2019.10.29

付き合う前の連絡が少ない男性は脈アリ?心理やメッセージから本音を読み取ろう!

恋してる女性は、付き合う前に彼から連絡少ないと「脈ナシなのかな……」って不安になってしまいますよね。しかし、まだ彼と付き合っていないんですよね?それならむしろ、連絡少ない状態で当たり前ではないでしょうか。

脈アリだからといって、積極的にアタックしてくる男性ばかりじゃないですよ。女性が好意を持っているかを見極めてから行動にうつす男性もいます。自信がなくて、逆アタックを待っている男性だっているんです。

「彼がなにを考えているのかわからない」と悩んでるあなた。付き合う前の連絡少ない男性心理や脈アリかどうかを見抜く方法についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

付き合う前の彼から連絡が少ないのは当たり前!?


付き合う前の彼から連絡が少ない。実はこれって普通の状態なんです。なぜかというと、男性は目的をもって行動する生物だから。女性の考え方とはちょっとだけ違うんです。いったいどういうことなのか、早速くわしく見ていきましょう。

恋人以外の連絡はあと回しがち

男性は恋人以外の女性との連絡をあと回しにしがちです。なぜかというと、理由はそのままで彼女じゃないから。彼女でもない女性にマメに連絡したところで、エッチできるとか美味しい思いができるわけじゃない。

だから付き合う前の女性には、はりきって連絡する理由がないんです。「え、そんなことで?」と思ったあなた。男性って結局はそんな感じですよ?

男性は、どんなときも目的を持って行動する生き物。だからこそ、付き合う前の連絡少ない状態でも、脈ナシ決定というわけではないのです。

男性は日常会話のような連絡が苦手

「おはよう。今日もよい天気だね~」みたいなラインでのやりとりは、実は女性特有のコミュニケーション。こういった日常会話のような連絡のやりとりって、男性は苦手なんです。

なぜかというと、男性視点ではあまり意味がないやりとりだから。

女性のように着地点をあえて設定しない会話はせず、明確な目的を持って使用するものです。だから、なんのために連絡するのか、目的のはっきりしない付き合う前の女性とは、連絡少ない状態でも不自然ではないのです。

恋愛的に見ている女性との連絡は慎重になる

男性って、恋愛対象として見ている女性への連絡は慎重になっちゃいます。なぜなら、好きな女性には嫌われたくないから。恋してる男性って、別人のように純粋になっちゃいます。連絡少ないのも、慎重に歩を進めようと計画しているからなんです。

もし頻繁に連絡して「ヤリモク......?」なんて女性から思われてしまったら、トラウマ確定!もちろん、押せ押せ攻撃の力技でアプローチしてくる男性もいます。だけど、恋愛に関しては繊細な男性もいっぱいいることを、女性はわかってあげてくださいね。

連絡を後回しにする男性心理


付き合う前の女性からの連絡を後回しにする男性心理は、単純に性別の違いによる価値観の違いから。プラスして「自分の彼女じゃないし……」というメリットを感じない側面もあるでしょう。さらに詳しく、不可解な男性心理を深堀りしていきましょう。

忙しいと忘れてしまう

「え?」と思うでしょうが、男性ってこんな感じです。コミュニケーションを大切にする女性からすると、だれかからもらった連絡を忘れるなんて、まったくもって理解できない男性心理かと思います。しかし、男性はコミュニケーションよりも仕事が大事なんです!

なににおいても仕事だけは最優先でいたいんです。だって、男は仕事をずっとしていくものだから。女性のように「結婚して専業主婦になります」という選択肢はゼロに近い。

一生を通して、職場で競争しながら闘っていかなければならない。だから女性へ連絡しようと思っていても、忙しければ忘れてしまいます。「付き合う前に連絡少ない、不安だな」って感じる女性の価値観とは、かなり違うというわけなんです。

連絡が来るうちは放置しても大丈夫だと感じる

付き合う前の男性から連絡少ない状態に「大丈夫かな?」「彼に好いてもらうにはどうしたらいいんだろう」と思案しちゃうのは女性だけ。男性はその逆で、女性から連絡が来るうちは放置しても大丈夫だと感じ、返信をあと回しにしちゃいます。

