2020.01.15

ボディタッチをしてくる男性心理は?部位別に好意ありか下心アリかを徹底解説

ボディタッチと聞くと女性が使う恋愛テクニックのイメージがありますよね。
男性が女性にボディタッチをするのも好意があるからでしょうか?

そんな男性からのボディタッチの心理について一緒に考えていきましょう。
これからボディタッチの部位別に男性心理をご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

ボディタッチをしてくる男性心理が知りたい


女性がボディタッチするときは「好きだから気づいて!」という気持ちとして送りますよね。

男性がボディタッチする場合はどんな心理で女性を見ているのでしょうか?
それが好意なのか、下心なのかボディタッチする部位によって違いがありそうですね。

そんな男性心理の特徴についてもくわしくご説明していきます。
女性からするとあまりピンとこない男性のボディタッチについて触れるので、しっかり頭のなかに入れてください。

ボディタッチをする男性心理の特徴

男性がボディタッチをするときはどんな気持ちを抱いているのでしょうか?
これからいくつかの特徴をあげていくので、しっかり抑えてください。

単なるスキンシップ


男性からボディタッチをされると「私のことが好きなのかな?」と好意を感じますよね。
しかし、男性のなかには好意があるわけでもなく、ましてや下心もなくコミュニケーションのひとつとしてボディタッチをする人がいます。

女性からすると「なにが言いたいのかな?」と思う行動でもまったく意味がないこともあります。ボディタッチをスキンシップだと思っている男性は無意識に女性をドキっとさせるモテテクニックを使っていることになりますね。

好きな人へのアピール

男性がボディタッチをする心理として女性にもわかりやすいのは「好きな人へのアピール」となります。ボディタッチをすることによって「好きだよ」「もっと仲よくなりたい」と伝えようとしています。

体に触れることでその温もりを感じたいと思う気持ちと、温もりをあたえることでふたりの距離をグッと近づけたいという心理が生まれるからです。
このタイプの男性は女性に伝わりやすいようなボディタッチをする特徴を持っています。

どう思っているのか確認したい

男性は「好きだけれど、俺のことどう思っているのかな?」と考えてボディタッチをすることがあります。ボディタッチをしたときの女性の反応を見て「好きかな?」「嫌われているのかな?」と様子を見たりします。

まるで男性のなかではボディタッチが心理テストのようになっており、ボディタッチをする部位にも慎重になるでしょう。
あなたの気持ちを確認するためにドキドキしながらボディタッチをすることもあると覚えておいてください。

下心で触っている

好きでもないのに、ただ下心だけで女性にボディタッチをする男性もいます。
たとえば、お尻や胸、太ももなどボディタッチをされるとドキっとする心理になる部位を中心に触れてくるでしょう。

このように下心でボディタッチをしてくる男性はいやらしい特徴を持っているので、すぐに「おかしい」と気づくはずです。

このとき顔がにやけていたり、さりげなくボディタッチをしているように見せかけてくるのできちっとした対応をすることが大切となります。

付き合っているなら愛情表現のひとつ

いままで男性からのボディタッチについてご紹介してきましたが、これが彼氏なら愛情表現だと言えます。

ボディタッチをするのは「大好きだよ」と愛情をそそぐ心理からなので、彼氏がそう伝えたいときにしてくれるでしょう。

お付き合いしている彼氏とは手をつないだり、ハグしたりして愛情を深めていくので、この場合のボディタッチは恋愛テクニックなどではなく純粋な愛情を表すものだと考えてください。

ボディタッチの部位別で違う男性心理

男性からのボディタッチはその部位によってこめられた気持ちに違いがあります。
これから具体的な部位とその男性心理について考えていくので、ぜひ参考にしてみてください。

「頭」へのボディタッチ


男性が頭をポンポンと触れると女性はかなりドキッとしますよね。
そっとボディタッチされることによって「いい子だね」とほめられたり「大丈夫だよ」と励まされている気持ちになったりします。

