではなく、男性もドキドキソワソワしています。
今回は、男性が憧れているバレンタインチョコのもらい方についてご紹介していきます。
 
好きな人にだけ渡すのがバレンタインではないので、友達に義理チョコを配っている方もいるのではないでしょうか。みんな同じような箱で同じようなモノを配っているので、自分も義理かと思っていたら本命チョコだったということもあるようです。
 
 チョコと一緒に手紙も入っていると、なおさらドキドキしてしまうという方も多く、周りの人たちから手紙を隠さなければいけないという緊張感を感じたいという方もいるようです。同じクラスの同級生や職場に片思いの相手がいると使えますよね。
 
本命の特別なチョコはラブレター付きだという発想がなかなかできません。やろうとしても恥ずかしくてできなかったという方もいるでしょう。二人だけの秘密ということにドキドキして意識してしまうのでしょう。
 
 学校の校門に待たれていたり、会社の出口やいつも使っている駅で待ち伏せされて、チョコを渡されたということもあるようです。仕事や学校の用事が何時に終わるのか分からないけど、ずっと待っててくれたということにグッときます。
 
意外かもしれませんが、待ち伏せをされてバレンタインチョコをもらうというのは、憧れになっていることが多いようです。疲れて帰ろうとしていたら女性が待ってくれていると、疲れも吹き飛びますよね。
 
好きな男性とはそんなに仲良くないという状況だったとしても、呼び止められてチョコを渡されると無条件で喜びますが、あまり親しくない場合はチョコを渡してサラッと帰るのが無難です。
 
呼び出されて渡される 
昼休みのときや帰り際に女性から呼び出されて、誰もいない所で二人きりになって渡されるということにドキドキしてしまうということもあるのではないでしょうか。
 
 男性が憧れているもらい方は、誰もいない所に呼び出されて渡されるということのようです。呼び出しをされると、「告白される?」と期待もするので、ドキドキ感を感じます。
 
 男性が憧れているバレンタインをもらうシチュエーションは、他の男性とは違う特別感を感じることが重要なポイントになっています。
 
 バレンタインデーということで、男性も朝から何かを期待してしまっていることが多いでしょう。もともと期待しているのにさらに特別なシチュエーションで本命のチョコを渡すと、告白したときの成功率もアップするはずです。
 
まとめ 
男性は意外のもロマンティックなチョコの渡され方が好きなので、呼び出しや待ち伏せなどもドキドキしてしまいます。好きな男性がいる方は試してみてください。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事