2019.09.13

束縛彼氏は度が過ぎると危険!背筋が凍るエピソードを紹介!

束縛彼氏に悩んではいないでしょうか?男性が束縛する理由は、大好きな彼女に対する独占欲や支配欲が発端です。健全な男性なら、彼女への強烈な独占欲が結婚や出産という最良のかたちでつながっていくもの。

しかし、不健全な男性は、過度な束縛というねじれた方向に愛情を投入してしまいます。こういった束縛彼氏は、早めに対処しておかないとあなたの身が危険!

そこで今回は、束縛彼氏になってしまう理由や背筋が凍るエピソード、束縛彼氏への対処法をお伝えします。束縛彼氏に愛情が冷めつつある女子は、ぜひご覧ください。

束縛彼氏のエピソードが絶えない理由


束縛彼氏の恐怖エピソードが絶えない理由は、もともと男性の性質に《束縛彼氏》になってしまう要素があるからです。

健全な男性なら発症しないけれど、不健全な男性だと陽性になっちゃいます。まずは、そんな束縛彼氏になってしまう要素をチェックしていきましょう。

男性は独占欲がかなり強い

束縛彼氏になってしまう基本的な要素として、真っ先に挙げられるのは独占欲です。男性は、いつでも誰よりも、自分が一番でありたいと願う生き物。そのため、魅力的な女性を独占・支配したいという気持ちは、女性が想像できないほどの強さなのです。

そして、他の男が欲しがる(モテる)女性であれば、なおさらに男性の独占欲は激しくなります。クラスでNO.1の可愛い女の子が男子からチヤホヤされていたのは、この原理から。

ただし、この独占欲は男性なら誰でも持っているものなので、束縛彼氏特有のモノではありません。背筋も凍るエピソードを誕生させてしまうのは、次の要素からになります。


今まで恋愛経験のなかった男性は初彼女を失いたくない気持ちが強過ぎる

今まで恋愛エピソードの乏しかった男性ほど、初彼女への思い入れは強烈です。《自分のモノ》になってくれた初めての女性。そして、自分の身も心も初めて捧げる女性です。そのため、「失うなんて想像もつかない」ほどに、彼女を愛してしまいます。

束縛彼氏になってしまうのは、初彼女を失いたくない一心なのですね。意外かもしれませんが、束縛彼氏にならなかったものの、初彼女にフラれたショックでチャラ男になっちゃう男性って多いんですよ!

彼氏としての自信がない

恐怖エピソードの作者となってしまうのは、彼氏としての自信のなさから。勉強ができるわけでも、スポーツができるわけでもない。そして、イケメンにも程遠く、女性の扱いもとくに上手くない。

そういった要素のある男性は、彼氏として彼女を繋ぎとめておく自信がないため、彼女にいつ捨てられてしまうか不安でたまりません。束縛彼氏は恋人を束縛することで、心の安定を図ってしまっているのです。

捨てられてしまった経験があるため

恋愛では、女性より高い位置に立ちたがるのが男性です。それはやっぱり男としてのプライドやメンツがあるから。それなのに、女性から捨てられてしまったとなると、彼女への純愛だけでなく、自分自身のプライドもボロボロに…。

そんな失恋のトラウマを抱える男性は、防衛反応として束縛彼氏に豹変しちゃいます。「二度と同じ目に遭わないぞ」「これ以上、自分を軽んじることは許さない!」と、無限の不信感が恐ろしいエピソードを生み出し続けていくのです。

束縛彼氏のとんでもエピソード


結局のところ、束縛彼氏は身も心も病んでいることがおわかり頂けたでしょうか。これからは、束縛彼氏のとんでもエピソードをご紹介します。あなたの彼氏は、まだ大丈夫ですか?現実を想像できそうなエピソードがあるなら、ぜひ早めの対処がおすすめです。

24時間通話し続ける

「就職で遠距離恋愛になってしまった私と彼氏。交通費がかかってしまうので、会えるのは月1程度になってしまいました。もともと束縛彼氏だった彼氏の不安感はピークに!会えない週末は、24時間通話を強要されています。もう疲れた…」(24歳 公務員)

LINEなどの無料電話が、便利な束縛ツールとなってしまった驚愕のエピソードです。さすがに24時間も彼氏から依存・束縛されるのは、勘弁してほしいですね。


スマホは定期的にチェックされる

「束縛彼氏のエピソードには、ありがちなスマホの定期チェック。最近は、LINEやメール、通話履歴だけでなく、スマホの検索履歴まで監視されるようになって、恐怖を感じています。」(23歳 銀行)

