2020.10.21

付き合いたてカップルのLINEや会う頻度とは?長続きするカップルのコツ

大好きな彼の彼女になれて、付き合いたては幸せいっぱい!デート中は目を合わせるだけでもなんだかドキドキしてしまいますよね。
しかし、同時に「付き合いたてのカップルはどうやって仲よくなっていくの?」と、緊張と不安が波のように押し寄せるものです。

そこで今回は、付き合いたてから長続きするカップルになるためのコツをご紹介します。LINEや会う頻度、キスやSEXのタイミング、要注意な男性心理までと詳しくお伝えするので、付き合いたての不安を解決し、ラブラブなカップルを目指していきましょう!

めちゃくちゃ不安になりやすいです。付き合いたては彼氏がなにを考えているのかよくわからないですし、どうやって関係を深めて行けばよいかも悩ましくあるでしょう。

また、失恋経験がある女子は「付き合いたては楽しくても、またダメになるのでは......」なんてトラウマ的な不安にも襲われます。結婚適齢期のアラサー女子なら、付き合いたてでも彼氏の結婚願望に不安を持ってしまうでしょう。

彼氏も将来を共にできるパートナーを欲していればいいのですが、そうでない場合は貴重な時間が無駄になってしまいます。このように、学生さん、社会人と立場は変わっても、付き合いたてに不安になりやすいのはあるあるです。

しかし、男性は身体や心のつくりが女性と違うので、「付き合いたての不安って、どういうこと?」と気にも留めていない場合が多いです。このような性別の差も、付き合いたて女子の不安のタネとなりがちです。
街を歩けば、楽しそうに見える先輩カップルたち。彼女たちは、どうやって彼氏との関係を深めていったのでしょうか?これから付き合いたてカップルの普通をお話していくので、長続きするための参考にしてみてくださいね。



普通はふたりでつくっていくもの


付き合いたてだと、会う頻度やデートの行き先などどうやって決めていけばよいのか迷ってしまいますよね。「彼氏に任せたほうがいいのかな?」「私が提案していくほうがいい?」など、テンパってわからなくなってしまうでしょう。

付き合いたてのカップルはこれらすべてを、ふたりでつくっていくのが普通です。なんでも彼氏と話し合って決めていきましょう。学生さんでも社会人でも、付き合いたての不安はふたりで納得して決めていけば解消されますよ。

ひとりよがりにならないように気を付ける

付き合いたてカップルは幸せいっぱいな反面、些細なひとりよがりから破局しやすい時期でもあります。彼氏からの連絡や会う頻度が少ないと、「私のこと好きじゃないんだ!」と思い込んでしまったりするのはあるあるです。

アラサー女子だと、年齢の不安から事あるごとに「遊ばれているのかもしれない」と疑り深くなってしまったりするでしょう。付き合いたてカップルの普通は、不安があったら彼氏に直接確かめること!ひとりよがりは涙の元になってしまいます。

相手を思いやりながらリズムをつくる

「ありがとう」「ごめんなさい」忙しい社会人になると忘れやすい言葉ではないでしょうか。付き合いたてカップルの普通は、自己主張より思いやり優先です。
相手を思いやる言葉を忘れてしまうと、長続きのカップルになることはできません。

また、会う頻度は相手の希望に配慮して、できるだけ相手の立場に立って物事を決めていくようにしましょう。デートでイタリアンが食べたくても、彼氏が焼肉が食べたいといったら合わせてあげるのが思いやりです。

LINEは相手がどれくらいが負担にならないかきく

いまやLINEは恋愛に不可欠なコミュニケーションツール。だからこそ、LINEの頻度はどうすればよいのかも悩ましくあるでしょう。付き合いたてカップルは、LINEの頻度についても話し合うのが普通です。

女性心理では彼氏とたくさんLINEのやりとりをしたいと思うでしょうが、「長いやりとりは面倒くさい......」と感じるのが男性心理。
付き合いたては、彼氏のペースに合わせてあげると楽しく恋愛できるでしょう。とくに、彼氏が社会人ならなおさらです。

社会人の会う頻度は月1~4回程度

付き合いたてだからといって、思ったように会えないのが社会人の彼氏です。不安になりがちな付き合いたてだからこそ、「デートする時間をたくさん作って安心させてよ!」と思ってしまうのが女性心理でしょう。

