2020.02.27

好き避け男子の本音とは?本音やLINEの特徴など

好きな男子に避けられたり、冷たい行動をとられると「嫌われている」と思うもの。そして、多くの人は「この恋は諦めよう」と思うでしょう。

しかし、男子の中には好きだからこそ、逆の行動をしてしまう人も少なくありません。「本当は、仲良く話をしたい」と思っているにも関わらず、あなたが話しかけるとどうしてよいのか分からなくなり、冷たい態度をとってしまうことも。

この好き避けに気づかず、「脈なし」と判断してしまうと実るはずの恋も実らなくなってしまいます。

好きな男子に避けられたり、冷たくされた時にはすぐに諦めるのではなく、好き避け行動かチェックすることが大切です。

この記事では、男子の本音や好き避けの特徴などをご紹介します。
あなたは、好き避け男子という意味を理解していますか。聞いたことはあっても、意味を理解していない人も多いはず。

男子の好き避けに気づかず、「嫌われている」と思い込んでしまうと、せっかくの両想いが実らなくなってしまいます。

では、好き避け男子についてご紹介しましょう。

好き避けの意味


好き避けといわれても、ピンとこない人もいるはず。好き避けとは、好きだからこそ上手に感情を表せない人のことをいいます。

「好きなのに、どうして避けるの?」と思われる人もいるかもしれませんが、子供のころ、よく好きな子にいたずらする男子がいたはず。これは、好きだからこそ、ちょっかいをかけたくて起こしている行動。好き避けもこれと同じように、好きなのに逆の行動をしてしまう人のことを言います。

大人になっても、その行動を起こしてしまう男子が好き避け男子。「男子中学生、男子高校生か」と突っ込みたくなる女性もいると思いますが、その裏に好きが隠れていると思えば、可愛い行動と思えるのではないでしょうか。

ツンデレに近い

好き避けをする男子は、好きな女性から話しかけられてもついつい冷たくしてしまいます。冷たくされた側は、「私のことが嫌いなんだな」と思ってしまいがちですが、男子側としては好きだからこそ、うまく話すことができません。

そのため、ツンデレに近い行動といえるでしょう。本当は、心の中では「仲良くしたい」と思っていても、ついつい本人を目の前にしてしまうと、冷たい態度をとってしまいます。

思っている行動と逆の行動をとってしまうなんて、なんだか男子中学生の様ですが、その本音を知れば、「かわいらしい行動」と思えるのではないでしょうか。
好きな人には、「良く思われたい」と思うもの。そのため、好き避け行動が理解できない女性も多いでしょう。

しかし、男子の本音を知れば「かわいい」と思えるはず。冷たい態度や避ける行動の裏には、あなたへの愛情が隠れていることが分かれば、受け入れることもできるのではないでしょうか。

では、好き避けをする男子の本音についてご紹介しましょう。

好きだけど素直に接することができない


好きな女性の前にいくと、緊張して素直に気持ちが伝えられないという性格の男子が多くいます。「話をしたい」「距離を縮めたい」という思いがあるものの、思うように行動に移せず、冷たくしてしまう人も少なくありません。

中には、「好きという気持ちを知られたくない」と思い、冷たい態度になってしまう男子もいるでしょう。

そんな男子の多くは、自分に自信を持てません。自分に自信がないから、声をかけたり、アプローチするのも苦手。

そんな男子の本音を知ると、「なんだ、そうだったんだ」と優しい気持ちになれるのではないでしょうか。

好きだからこそ臆病になってしまう

好き避けをする男子の中には、あまり恋愛経験がないという人もいます。自分に自信がない男子は、自分から積極的にアプローチをすることができないでしょう。

そんな臆病な男子も、好き避け行動をしてしまいがち。臆病だからこそ、積極的に話しかけられない、話しかけても対応できないという男子もいます。

「距離を縮めて、嫌われたらどうしよう?」「話しかけて、おかしな人と思われたらどうしよう」と心配になり、会話ができなくなってしまう男子も少なくありません。

「好きだからこそ嫌われたくない」という思いが、裏腹な行動になってしまうこともあるでしょう。
好き避け男子という存在を知ると、「もっと、積極的にアプローチすればよいのに」と思われる女性も多いでしょう。女性にとっては、やはり男子から積極的にアプローチしてもらった方がうれしいもの。