スマホの検索履歴までチェックされるのは怖いですね。こちらの彼女は事前に履歴を削除して提出したら、ますます束縛がヒドくなってしまったようです。

自分以外の交友関係をシャットアウトさせられる

「彼以外の交友関係をシャットアウトさせられました。LINEやインスタグラムのアカウントも強制的に削除!突然、音信不通になったせいか、《犯罪に巻き込まれているのでは?》と、友人の間で私の安否が話題になっていたようです。」(26歳 医療)

束縛彼氏の行為は、ある意味犯罪ギリギリであるケースも…。こんなエピソードが生まれるようでは、そろそろお別れすることも視野に入れたほうがよさそうです。

部屋に閉じ込められてしまう

「職場の休日イベントに参加しようとしたら、同僚との浮気を疑う彼氏に、部屋に閉じ込められてしまいました。この一件で、私の恋人は束縛彼氏だと、職場の話のネタに…」(28歳 営業事務)

束縛彼氏の暴挙で、恥ずかしいネタを職場に提供するハメになってしまったエピソードです。ちなみに、浮気疑惑の同僚もドン引きして、今はほとんど話しかけてこないのだそう。

暴力を振るわれることも

「《他の男と喋らない》という彼が作ったルール。甘く見て何度も破っていたら、彼が逆上!デート中にホテルに連れ込まれ、思いっきり殴られてしまいました。その後、涙ながらに謝ってきた彼氏…。今、恐ろしすぎて実家に逃げています。」(25歳 フリーター)

束縛彼氏によるデートDVエピソードです。もうこうなったら、家族のサポートを受けつつサヨナラするのがおすすめです。

激しく体を求められる

「彼氏がいるのに、他の男子から告白されることもあるくらいモテる私。先日、嫉妬に狂った彼が、1日中私を抱き続けて…。《学生なのに妊娠しちゃったらどうしよ、不安と恐怖で涙が止まりません。」(20歳 大学生)

束縛彼氏は彼女を永遠に独占するため、できちゃった婚を狙っているのでしょうか?もしかしたら、今が最後の逃げるタイミングなのかもしれませんよ!

束縛彼氏の対処法


多少の束縛なら嬉しいけれど、もはや愛情とはいえないほどのエピソードで恐怖に落とし込んでくる束縛彼氏。このような男性には、どうやって対処していけばよいのでしょうか?次の4つの方法をご覧ください。

自分の身に危険を感じたら第三者に相談する

身に危険を感じるほどの束縛彼氏は、もはや精神の病気です。こういった歪んだ恋愛のクセは、ほとんど改善される見込みナシ。笑えないエピソードになってしまわないうちに、早めに周囲の友人や家族に相談して距離を置いていくようにしましょう。

彼の愛を受け止めてみる

まだ可愛らしい独占欲や嫉妬の範囲のエピソードなら、束縛彼氏の愛を正面から受け止めてみても…。彼女がどーんと構えておくことで、もしかすると未熟な彼氏も落ち着きを見せるかもしれません。

自分も激しい束縛をする

束縛彼氏の背筋も凍るようなエピソード。もしかしたら、彼は彼女を失いたくないあまり、過度の執着に気づけていないのかもしれません。彼女が捨て身で激しい束縛をお返しすれば、彼氏は「オレって、こんなことしてたの?」と目を覚ましてくれる可能性があります。


彼を安心させるために愛を毎日伝える

束縛エピソードはまだ軽症。まだ別れる気もないのなら、彼氏に愛を毎日伝えることで安心してもらいましょう。彼女は、彼の精神安定剤。クスリの効果が現れ始めたら、きっと彼氏も自信がついて、健全な恋を築いていけるといえるでしょう。

まとめ


彼女に対する独占欲は、どんな男性にも備わっているものです。しかし、束縛彼氏になってしまうのは、何かしら不健全さのある男性だから。身に危険を感じるほどの束縛エピソードがあるなら、早めに決断を。「NO」と言える強さを持ちましょう。

まだ修正できそうな状態なら、ふたりでの話し合いがおすすめ!束縛彼氏は、愛情の正しい伝え方を知らない不器用な男性なのかもしれません。ねじれた彼氏を真っ直ぐに導いてあげることができれば、きっとふたりは最高のカップルになれるでしょう。(hayakyo/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事