これはなぜかというと、男女の価値観の違いから。男性は、いざとなってからじゃないと行動にうつせない性質があるんです。女性は、困った状態になる前に対処しようと行動するけれど、男性は《困った》という事態が発生してからじゃないと行動に移れないというわけなんです。


返信内容を考えているだけでスルーしているわけではない

男性って、基本的にコミュニケーションが不器用。女性みたいに、LINEが来てすぐにポンポンとメッセージが思い浮かぶわけではないんです。もちろん、女性とコミュニケーションをとりたい気持ちは十分にあります。

しかし、その気持ちをどう文章に変換すればよいのか、どう伝えれば喜んでもらえるのか、清書するのに時間がかかりすぎてしまうんです。そのため、結果的に連絡が途絶えるかのような、後回しにしているかのような状況に見えてしまいます。

正直LINEやメールは苦手

男性は、そもそもLINEやメールが苦手です。苦手なことって楽しくないから、どうしてもあと回しになっちゃいます。女性は、逆にLINEやメールでの他愛のない会話のやりとりを好むでしょう。

「なぜ男性はLINEやメールが苦手なの?こんなに楽しいのに……」きっと女の子は疑問に思うのではないでしょうか。

しかし、そういった《女性はこうだから、男性も同じように思うはず》といった思考がそもそもの苦しみの元!男と女の違いは身体のつくりだけではなく、脳のつくりも全く違うということなのです。

付き合う前の連絡が少ないのは脈ナシ?


以上の理由から、付き合う前の連絡少ない状態を不安に思うのは、女性特有の心配事だということがおわかりいただけたと思います。男性にとっては、まったくもって普通の状況なので安心してくださいね。

真の問題は、《付き合う前の連絡の少なさは、脈ナシか?》ということ!
早速、チェックしていきましょう。

連絡が少ないだけでは脈ナシにはならない

大丈夫です。付き合う前に連絡が少ないだけでは、決して脈ナシの判断材料にはなりません。先にも述べましたが、そもそも男性はコミュニケーションツールであるLINEやメールが苦手だったり、面倒くさいと感じたりする傾向にあります。

もちろん、ときめきを感じる女性にかなりの頻度で連絡をとり、アプローチする男性もいます。しかし、それが男性すべての姿ではないのです。男性だって性格は千差万別。

いろいろな行動パターンをする人もいるのです。付き合う前から連絡少ないけれど、相思相愛で付き合えているカップルだって現実に実在していますよ。

駆け引きであえて返信しない男性もいる

付き合う前に連絡少ないのは、男性側が知恵をつかって駆け引きしている場合もあります。連絡をわざと遅らせることで女性にヤキモキさせたり、待ちわびさせたりして自分をたくさん好きになってもらおうという作戦なのです。

このケースは脈ナシというわけではありませんが、相手を振り回してでも自分を好きにさせようという男性には、少しだけ警戒しておくことをオススメします。駆け引きするって自分が恋愛で優位に立ちたいというエゴ。

恋人になって欲しい女性にそんなことをするなんて、結局《本当に好き》とはいえないぐらいの好意であることは明白だといえるでしょう。

時間帯によっては気付いていないだけかも

女性からの連絡に気づかないという状況は、かなりの高確率で考えられます。仕事で忙しい時間帯だったり、帰宅してのんびりとテレビを見ながらご飯を食べていたり、お風呂につかって疲れを癒していたり。

普段、周囲からの連絡少ない男性ならLINEやメールが届いていること自体チェックしない日もあるでしょう。連絡のキャッチは、タイミングが大きく影響してしまいます。そのため付き合う前に男性から連絡少ないことは、決して脈ナシとは断定できないのです。

連絡が少なくても脈アリなケースって?

付き合う前の男性から連絡少ない状態は脈ナシとは言い切れないことがわかりました。

その反面、場合によっては高確率で脈アリのケースもあるようです。《連絡が少ないのに脈アリ》という矛盾したようなこの現象は、いったいどういうことなのでしょうか。

きちんとした返信をしてくれる

本気の脈アリの恋愛なら、付き合う前に必ずくっついてくるのが男性の誠実さです。それは連絡少ないペースであっても《きちんとした返信をしてくれる》という現象となって表れます。

きちんとした返信とは、女性がしてくれた質問に対しての答えが、男性からの返信に必ず入っているということです。好きな彼からのメッセージの内容をよく見るようにすれば、きっと彼の誠実度を垣間見ることができるでしょう。