しかし、好き避け男子にはそれなりの理由があります。その理由が分かれば、女性も納得できるはず。

では、好き避け男子の心理についてご紹介しましょう。

好きだけど周りに見られるのが恥ずかしい


好き避け男子は、周りの目が気になる人が多い傾向にあります。「自分から話しかけたら、周りから好きなのがばれてしまうのでは?」「俺なんかがアプローチしたら、周りの人がどう思うだろう?」と思うと、行動を起こせなくなってしまいます。周りの目が気になることで、好き避け行動になってしまう男子もいるということ。

もちろん、周りの人はそんなに人のことをチェックしている訳ではありません。本人だけが、周りの目を気にしていることに気づくことができません。

好きだけど思い通りにならないなら自分から拒否

好き避け行動を起こす男子の中には、「どうせ、告白したって振られるだけだから」という理由で、あえて好き避け行動をしている人もいます。

アプローチしても、告白しても、「どうせ振られる」と思い込んでいる男子は、「アプローチしたところで、思いどおりにならない」と思い、わざと好きな女性に冷たくしたり、避けたりします。

その理由を聞くと、「どうして、最初から振られると決めつけるのだろう?」「振られるからって、どうして冷たくするの?」と不思議に思われるかもしれませんが、そうすることで、自分が傷つかないように防御しているのかもしれません。
好き避けをする男子の中には、嫉妬から好き避け行動を起こす人もいます。嫉妬というと、女性のイメージを持つ人も多いと思いますが、男子も嫉妬に苦しんでいる人が少なくありません。

そんな嫉妬する男子は、好き避け行動を起こしてしまいます。そして、その行動にはパターンがあります。

では、嫉妬による好き避け男子の特徴をご紹介しましょう。

いきなりLINEで冷たくする


嫉妬により好き避けをする男子の中には、いままでは仲良く話をしていたのに、突然冷たい態度に変わる人がいます。

そんな男子は、ほかの男子と話をしている姿を見かけたり、ほかの男子と仲良さそうにしているところを見たことで、急に冷たい態度に変わります。

なぜなら、他の男子と接している姿に嫉妬しているから。その嫉妬心のぶつけ方が分からず、好きな女性に冷たい態度をとってしまいます。

女性に対しても、男子に対しても、何も行動できない人ほど、こういった冷たい態度に変わる傾向にあります。

突然のブロック

好き避け行動をする男子のパターンとして、突然LINEなどをブロックしてしまう人も少なくありません。

いままで、ふつうに連絡を取っていたのに、突然連絡などが取れなくなると、誰だって心配になるもの。何度も連絡を取ろうとしたり、会いに行く人もいるでしょう。

やっと連絡が取れ、「何かあったの?」と聞いたら、平然と「何もない」と答えるでしょう。これも嫉妬による好き避け男子の行動の特徴のひとつです。

突然ブロックするには、女性と連絡を取ってもどう対処したらよいのか分からない気持ちとかまってほしいという気持ちが隠れています。

「俺じゃないほうがいい」など別れをにおわせる

好き避け男子と交際している人の中には、突然「俺じゃないほうがいい」などといわれ、別れを切り出された人もいるでしょう。

実は、こういった突然の別れを言い出すのも、好き避け男子のパターン行動のひとつ。嫉妬を自分で認めることができず、相手に問いただすこともできないため、自分が楽になるために別れを選ぼうとします。

中には、別れ話をして彼女の気持ちを自分に向かせようとする人もいるでしょう。

○○が好きなんでしょと聞いてくる

基本、嫉妬する好き避け男子は自分に自信がありません。そのため、女性が他の男子と話したり、楽しそうにしている姿を見ると、「振られるかも」と思いこんでしまいます。

その結果、「〇〇が好きなんでしょ」と彼女からすればトンチンカンとも思える質問をすることに。

しかし、これは一生懸命自分の気持ちや不安を伝えようとしているのです。そんな時には、「何を言っているの?」と突き放さないこと。「どうして、そうなるの?」と思っても、「私が好きなのは〇〇だよ」と伝えることで、安心させることができます。
好き避け男子には、LINEにも特徴が現れます。ということは、LINEのやり取りをチェックすれば、本当に避けているのか、好き避け行動なのかも判断できるということ。

