2019.05.31

え、そういうことだったの?実は深い「男子のエッチ中の言動」の意味

どうもあかりです。

男子は私たち女子に比べて、はるかにエッチのことを深く深く考えています。しかも、中学生くらいから十何年も(何十年も)ずっと長いこと。

ですからエッチ中の男子の言動には、私たちが「きっとこういう狙いなんだろうな~」と考える以上に、はるかに深い意味がある。

そんな彼らの浅ましくも深い「あるある」行動の本当の意味を知って、「ふーん」「そんなこと考えてるのか〜?(笑)」とおもしろおかしく、そしてできれば男子のことを「そんなに一生懸命に考えちゃって、愛おしいやんけ」と思ってもらえたらと思います。

■「痛くない?」

みなさんも一度は聞かれたことがあるでしょう。


「痛くない?」


これは、表面的には「彼女が痛くないようにしたい」という意味が当然にあります。

だけどそれだけじゃありません。


注目すべきは、イイ感じに女性経験を積んだ男子は「気持ちいい?」よりも「痛くない?」という言葉を使うようになるという点です。言い換えると、「痛くない?」と彼女に聞く男子は「気持ちいい?」とは聞かないのです。

つまりどういうことかというと、「痛くない?」には「気持ちいい?」と同じ意味合いがあるということ。
「気持ちいい?」と聞くのは、なんかかっこわるい。

なので、彼女のことを気遣っている風を装いつつ、「ううん、気持ちいいよ」と言わせたくてこう聞くのです。


そしてさらに、「エッチ中に女性のことを思いやれるイイ男」認定をされたい、という目的もあります。



「痛くない?」というセリフだけでこんなにも目的がありました。
続きが楽しみです。ドシドシ参りましょう。

■細かく姿勢を指示してくる

触ったり、挿れられたりの最中に「もうちょっと足をこうしてみて」「お尻を突き出して」みたいに姿勢について細かい指示・要望が出ることもあると思います。

これは女子からすると、結構謎なオーダーです。
面倒くさいし、「私は人形じゃないんだから、そんなに小刻みに動けないっつーの」と思ってしまうわけですが、これにはどんな意味があるのでしょうか。


ズバリ、「AVで見たシーンを再現したい」というのが正解です。


この行動はまるで、カメラマンがモデルにポージングを逐一指示するのと同じですが、カメラマンには「理想のポーズ(こうやったらかわいく映る)」のイメージがあるからこそ、そうやって指示出しをする。

同様に、彼らにも「理想の姿勢」があるわけです。そしてその「理想」をどこから持ってくるのかといえば、AVしかありません。

たいていの男子は、AV以外の他人同士のエッチを見る機会がありませんので、ソースはAVしかないのです。
「こうしてみて」と言われたら、(ふーん、こういうのがお好きなんだね)と心の中でクスっと笑ってあげてください。顔は感じたまま。

■下着姿のままいろいろしてくる

全員ではありませんが、かなり多くの男子が、彼女を下着姿にしたまましばらく楽しもうとしてきます。

「え、そこまで脱がせたら、全裸にしてくれてもいいけど?なぜ中途半端に脱がして終わる?」と疑問が浮かぶところですが、これには2つの可能性があります。


1つは、「下着好きだから」です。
女性の下着姿が好きな男子は本当に多いです。「裸よりもエロい」という人だってめちゃくちゃいます。

下着姿のままいろいろしたくなるのは1つはそういう意味です。


もう1つは、「下着を汚したい」という願望があるケース。

AVを見ていると、(下の)下着をつけたまま手で触りまくり、下着にシミができてしまうのをわざわざ「シミができちゃったよ」と男優さんが女優さんに謎報告をしているシーンがたくさんあります。

それを見るたび、「ああ、男子って、コレが好きなんだなぁ」と実感します。

女子的には、正直せっかくの下着が汚れるのは結構嫌だけど、まあ、そういう性癖なんだなぁと思って割り切るしかないかな。

■体位を頻繁に変える

男子は体位をくるくる変えるのが好きですよね。

そしてこれにはなんと3つも理由があります。


1つめは、単純に「この体位あんまり気持ちよくないな」と感じたから。
気持ちよさを求めてあれこれ試している可能性があります。

2つめは、「すぐイキそう」だから。
体位を変えずに動いていると出てしまいそうなので、体位を変える間に時間を稼いで回復してやろうという魂胆です。

そして最後が、「スキルのアピール」です。「俺ってこんなにいろんな体位をできちゃうんだぜ」と女性経験の豊富さを表現したいのです。

そもそも女子からすれば完全に意味のないアピールですが、彼らはそこにプライド見出しちゃってるんだから、本当に男子って…ね(笑)。でもやっぱりかわいいです。(遣水あかり/ライター)


(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事