 自分から話を振ってくれる

付き合う前に、淡い恋心が芽生えた初々しいふたり。お互い言葉にせずとも《連絡を途絶えることのないようにしたい》と願ってしまうことでしょう。その願いを達成するには、次回の連絡につながる話題が必要です。

だからこそ、彼自身から頑張って話を振ってくれるようであれば脈アリ!たとえ連絡少ない状況であっても、話題の提供があれば、返信内容に時間をかけてくれている可能性が高いといえるでしょう。

小さな出来事も話してくれる

「今日、こんなことがあってさ~」と日々の小さな出来事を男性からポツポツと話してくれるようなら、連絡少ない状態でも脈アリ。
なぜならそこに《あなたに自分の話を聞いて欲しい》という目的が生まれているからです。

もちろん自分の話を聞いて欲しくなるのは、その女性に好意を持っているから。付き合う前の脈ナシ女性に自分の話を聞いて欲しいと願う男性なんて、限りなくゼロに近いといえるでしょう。

通話がOK

連絡少ないけれど通話がOKって、かなりの脈アリです。実際のところ、男性は女性に対して「LINEやメールばかりしていても意味がない」って思っています。

男性が通話OKということは、《女性に通話する目的が生まれている》ということなんです。付き合う前だけどダイレクト声が聞きたいと思ったり、デートに誘いたいと思っていたりなどが主な目的となるでしょう。

「おはよう」など挨拶してくる

先にも述べましたが、男性は付き合う前の女性に対して、LINEやメールで日常会話することに意味を感じていません。それなのに「おはよう」「おやすみ」など他愛もない挨拶をしてくるということは、《女性に合わせてなかよくなろう》という目的が生まれているということなんです。

少しでもコミュニケーションをとって、進展を狙っていこうという心理が生まれているんです。女性は他人に合わせて動くことを大切に思っていることでしょう。

しかし、男性は目的がないと他人に合わせようという考えに、あまり到達しない生き物なのです。そんな一定のポイントまで付き合う前に到達しちゃったということは、連絡少ない状態であっても、かなりの脈アリだと考えられるでしょう。


メッセージでも名前で呼んでくれる

付き合う前なのに、LINEやメールのメッセージで名前を読んでくれる彼。苗字のみであればまだ緊張していて、距離をもっと縮めたいと思っているのでしょう。下の名前での呼びかけであれば、彼はもうすでにあなたの彼氏気取りなのかもしれません。

つまりは、心から惚れてしまっているということ!男性って、興味のない女性には失礼極まりないくらいに見向きもしないです。だけど、脈アリの女性には彼氏になるための既成事実をつくろうとしちゃいます。

そのため、名前で呼んでくれるというというサインが見えたなら、連絡少ない状態でも脈アリ!連絡頻度を密にするのは、あなたの勇気次第ともいえそうですね。

付き合う前の連絡が少ない脈ナシのケースって?

連絡少ない状況でも、男性の会話に積極性が見られるなら脈アリ。逆に、脈ナシのケースなら、残念ながらすべての会話において消極的な態度しかみられないようです。

返信内容がテキトー

期待でいっぱいの付き合う前。しかし、男性が脈ナシであれば連絡回数の少ないLINEやメールの返信内容もテキトーです。「そうなんだー」「わかる~」「うんうん」だけの相槌系だったり。

女性からの質問をスルーしたり、スタンプのみだったりで、会話自体を終了させている場合もあるでしょう。脈ナシ女性への連絡は、男性からするとまったく意味のないもの。そのため、まさに適当すぎる返信となってしまうのです。

短文で絵文字などがない

付き合う前の好きな男性からLINEやメールをもらうなら、読みごたえを感じるほどの長文メッセージが欲しいですよね。連絡が少ない状態なら、なおさら。女性は恋愛で、常に男性からの愛の重みを感じていたいものです。

しかし「了解です」「がんばってね」などの短文のみの軽すぎる内容なら、残念ながら脈ナシ。絵文字もなければ、より可能性は高まってくるでしょう。それはなぜかというと、《短文で絵文字なし=男性にとっては業務連絡に同じ》ということなのです。

