2022.08.04

誰もが抱く感情【ヤキモチ】!この感情を上手く活用するには?

みなさんは、嫉妬とやきもちの違いを知っていますか。今回は、嫉妬とやきもちの境界線をお伝えしつつ、大好きな彼に想いを伝える方法などを教えちゃいます!
まずは、嫉妬とやきもちの違いについてお伝えしていきます。嫉妬ややきもちは感情の類としては、どちらも相手に対して、モヤモヤしていたり妬んでいるようなものです。やきもちの感情の中に、嫉妬というものがあります。

ただ、嫉妬とやきもちでは相手が変わってきます。やきもちは基本的には好意を抱いている相手に対して沸く感情の一種です。例えば、恋人や好きな人が他の異性と話しているときに思うモヤモヤとした感情はやきもちと言われるものになります。

それに対して、嫉妬というのは関係性関係なく抱く妬みの感情です。例えば、自分より成績が良い人や、賞賛されているのを見た時に、湧いてくる妬みの感情が「嫉妬」と言われるものです。なので、嫉妬の方がどちらかというと幅広い人を対象に使える感情です。
好きな人に対しては、どうしてもやきもち焼いてしまうのが恋人の特徴ですよね。本当は相手に対して、想いを伝えたいのですが、どうやってうまく伝えたらいいかわからない人も多いんではないでしょうか?

やきもちの感情を上手く伝える方法としては、素直に伝えることが相手に一番伝わりやすく、関係も悪化しにくいと言えるでしょう。「やきもち焼いちゃった」のような形で可愛らしく伝えると良いかもしれません。

一つ気をつけるポイントとしては、怒りの感情に変化して伝えない事です。あくまで、拗ねる、悲しい感情を表面に出しておきましょう。怒りの感情に任せてしまうと、喧嘩になりかねなません。

モヤモヤした黒い感情も可愛らしく伝えることで、彼との関係も良好に保ちつつ自分の感情をきちんと解消する事ができますよ!
いくら悪い感情ではないにしても、なるべくやきもちは焼きたくないですよね。そのためにはいくつかの方法があるので、ぜひ実践して見てください。まず、嫉妬を沸かす感情の原因としては、自分に自信がないマイナスな感情から生まれてくるものです。

そのため、自分に自信を持つ事が相手にやきもちを焼かない方法の近道といえるでしょう。見た目を磨いたり、新しい趣味などを見つけて自分に自信を持てることをするとプラスに働きます。そしてその上で、彼を信じてあげる気持ちが大切になっていきます。
やきもちは彼に対して不安感情があるため生まれてしまうものでもあります。何があっても彼を信じるという想いを持つことで、大きく相手に対してやきもちを焼くという負担を減らす事ができます。相手に対してやきもちを焼くということはそれだけ相手のことを好きだからです。決してマイナスな感情ではないので、自分を責めないようにしてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事