好きな男子から避けられている人、冷たい対応を取られている人は、ぜひ特徴をチェックして好き避け男子かどうか判断してみましょう。

では、好き避け男子のLINEに見られる特徴をご紹介します。

テンションの上がり下がりが激しい


好き避け男子は、LINEでのやり取りでテンションが変わりやすいという特徴があります。LINEでのやり取り中、テンションが高いと思っていたら、一気にテンションが下がってしまいます。

このテンションは、あなたとの関係への安心感と不安感を表しているといえるでしょう。楽しく会話をしている時には、あなたの愛情を感じることができるものの、ほかの男子の話題になると「そいつのことが好きなのでは?」と不安になり、一気にテンションが下がることになります。

会話の内容で一喜一憂するような対応をする場合には、好き避け男子の可能性が高いといえるでしょう。

突然のブロック&解除(アピール)

好き避け男子は、気持ちが行動に表れるのも特徴的。LINEでも、あなたとの関係が「うまくいっている」と思う時と、「どうせ振られる」と思っている時では、対応が変わってきます。

「もしかしたら、振られるかも」「他の男子と付き合うかも」と思った時には、自分が傷つかないようにブロックします。逆に、「俺に気があるかも」「俺たち、うまくいっている」と思えばブロックを解除し、そのことをアピールする傾向にあります。

客観的に見れば、子供っぽい行動ではありますが、自分の気持ちを素直に伝えられない好き避け男子らしい行動といえるでしょう。

ネガティブな発言でフォロー待ち

好き避け男子は、どちらかというとかまってちゃんが多い傾向にあります。好きな人の気を引こうと、必死で行動を起こす人も多いです。

そのため、わざとネガティブな発言をして、あなたからのフォローを待つ男子も。ネガティブな発言をすれば、あなたがフォローしてくれると思っています。

そして、「そんなことないよ」「大丈夫だよ」とあなたから声をかければ、一気にテンションが上がるでしょう。

いきなり「好きだけど別れる」発言

気持ちの上下が激しい傾向にある好き避け男子は、付き合っている彼女に対しても自分に自信が持てません。

そのため、突然「好きだけど別れる」と発言することもあります。この発言は、「好きだけど」と加えているところが特徴。単に「別れる」と言ってしまえば、「本当に別れることになる」という危機感があるため、あえて「好きだけど」と加えています。

なぜなら、彼女から「どうして」「好きなら、別れる必要がないでしょ」という言葉を期待しているからです。

嫉妬でLINEを無視

嫉妬により、好き避け行動をしている男子はLINEをしても無視をします。なぜなら、嫉妬による怒りの気持ちを抱えているから。「どうせ俺なんて」「ほかの男の方がよいんだろう」という気持ちから、素直に返答することができません。

いつもは、既読になるとすぐに返信がくるにも関わらず、既読スルーが続くような場合には、何かに嫉妬しているかもしれません。

この嫉妬は、怒りと同時に無視をすることで自分に気持ちを向けたい、自分の気持ちに気づいてほしいというアピールともいえるでしょう。
女性の中には、意中の男子から冷たい態度を取られている人もいるはず。好きな人から、冷たい態度をとられれば悲しいものですが、それが好き避け行動と分かれば、「自分からアプローチするしかない」と思うでしょう。

彼の本音が分かれば、脈ありなのか脈なしなのかも冷静に判断できるということ。

では、好き避け男子を落とすためにはどうすればよいのか、攻略法をご紹介しましょう。

「好き」をはっきり伝える


女性は、好きな男子からアプローチされるというのは嬉しいものです。しかし、男子の中には好きだからこそ、素直に行動できなくなってしまう男子も少なくありません。

そんな男子の中には、自分に自信がないからこそ、好き避け行動を起こしてしまう人も。そんな男子を好きになったら、あなたの気持ちを素直に伝えることが必要。「好きです」とあなたの気持ちを素直に伝えることができれば、相手も自分の気持ちに素直になれるでしょう。

好き避けアピールで諦めない

好きな男子から、避けられるような行動をとられれば、「これは、脈がないんだな」と思いがち。しかし、彼の行動から「これって、好き避けかも」と思った時には、諦めないことが大切です。

好き避け男子の多くは、自分から素直にアプローチすることができないため、攻略するためには女性から行動を起こさなければ関係性を変えることはできません。

「彼と付き合いたい」と思うのであれば、どんなに好き避け行動をとられても諦めずに、あなたの気持ちを伝え続けましょう。

褒める&褒める

好き避け男子は、はたから見れば「面倒な人だな」と思うものです。しかし、好き避け男子の中には、過去の恋愛がトラウマとなり、自分に自信を無くしてしまっている人も少なくありません。