しかし、社会人だとそんなに簡単に時間をつくるのは厳しいです。さらに、社会人カップルの会う頻度は月1~4回程度が普通なんだとか。彼氏に会える機会が少ない不安は、お互いの顔が確認できるLINEやZoomのオンラインデートで解決していくのがおすすめです。
付き合いたてなのに、「彼氏といつ手をつなぐ?」「キスする?」「そしてSEXは......?」など、スキンシップのタイミングについても不安になってしまいますよね。

ここでは、付き合いたてカップルがどのようにスキンシップを進めていくのかをご紹介します。

付き合いたてのキスのタイミング


付き合いたてのふたり。デート中に彼氏のくちびるを見て、「キスはいつになるんだろう」とドキドキした女子も多いのではないでしょうか?付き合ったその日にキスは早すぎるような気がしますが、そうででない限りは適度に奪われておくのがおすすめです。

なぜなら、キスを拒否されると男性心理としてはとっても傷ついてしまうから。「オレのこと好きじゃないんだ!」と溝すら生まれてしまうでしょう。
ただし、心の準備ができていなければ、彼氏に正直に伝えて待ってもらうとよいです。


付き合いたてのハグのタイミング

付き合いたては、キスよりハグのほうが進めやすいかもしれません。彼氏とハグしたいと思ったときがタイミングです。
デートの別れ際や遊園地の観覧車のなかなど、ハグしたいと思ったタイミングで進めていきましょう。

ライトなスキンシップなので、女子からもおねだりしやすいのでは?ただし、自宅のそばや人前など嫌なタイミングであれば、彼氏に「今は無理」と正直に伝えることが大切です。

付き合いたてのSEXのタイミング

付き合いたてカップルが最も悩むスキンシップはSEXのタイミングですよね。心の準備があるならすぐしてもOKなのですが、できれば付き合ってすぐよりもお互いにある程度仲よくなってからがおすすめです。どうしてかというと、ヤリモクのような人もいるから。

男は割り切って恋活してる人も多いです。SEXを簡単に達成させてしまうと、彼女への熱が冷めてしまう身勝手なタイプの男性もいます。
万が一、彼氏がそのような人種だったら、身体を許してしまったことをきっと後悔するはず!

また、キスやハグと違ってSEXは妊娠のリスクがあるため、女性心理的には彼氏の人柄に確信を持ってからのほうが安心です。
どちらにせよ、したくないことや避妊についてはきちんと彼氏に伝えるようにしましょう。
付き合いたてはどれだけラブラブでも、ちょっとしたモヤモヤからストレスを抱えてしまうことがあります。疲れてスピード破局してしまうことがないように、「付き合いたてカップルあるある」を知っておきましょう。


名前を呼ぶタイミングを逃す


彼氏を苗字から名前で呼ぶことに切り替える瞬間って、初めて手をつなぐ並みに赤面ですよね。だからこそ、付き合いたては彼氏の名前を呼ぶタイミングを逃してしまうのがあるあるです。

しかし、恥ずかしさは躊躇するより思い切るのが長続きのコツです。「〇〇くんって呼んでもいい?」と、こなれ感をかもし出してクリアしてしまいましょう。
デート中に名前を呼ぶのが恥ずかしいなら、名前を呼ぶ練習をLINEでスタートするのがおすすめです。

付き合ったのに忙しくてしばらく会えない

恋は突然成就するので、そのときタイミング悪く部活や勉強が忙しいなんてこともあるあるです。社会人なら、仕事があるのでなおさらでしょう。
そんなときは、無理に彼氏とデートに持ち込まないことが長続きのコツ!

「寂しいから通話やLINEをしたい」と控えめに伝えておくことがおすすめです。男は会う頻度を無理に詰めようとする女性より、健気な女性に好感を持ちます。
電話やLINEをするなかで、自然と次に会う日も決まるでしょう。


LINEが自分からばかりで不安

いつもLINEを送るのは自分ばかりなのもあるあるです。付き合いたてなのに、放置気味なんて悲しくなってしまいますよね。
しかし、男子って学生でもアラサーの社会人でもこんなものです。実際にも男子のLINEなんて、ほぼ短文ばかり。

頻度だって1日1通どころか、週に2~3度の人もいるくらいです。自分からペラペラ喋るタイプでない限り、彼氏発のLINEは厳しいと考えておくのが長続きのコツです。
不安なら、たまには2日ほど待ってみてはどうでしょうか。

それでも来ないようなら、「LINEを送って欲しい」とおねだりしてみては?彼氏も可愛いなと思って返事せざるを得なくなるでしょう。

本音が言えなくて距離が縮まらない

付き合いたては、「本音を言って嫌われたくない」と思うのが女性心理。アラサー女子なら、結婚がチラついてますます本音が言えなくなってしまうでしょう。しかし、そんな状態をずーっと続けていると、いつまでたっても距離が縮まらないのはあるあるです。

