彼に抱き着く女性の画像

2019.07.01

言葉より行動で♡たまにのお返しで「彼女のために尽くしたがり」彼にしていこう

どうもあかりです。

彼をもっと彼女想いにするためには、「彼女のためにもっといろいろしてあげたいな」という"give"の精神を育ててあげるに尽きます。


そのために大切なのは、彼が自分に何かをしてくれたとき、きちんと感謝を伝えてあげることですが、たまには言葉より行動で、具体的な「お返し」の行動を通じてその気持ちを伝えてあげるのが何より効果的。

今日はこの「たまにのお返し」のいくつかの実践例を通じて、彼が「これからももっとしてあげよ!」って気分になれる方法を探っていきます。

《ごちそう》「今日は、私が払うね!」

私も実践しているものですが、もしもあなたの彼が、普段ご飯を必ずごちそうしてくれているか、多めに出してくれているか、毎回じゃなくともそれなりの頻度でこういうことをしてくれているという場合には、10回に1回くらいのペースでいいので、そのお返しをしてあげてみてください。

「今日は全部私が出すから、お財布、閉まって♡」

デートでごちそうしてもらったのに「ごちそうさま」も言うのは当たり前ですが、「ごちそうさま」を言えれば100点かというと、そうではない。

当たり前のことをやって満点が取れるほど恋愛はカンタンではありません。

だからこそ、たまにでいいからごちそうをし返すのです。

「俺が普段、ごちそうしてるの、本当にうれしいって思ってくれてるんだな」と彼は思えますし、「お返ししてくれるほど喜んでくれてるんなら、これからも気持ちよくまたごちそうできるわ」という気持ちにもなります。

《日常》「この前、やってくれたの嬉しかったから」

日常的で些細な行動を、きちんと覚えておいて彼にお返ししてあげるのもおすすめです。

「ハイこれ。この前私が好きなアイス見つけて買ってきてくれたお礼だよ!」

こんな感じいいんです。

「ごちそう」ほど金銭的にも些細な「彼女のため言動」は、油断してしまうと「ありがとう」のたった一言で帳消しにされてしまいがちです。

「わざわざお返しなんてしてもらえるわけがない」と彼が最初から思っている可能性も高い。

「これくらい、『ありがとう』と言っておけばいいだろう。わざわざお返しなんて、不要だろう」って。


だけど、だからこそお返しをしてあげるんです。

私、ちゃんと覚えてたよ。いつかお返ししたいって思ってたんだ。
って。こういう彼女を、男性は愛したいのです。

《エッチ》「たまには、積極的に」

これは「必ずやって!」というほどのものではありませんが、やってあげるときっと彼は喜ぶので、可能であれば。

10回に1回でもいいから、ベッドで「今日は動かないで」という日を作ってみてください。

デートプランでも、「今日は私が考えるから!」としてあげると彼は喜びますが、それと同じ要領です。

いつも一生懸命に私を気持ちよくしてくれているお礼。

「企画・演出 彼女」のエッチ自体が彼にとって新鮮でしょうし、それによってまた次から彼は、今まで以上に頑張ってくれるはずです。

「彼女のために尽くしたがり」彼氏の神髄

人って不思議で、自分が相手のために何か行動をしているとき、自分で自分の行動を見て「あ、こんなことをわざわざしてあげるなんて、それだけ自分はこの人のことが好きなんだなー」という認識に至るものです。


だから、彼を「彼女のために尽くしたがり」に育てていってあげることってとても大切で、そのためには、今回紹介した「たまにのお返し」がとても効く、というお話でした。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事