2018.05.11

彼を夢中にさせるのは●●だけだった!?好きな人を恋に溺れさせる簡単な方法

スマホを眺めながら、彼からの連絡を待ってしまう……。好きな男性ができると、四六時中彼のことを考えてしまい、彼中心の生活になってしまう女性も珍しくありません。

それに比べて、恋愛より仕事や友人を優先する男性は意外と多いもの。彼から連絡が来なかったり、なかなか会えなかったりすると「自分だけが一方的に好きなのかもしれない……」と不安になってしまいます。

女性は愛されてナンボ。叶うならば、自分が彼を想う以上に、彼にも夢中になってほしいですよね。そっけない彼に「ずっと一緒にいたい」「いつも君のことばかり考えている」なんて言わせるには、どうすれば良いのでしょうか?

その答えは意外とカンタン。彼を自分に夢中にさせるには、彼の「エッチしたい気持ち」を上手に引き出せばいいのです。

■男性の「性欲」と「好き」の境界線はとても曖昧!?

人類学者のHelen Fisher(ヘレン・フィッシャー)の研究結果によると、人は恋をするとドーパミンが脳に放出されることでハイになり、“執着”に支配されるようになるそうです。“執着”とは、強く惹かれ、相手のことを考えずにはいられなくなってしまうということ。

特に男性は遺伝子を残すこと、つまり子孫を残すことにも執着します。つまり、男性にとっての性欲は、遺伝子を残すために必要な欲で、それは「生き残り続けたい」という一番強い欲の次に強い欲と言われています。

子孫を残したいという本能で“執着”に支配されがちの男性は、普段からエッチしたいという「性欲」と「好き、愛している」の区別が女性ほどははっきりしていません。

そのため、出会ったばかりの頃だと、男性自身「単なる性欲」か「性欲+愛情」なのか区別がつかないことがあるようです。つまり、男性の「性欲」と「好き」の境界線はとても曖昧。

女性は「好きだから、もっと深い関係になりたい」というのが普通ですが、男性は目の前の女性と「関係を持ちたい」という気持ちも、その女性のことが「好き」という感情の一部なのです。

ということは、彼を夢中にさせるには、単に「いい人」や「かわいい子」と思ってもらうのではなく、「異性として執着してしまう存在」になることが最重要。「この女性と関係を持ちたい」と本能から感じることで、「自分はこの女性が好きかも」という思考へとつながります。

さらに、それが進むと「本当に好きになってしまった……」と胸の高まりまで感じ、自分の恋愛感情にあらためて気付くようになるのです。

だから男性には「エッチしたい」という性欲から始まり、「どうしようもなく好き」という“執着”を引き出す恋愛もあるのです。

では、どうすれば彼に「エッチしたい」と思ってもらえるのでしょうか?

露出の多いファッションやボディタッチなどでアピールする女性もいますが、男性によっては「やる気満々」だと感じてしまい、引いてしまうことも。実は、それよりもっと簡単で確実に男性に「エッチしたい」と思わせるテクニックがあります。

それは「香り」で彼の嗅覚を刺激すること。



嗅覚は、五感の中で唯一本能を司る脳に直接訴えかけることができます。その速さはなんと0.2秒以下!それ以外の刺激は脳の「理性」部分を通過してから本能へと届くため、彼があれこれと考えてしまい、冷静な状況になり「性衝動」へと繋がりにくいのです。

しかし、嗅覚はからの刺激は「理性」を通らず、本能にダイレクトに反応するため、「考える」前に、本能でしたいと「感じて」しまうというわけ。

それを示すように、LCラブコスメが行った「香り」に関する調査では、男性の92%が「いい香りをかいでエッチしたくなった」と回答しています。

■「もうだめだ、抱きたい」“特別な香り”で本能のままに求められる!

でも、“いい香り”なら何でも良いというわけではありません。それが“特別な香り”であることが重要。実際に嗅覚を刺激して、彼を夢中にさせた女性たちのエピソードを紹介しましょう。

電気を消して就寝しようとしたところ、彼の手が伸びてきました。「えっ、どうしたの…?」と聞くと、「なんかいい香りする…」と抱き締められて、すぐさまキスされました。彼は珍しく余裕がなく「なんかもう、だめだ。抱きたい」と白状しました(笑)いつも以上に深く長いキスをされ、そのままエッチしてしまいました。すっごく好きな香りで、毎日つけたいくらい。でも他の男性に実感があっては困るので(笑)控えるようにします!
(hinamiさん/24歳会社員)

気づくかなぁと思っていたら、会ってすぐに「いつもと違う! いい香り!」とくっついて来ました。その日は最初はご飯を食べるだけのつもりだったのですが、「お泊まりしていかない?」と誘われホテルへ……。普段にも増して首筋や胸にたくさんキスしてもらいました。
(玲さん24歳会社員)

男性の本能を刺激して、彼を彼女たちに夢中にさせた“特別な香り”とは、LCラブコスメのベッド専用香水 リビドー



男性が好きなお風呂あがりの香りをイメージして作られたリビドーロゼ2018は、官能的な香りとして名高い「イランイラン花油」、甘酸っぱい雰囲気を伝える「クランベリー果汁」、フェロモンを意識した「オスモフェリン」など、約80種類の香りを配合。彼の「エッチしたい」という衝動と、「もっと知りたい」という“執着”を引き出し、性欲と一緒に恋愛感情も一緒に刺激します。

さらに、ベッドタイムの盛り上がる時間の流れに合わせて香りが変わるので、香りで彼を飽きさせません。

使い方は、通常の香水と同じように、デート前にシュッとひと拭きするだけ。彼の嗅覚から本能へ直接訴えかれば、「我慢できない!」と“執着”に支配された彼に強引に求められてしまうかもしれません。

■彼の“執着”を引き出し、あなたの虜にさせる「リビドーロゼ2018」

「ベッド専用香水 リビドー」は、公式通販サイトのみでの販売にも関わらず、シリーズ累計35万個以上売り上げている人気アイテム。意中の男性以外からの反応も多いことから、商品説明には「あまり興味のない方の前でのご使用はお控えください」と注意書きもされています。



自分ばかりが夢中になるのではなく、それ以上に彼を自分に夢中にさせたいなら、彼と会う前はいつもリビドーロゼ2018をひと吹きして、「エッチしたい気持ち」を引き出してみて。

本能を刺激されて執着し始めた彼は、その香りを嗅ぐと我慢できなくなり、さらに「四六時中、君のことばかり考えている」「どうしようもなく好き」と、あなたの虜になってしまうでしょう。

LCラブコスメは、女性が運営している女性のためのセクシャルヘルスケアブランド。女性ならではの恋やカラダのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。「ラブコスメ」で検索すれば、これまで誰にも相談できずにいたお悩みにもピッタリのラブコスメがきっと見つかるはず。

【関連記事】

関連記事