2019.12.16

交際後の男性に起こる心境の変化を意識して、「愛され彼女」街道を爆進しよう!

どうもあかりです。
男性には交際開始後、いろんな心境の変化が起こります。
良いものも悪いものも含めて、そういうものですから、それに一喜一憂するよりも、あらかじめどういう変化が起こりそうかを知っておいた上で、先回り的に行動をすることで、余計な不安に陥らないようにしたり、また反対に、より愛されるような工夫をしたりすることができると思います。
この記事では、交際後の男性に起こる心境の変化を紹介しながら、変化ごとに、私たちがすべき立ち居振る舞いについて考えていこうと思います!

「交際後、すぐ冷める」と揶揄されがちな男性たち。
その一番の原因は、「もう、彼女のこと全部手に入れちゃったからな~」と調子に乗ってしまうことです。
まだ「お付き合いしてもいいですよ」くらいの気持ちで彼の告白にOKをしただけというのにもかかわらず、勝手に、能天気に、「もう全部俺のもの~」と有頂天になってしまっているのです。
そもそも男性にとっての「好き」の原動力は、「追いかけること」。
ですので、付き合ったあとにも「まだ追いかけたい」「追いかける必要がある」と思わせることが重要です。
とはいえ、露骨に他の異性の陰をチラつかせて彼の不安を煽るような行動は不適切ですし、マナー違反。
そこで、ぜひ次の2つの観点から、「追いかける余地」をあえて残してみてください。

「ちょっとかたい」と思われるくらいの距離感キープ

まだ、彼にとって「なんでも思い通りになる彼女」になるのは早いです。例えば、たまに「親が厳しくて、大学生のときはお泊まりも禁止で、結婚するまで同棲禁止だった~」みたいな女性がいるけど、そういうのだとわかりやすく「追いかけたい」と思われます。まあこれは親の影響による意図せぬ結果ですが、「障壁のある恋」というのは燃えるのです。浮気・不倫だけじゃありません。正統派の恋愛だって、浮気や不倫ほどではないかもしれないけれど、ちょっとした歯がゆさ、思い通りにいかなさがあった方がいいです。

彼以外の世界をちゃんと持ち続けること

彼以外の世界があるということは、「彼に依存していない」ということです。男性が自分に依存してくる彼女に飽きてしまうのは、その愛情が重すぎるからじゃなくて、「もう100%彼女を手に入れてしまったから」。
仕事を一生懸命にやっていて、たまに会えない日があったりするだけでも十分です。そうすると彼は、「俺を最優先させたい!」と頑張り続け、「追っかける」状態が継続します。

彼らが調子に乗るのが得意だというのはすでにお話したとおりですが、それゆえに、付き合った瞬間からすでに「もう俺のことは全部100%愛してくれたんだ!」という勘違いも頻繁に起こります。
しかし繰り返すように、たいていの女性にとって「付き合う」とは、「とりあえず付き合ってみてもいいかな」程度のもの。
とてもじゃないけど、「この人のことを全部大好きになった」という状態ではないのです。
しかし男性はそんな勘違いをしているために、付き合いだした途端に余裕をぶっこき始めて、デートに遅刻したり、汚い部屋に彼女を招いたり、元カノその他の異性の話を平気でしてくるようになりがちです。
「こういうところも含めて、俺のことを受け入れてくれてるんだろ?」という油断が根底にあるわけですよ、全部。

これに対して、彼女としては当然、「そういうことじゃないから」とピシャリと喝を入れてあげる必要があります。
付き合った途端にテキトーな感じになってしまった彼に対して「この人は本当はこういう人だったんだ……」と落胆するんじゃなくて、「あ、勘違いしてる」と考えて、「そういうの、違うよ」と、表現はマイルドでもしっかりと指摘をしてあげること。そうすることで彼は、「あ、ヤベ。調子に乗ってたわ。ちゃんとイイ彼氏でいてあげないと」と思い直してくれます。

交際初期にこうやって適切に対応をしておいてあげないと、男性はそのままズルズルいってしまって、結果的に彼女も幸せになれません。
交際直後、男性は『全部愛された』という勘違いゆえに"劣化"しがち」ということを知っておくことが大切です。

付き合った直後から勘違いの多い男性ですが、いい方向の勘違いもあります。
「彼女はもう俺のことがだーい好き!俺とのデートでは、何をされるにもドッキドキだし、俺が連れていく店、俺の服装、髪型、振る舞いの全てに対してキュンキュンしているんだ」
こういう"うぬぼれ"です。
「どうやったらそんなにポジティブになれるんや……」と少し呆れてしまいますが、でもこのうぬぼれは、彼女にとっては好都合です。
このうぬぼれがあるからこそ、彼女のために一生懸命おいしそうなお店を探して、予約して、彼女をエスコートして、テーブル越しにとびきりの面白い持ちネタを披露して、彼女をお見送りして、最高のエンターテイナーを演じてやろうというモチベーションが湧いてくるのです。
なので彼女としては、なるべく彼のこのうぬぼれを消さないように、調子に乗らせ続けてあげることが大切。
男性にとって、恋愛とは「好きな女を楽しませて幸せにすること」だから、このうぬぼれが続く限り、「今の恋はうまくいってる」と感じ続けてくれるのです。逆にこのうぬぼれが消えると、一気に男性は彼女に対する興味を失っていきます。エンターテイナーでいられない舞台に立つことの魅力を感じないからです。
男性のうぬぼれに応えるには、とにかくシンプルに「楽しそうにする」に限ります。
彼の話に積極的に笑う・「楽しい」と言う・ニコニコする。
この3つだけで本当に十分なんです。心がけてみてね。