また、頭はボディタッチをされる部位としてはときめきを感じるものとなります。
自然にこれができる男性はモテテクニックを使っているのでモテたい心理がうかがえます。

ところが、男性からするとこのボディタッチは「自分より下」という位置づけになるので恋愛としてはあまり意味がないことが多いようです。

「顔」「首」へのボディタッチ

「顔に触れたい」と思うのはすでに「好き」という感情が生まれている証拠なので、男性が顔へボディタッチをするのは好意がある表れです。
顔に触れてお互いの目があうとそのままキスをイメージさせるほどボディタッチとしては強い意味があります。

また首はボディタッチしにくい部位ではありますが、男性が後ろからハグをしてきたりすると触れたりします。
もちろんハグも好きだからするので、好意を寄せられているでしょう。

「手」へのボディタッチ

男性が手にボディタッチをしてくるときはその触れ方によって気持ちが違ってきます。
たとえば「手が小さくてかわいいね」とそっと触れてじっと見るようなら、好意を持たれていますが「俺のことどう思っているのかな?」としっかり様子見をされているでしょう。

また、あなたの手に自分の手を重ねて「これからふたりで出かけない?」と誘われたら、ちょっと下心があると言えます。
ボディタッチしてきた男性の顔の表情などからどんな気持ちかきちっと見極めることが大切です。

「肩」「背中」へのボディタッチ

肩はコミュニケーションをとるときによく使う部位ですよね。
呼び止めるときに肩をたたいたり、ぐっとつかんだり、わりと気軽にボディタッチします。

これが肩を抱き寄せたりする場合は「俺のこと好きでしょ?」と上から目線の気持ちが見えますね。また「疲れていない?」と肩をもむようなら下心からしていると判断しましょう。

背中は女性と歩いているときにそっと押すと触れる部分なので、その反応からどう思われているか確認しています。

「腕」へのボディタッチ

腕も肩と同じように呼び止めるときにつかむことがありますよね。
ぐいっとされるとときめきを感じる部位とも言えます。

基本的に腕へのボディタッチの見極め方は周りの環境にあると考えましょう。
たとえば、人がたくさんいる場所で腕をつかまれたら、先ほど言ったとおり「呼ぶ」くらいしか意味がありません。

しかし、ふたりきりのときに腕をつかまれたら「俺の気持ちに気づいて!」という強いアピールとなります。男性の様子などからどんな気持ちなのかしっかり判断してください。

「二の腕」「お腹(脇腹)」へのボディタッチ

二の腕はとてもやわらかいので女性らしさを感じる部位として、そこへのボディタッチはいやらしい下心しかありません。

また、お腹の脇腹もボディタッチする部位ではないですよね。
これも同じでお腹もやわらかく男性からすると下心をくすぐられると言っていいでしょう。

ただ、お腹をちょっとつっついてボディタッチをしたときに、びっくりするあなたの反応を見てニコっとするのなら、構って欲しいという気持ちの表れかもしれません。

「腰」へのボディタッチ

腰にはあまりボディタッチのイメージがありませんよね。
触れると考えると、それは腰に手をまわすときでまさに下心丸出しの状態といえますね。

そっと耳もとで「これからふたりきりになれるところへ行こう」とつぶやいて、遊ぼうと思っていることが見え見えの行動をとったりするでしょう。

ただ後ろからハグするときに腰に手をまわすことがありますが、これが許されるのは彼氏だけなので、基本的に下心があるから腰にボディタッチをすると考えてください。

「太もも」へのボディタッチ

太ももは、胸やお尻と同じでボディタッチされると「いやらしい」と感じますよね。
たとえば、となりに座っているときにそっと太ももに触れて体をくっつけてくるようなら完全に下心があると言えます。