1週間以上返ってこない

付き合う前の連絡少ない不安な状態。男性からの返信が1週間以上返ってこないなら、見切りをつけるとよいでしょう。仕事が第一優先の男性ですから、返信を忘れてしまうこともあります。

しかし、1週間以上も音沙汰なければ女性に興味がないため、完全に忘れてしまったかあえてスルーしていると予測できるでしょう。2週間以上連絡がないようなら、脈ナシは確定だと考えられます。

自分から話題を出さない

連絡を続けるためには、新しい話題が必要です。逆に、連絡をなくしてしまいたいのなら、話題を出さなければよいのです。そのため、付き合う前の連絡少ない状態でさらに男性から話題を出さないのは脈ナシサイン。

このように、男性が好意のない女性に対してする連絡は、消極的で淡泊なものばかりです。男性はもともとLINEやメールが苦手なため、女性からするとますます感じの悪い内容になってしまっているともいえるでしょう。

付き合う前の連絡を多くするコツ!

最後に、付き合う前の連絡を多くするコツをご紹介します。彼が脈アリそうなら、ポイントを参考にして、積極的に恋愛成就を目指していきましょう。絶望的な脈ナシ以外なら、まだまだ彼の気持ちを振り向かせることだって可能ですよ!

彼が食いつきそうな話題を振る

付き合う前の連絡少ない状態は、単に共有できる話題が不足しているだけかもしれません。恋愛成就したいなら、彼のデータ収集は必須ですよ!彼が食いつきそうな話題を振ってみましょう。

彼がスポーツをしているならスポーツの話を、車が好きそうなら車の話を提供するのです。男性は積極的なコミュニケーションが苦手だったり、マニアックな人が多かったりするので、食いつきそうな話題で連絡してあげれば、喜んで話しだしてくれるでしょう。

暇そうな時間にメッセージを送る

女性は彼からの連絡少ないと悩んでいるかもしれませんが、もしかすると、連絡するタイミングが悪すぎるだけかもしれません。
まわりにいませんか?忙しい時間帯に限って連絡してくる人……。「いまじゃなかったら、返信できたのに」って。

タイミングの悪さが続くと、「付き合う前からこれなら縁がないのかも。もういいや」って飽きられてしまいます。「ヒマしてる時間教えて?」と、彼に思い切って聞き出しちゃいましょうね。

あえてこちらからの連絡を減らす

女性から頑張ってプッシュしているのに、彼は連絡少ないまま。そんなときは、あえてこちらからの連絡を減らしてみましょう。もしかすると、付き合う前の女性からの定期的なアプローチに、彼は安心しきっているのかもしれません。

女性のほうが自分を好きでいてくれると安心している男性は、揺さぶると動きます。連絡が来ているから大丈夫という心理から、「連絡が減った!なんとかしなきゃ」という心理に切り替わるのです。

連絡を途絶えることをしたくないなら、彼からきっと返信が届くはず。万が一、そのままスルーなら、あなたも違う恋愛へと進むよいきっかけとなるでしょう。

彼が返しやすいように「?」を使う

付き合う前の男性がLINEやメールを苦手だと思うのは、面倒くさかったり、意味がないと考えたりしているから。ほかにも「メッセージに何を書けばよいかわからないから」という、女性からするとかなり不可解な理由もあります。

男性は、本当にコミュケーションに疎い人が多いです。
だからこそ、彼がLINEやメールで返信しやすいようにレールを引いてあげちゃいましょう。文章を疑問形にして「?」記号を使うようにするのです。そうすると、《この質問に対する答えを書けばいいんだ!》と男性の返信する目的をつくることができるでしょう。

まとめ

男性は「この子と付き合いたいから連絡してみよう」など、明確な目的が持てないと行動できない生物です。

また性別の違いによる価値観の差もあるので、女性のように《付き合う前の連絡少ない=脈ナシ》とは言い切れないといえるでしょう。

大切なことは、彼からのメールやLINEの内容に好意がちりばめられているかどうかということ!脈アリを見極めたら、彼から返信を多くもらえるコツを意識したメッセージづくりをしてみましょう。

男性は居心地のよい女性に好意を抱く傾向があります。返信しやすいメッセージをつくってくれる女性なら、男性もきっと「苦手なLINEやメールも、この子となら楽しくやっていけそうだ」とふたりの未来を期待してくれることでしょう。(hayakyo/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事