よくこのように言います。男性がLINEを一生懸命に頑張って送ろうとするのは、ある女性をゲットしたいと思っているときで、ゲットした後は、LINEに力を入れなくなる、と。
たしかにその傾向があると私も強く思います。実体験でもそうだし、男性からの声を聞く限りでもそうです。

つまり「好きだからLINEを送る」のではなく「ゲットしたいからLINEを送る」ので、好きでもゲット済みの彼女に対しては、LINE以外の方法での愛情表現が始まるということなんだと理解しましょう。
ここで「好きだからLINEを送るはず」と思っていると、LINEが来なくなった=好きじゃなくなったと誤解してしまいますので、要注意です。
ですが男性は、LINEを通じて好き好きアピールをしなくなった代わりに、ちゃんとデートでやるべきことをやってくれているものです。
「LINEが減った」と嘆くんじゃなくて、デート中に彼がきちんとあなたに愛情を示してくれているのであれば、それ以上文句は言わないというのがあるべく姿だと思います。
彼氏的には「デートで伝えてるし十分」と思っている以上、彼女の側から「デートだけじゃ足りない!LINEもしてほしい!」とおねだりするのはちょっとわがままな気がするからです。

今までは、「ただの友達」だったので、デートの回数もそこそこでしたが、彼女ともなれば、デートの回数は当然めっちゃ増します。そうすると今までよりも予定が詰まって、毎日が忙しくなります。だったらLINEくらい、多少送れなくなっても仕方ないんじゃないかと思いませんか?

先ほども触れたとおり、交際後は「冷たくなりがち」な男性。
そのひとつの側面には、「愛情表現が減る」というのもありがちです。
付き合う前はあんなに「かわいい」とか「好き」とか言ってくれてたのに、付き合った後の方が、減ってない?
なんて感じることもあるほどです。

これには「告白」というものが影響しているんだと思います。
ようするに、「俺は告白を通じて、すでに『好き』と誓っている。だからもう、役目は果たしたよね?」というのが彼らの"言い分"です。
ハッキリ言って、全然役目を果たしてなんかいないし、付き合った後もお互いに「好き」と伝えていくことがずっとラブラブでいるためには必要に決まってるだろ!とポカポカ殴ってやりたい気持ちですが、まあたしかに「告白」という大役を果たしてくれたという事実は評価してあげたいですね。

ですので、もしも付き合ってから愛情表現激減してるかも……という不安を感じたときには、なるべく自分から彼に積極的に愛情表現をしてあげるようにしましょう。
好きな者同士なのです。相手からされれば、自分もしてみようと思うのが普通です。
一番よくないのは、彼の愛情表現が少ないことを「愛されてないんだ」と独りで勝手に決め込んで、自分からは彼に何もせずにいることです。そしてこれが一番ありがちなパターンでもあります。

交際後訪れる、彼氏・彼女間で一番起きがちな心境のギャップ。
それが「エッチに対する積極性」です。
一言で言うと、ほとんどの男性は「付き合ったんだし、ヤリまくりてぇ」と、交際初日から強く考えます。
対して女性は、性欲のために彼を愛していませんので、というかそもそも、繰り返すように付き合った瞬間はそこまで彼のことを深くは愛していないので、到底この彼氏側の気持ちには追いつけません。

運よくあなたがこの彼のモチベーションに対抗できるほど強い性欲を持っていたらいいのですが、そうでない場合、ときおり彼の強すぎる性欲に疲労感を感じることもあるかもしれません。
そういうときには、なるべく彼に「え、俺のこと嫌いなの?」と誤解されないようにマイルドに、「エッチ以外も大事なんだよ」と伝えてあげてください。
「今日もおうちデートでいい?」みたいに、明らかにエッチを目的としたデートの誘い方をしてきたときに、「外でご飯の気分。おうちデートはこの前したからさ」と返事をしてあげるだけでもいいです。

「彼女のセフレ化」というのは恐れなくてはいけない現象です。
当たり前のようにヤルことだけで"ちゃんと愛した"ことにしてくれる(悪い意味で)やさしすぎる女性は、"セフレ彼女"になってしまいがちです。
エッチを通じて愛を深めることはもちろん大切ですが、エッチを通じてしか愛を深めてこなかったカップルは、数ヶ月経ち彼氏の性欲が落ち着いてきた頃、壊れます。
この危機感をもって、さりげなく彼を裏からコントロールしてあげることを忘れないでね。

お付き合い開始から、一気に「愛され彼女」の道を駆け上がるために必要なエッセンスは全て詰め込んだつもりです。ぜひ頭に叩き込んで、あなたのこれからの恋愛に活かしてもらえたら、幸いです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事