もし、あなたに好意を抱いている男性なら「嫌われるから」と太ももはさけてボディタッチをしてくるので、太ももはNGと判断できます。

こうして太ももにボディタッチしてくる男性はとても大胆なので、きちっと「嫌だ」と伝えないといつまでも触り続けることも考えられるので注意してください。

「膝」へのボディタッチ

膝もボディタッチするには触りにくい部位となります。
先ほどの太もものようにそっと手をおいてくるのなら、それはいやらしい気持ちからそうしています。

しかし、膝の場合はとなりに座っているときに近づくと膝同士がくっつくことがあります。
それは「好きだからもっと仲よくなりたい」と男性が思っているからで、自然と距離が近くなり膝に触れてしまいます。

このようにボディタッチされても嫌な気持ちにならないのなら、好意的に受けとっていいでしょう。

「髪の毛」へのボディタッチ

髪がサラサラしていると思わず触りたくなる男性はとても多くいます。
こうして「触れたい」という感情があるのなら、それは好きだからと言えますね。

髪の毛のお手入れが行き届いている女性は男性から見ると魅力的なのも、女性らしさを感じる部位だからかもしれません。

「いつもサラサラだね」と慣れた手つきで女性の髪にボディタッチをしてくるようなら、モテたいと考えているか、下心があってあなたを誘いたいと思っているかなので気をつけてください。

男性の下心ありなボディタッチの見極め方

ボディタッチの部位によって違う男性心理について勉強してきましたが、すぐに下心ありだと見極める方法があります。

しっかり覚えておきましょう。

すぐベタベタと触る


好意のあるボディタッチは「そっと触れる」ことによって自分の気持ちを上手に伝えようとしますよね。

ただ下心があるといやらしい気持ちがあるかぎりベタベタと触り続けるので、しつこさからすぐに気がつきます。

あなたの気持ちも考えず自分の気が済むまでと自分勝手なところがあるでしょう。

いろいろな女性にボディタッチをしている

好意がある女性にボディタッチをする男性ならひとりの女性にしか触れたりしないですよね。

しかし、いろいろな女性にボディタッチをする男性はだれでもいいので下心を満たしたいと考えています。

まわりの女性みんなに手を出すようなことをするので見極めることが簡単にできるでしょう。

男性からボディタッチされたときの反応の仕方

ボディタッチをすることであなたの気持ちを確かめたい場合もあるので、されたときの反応の仕方にも注意が必要です。

どんな相手にどういう反応をしたらいいのか、一緒に学んでいきましょう。

好意がある相手への反応の仕方


好きな人からのボディタッチなら「私も好きだよ」という反応で返しましょう。
たとえば、顔にそっと触れられたら「ドキドキしちゃう……」とかわいらしく恥ずかしそうに言うと男性もぐっとくるはずです。

また、お腹をつっつかれたら「くすぐったいよ!」と男性のお腹をつんつんし返すと上手にコミュニケーションがとれてふたりの仲が深まってくるでしょう。
好意がある男性にはこうしてボディタッチに反応して楽しいと表現すると好印象が残せます。

興味がない相手への反応の仕方

そもそも興味がない男性からボディタッチをされるととても嫌な気持ちになりますよね。
こういうときは、手を思いっきり払いのけたり、「やめてください」としっかり気持ちをぶつけることが大切です。

ここで「仕方ないから我慢しよう……」と考えて喜んだふりをしたり、ボディタッチを返したりすると男性は勘違いして喜んでしまい、もっとしつこくボディタッチをしてくるようになります。

きちっと態度と言葉で「嫌だ」と伝えましょう。

男性からのボディタッチは見極めが大事


ついボディタッチをされると「もしかして好かれている?」と感じがちです。
男性がボディタッチをしてくる部位によってこめられた気持ちに違いがあるので、まるで心理学を勉強しているようでしたね。

部位だけに注目するのではなく、そのときの男性の表情などから気持ちを読むことも大切です。

まず好意があるのか、下心なのかをしっかり見極めてボディタッチへの反応の仕方にも気をつけてください。(菜花明芽/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事