そのため、そんな好き避け男子を攻略するためには、彼を褒め、自信を取り戻させることも必要です。「こんなところがいい」「こういうところがすごいよね」と褒め続ければ、彼もまんざらではなくなるはず。自分に自信を取り戻すことができれば、あなたへの気持ちも素直に伝えられるようになるでしょう。

LINEは待たずに自分からする

多くの女性は好きな男子ができても、男子からのアプローチを待ってしまうもの。しかし、好き避け男子の場合には、待っていてはふたりの関係が前進することがありません。

そのため、LINEなども待たずに、あなたから積極的に連絡しましょう。何度もしつこく連絡をする必要はありませんが、あなたがいちどLINEをすれば、彼もしやすくなるはず。最初の一歩は、あなたからはじめましょう。
好きな男子と付き合うことができれば、うれしいもの。しかし、相手が好き避け男子となれば、愛情があっても「めんどくさいな」と思うこともあるでしょう。好きだったはずの男子への気持ちが、好き避け行動により冷めてしまうこともあります。

では、好き避け男子のめんどくささと上手に付き合うにはどうすればよいのか、上手な向き合い方をご紹介しましょう。

依存されぎみならお互いのために自立を促す


自分に自信のない好き避け男子は、彼女ができると、彼女に依存してしまう人がたくさんいます。何をするにも、「彼女と一緒」「彼女がいなければ」と思ってしまう男子も少なくありません。

そんな依存しがちな男子の場合には、あなたの方から上手に自立を促すとよいでしょう。たとえば、「たまには、友達と遊んで来たら」「ひとり行動できる男子って、かっこいいよね」などと、上手に持ち上げることができれば、その気になってあなたの理想の男子像に近づこうとするでしょう。

試すアピールをされると悲しいと伝える

気分が落ち込んだり、自分に自信がなくなるたびに、あなたの気持ちを確かめるために、「別れよう」という好き避け男子もいます。別れようといわれるたびに、「またか……」とめんどくさくなるでしょう。

そんな時には、「別れよう」と言われたとき、どれだけ悲しい気持ちになるのか彼に伝えてみましょう。悲しい気持ちにさせていることに気づけば、彼も気軽に別れ話などはしなくなるはずです。

「私は○○くんが好き!」と伝える

交際しているにもかかわらず、ふたりの関係に不安を持っていたり、自分に自信を持てないような好き避け男子の場合には、あなたが「好き」という気持ちを伝え続けるとよいでしょう。

特に、過去の恋愛にトラウマがある男子の場合には、どんなに交際が順調に進んでいても常に不安を抱えてしまいます。「過去の恋愛とは違う」ということを理解させるためにも、気持ちを伝え続けることが大切です。

自信が持てることを見つけてあげる

常に、自分に自信をなさそうにしている好き避け男子の場合には、彼にとって自信になるようなものを見つけてあげるのもおすすめです。

たとえば、料理をする男子であれば、「あなたの料理は、最高においしい」と作ってくれるたびに伝えましょう。パソコンが得意な男子であれば、パソコン作業に困るたびに助けを求めましょう。

こういった積み重ねにより、男子も「俺には、これがある」という自信を持てるようになるはずです。
好き避け男子というと、一見「めんどくさそう」「手がかかりそう」と思う女性も多いでしょう。確かに、素直に気持ちを表現できない男子は、何を考えているのか分からないですし、不安になるものです。

しかし、好き避け男子は上手に気持ちを表現できないだけで、愛情豊かな男子です。上手に接することができれば、最高の恋人、パートナーになるはず。

「めんどうだな」と思っても、その裏に愛情があることが分かれば、あなただって素直にうれしいと思うことができるのでしょう。

好き避け男子とうまく向き合っていくためには、あなたが少し大人になること。「本当は、好きなくせに」「愛情表現が下手なんだから」と思うことができれば、彼を見る目も変わり、接し方も変わってくるはず。

優しく愛情ある対応を続けていれば、彼も自信をもってあなたと向き合うことができるようになるでしょう。
そうすれば、いつの間にか好き避け男子から卒業しているかもしれません。(NaonN/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事