思い切って、本音を伝えてみてはどうでしょう?それで嫌われてしまうようなら、ご縁はそこまで。もしケンカになっても、男と女だからスキンシップするうちに「何でケンカになったんだっけ?」とうやむやになるものです。

好きかわからなくなる

付き合いたてなのに、好きかわからなくなるのもあるあるです。大好きだったけど、付き合ってみたら自分勝手でなんか違うかもと思ったり。告白されて付き合ったけど、デートしても手をつなぐ気にもなれなかった......とか。

こんなときは一度、彼氏と離れて休憩モードに突入するのがおすすめです。ストレスが溜まっていたり、忙しすぎたりすると視野が狭くなってしまいます。

心の余裕を取り戻せば彼氏のよいところも見つけられて、長続きするふたりに一歩近づけるでしょう。
冒頭で、男女の付き合いたてには性差があるとお伝えしました。付き合いたての女性は不安になりやすいけど、男性はそれほど気に留めていない場合が多いです。
付き合いたての男性心理はどうなっているのかを知って、ふたりの長続きに役立てていきましょう。

安心してるから必死感はなくなる


付き合いたての女性心理は、幸せでいっぱい。頭のなかは彼のことだらけで、まさに恋は盲目状態です。彼氏の誕生日が目前なら、「誕生日プレゼントは何にしようかな?」なんて張り切ってしまうぐらいでしょう。

しかし、付き合いたての男性心理は意外とのんきなもの。彼女はオレの物、ということで必死感は急激に減少してしまいます。
当然のごとく、彼氏は女性のように「LINEや会う頻度が少なくて不安…」と悩むこともほぼありません。

連絡頻度が多くて束縛が多いと疲れる

好きな女性を追いかけたいのが男性心理。そのため、付き合いたてでも連絡頻度が密な女性は束縛されているようで面倒くさいと捉える傾向があります。とくに、恋愛経験豊富なアラサー男性にありがちなパターンかもしれません。

恋愛を繰り返してきたアラサー男性は、付き合いたての状態を何度も経験しています。慣れで刺激は少なめなので、焦りもなく、デートもスローペースで平気なのです。連絡が密な女性は少なめを心がけると、彼氏が追いかけてくれて長続きしていけるでしょう

ふたり時間もひとり時間も欲しい

付き合いたてなのに、毎週末の時間をデートに使ってくれない男性もいます。それは、ひとりになりたい男性心理があるから。
ひとりになってテレビを見たりゲームをしたりして、心を癒す時間がどうしても必要な男性も多いのです。

だから、付き合いたてでも彼女ばかりでなく、ひとり時間も欲しいとなるわけです。男子は幼いころからひとり時間を大事にする傾向があるので、会う頻度が少なくても理解してあげれば長続きのお付き合いになるでしょう。

時間があれば少しでも会いたい

付き合いたての男性心理には、時間があれば少しでも一緒にいたいというものもあります。ひとりの時間が欲しい、連絡頻度が多いと疲れるという男性とは真逆のタイプなので、女性心理としては嬉しくなってしまうでしょう。

どうすれば男性に少しでも一緒にいたい、デートしたいと思われるかは、彼好みのオンナになることです。顔やファッション、内面など、彼の理想に近づくことで、男性はその女性と少しでも会いたいと切望するようになります。

正直キスもSEXもしたい

「さっそく彼女とキスやSEXがしたい。」付き合いたての男性心理には、そんなホンネもあります。女性からしたら、オオカミに襲われそうな赤ずきんの気持ちになるでしょう。
しかし、スキンシップしたいからこそ彼女にするというのが男性の当たり前です。

そんなわけで、彼女になったら「まだ心の準備ができていないから…」なんて、デート中に躊躇していられるのも時間の問題。無理する必要はありませんが、いつまでも拒否していたら、「話が違うよね?」となって、浮気されてもおかしくはないのです。

付き合いたてのカップルはどんなことをするのか、どうしたらいいのか、長続きするコツをご紹介しました。付き合いたては、ふたりのリズムをつくるタイミングです。不安は何でも彼氏と話し合いながら、デートを楽しんでいきましょう。

また男女は性差があるので、そのあたりの理解に努めることも大切!どちらかというと、早すぎるスキンシップの要求以外は男性心理に寄り添ってあげるようにすると、長く愛してもらえるようになりますよ。(hayakyo/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事