2016.07.31

顔も見たくない!?デート前にケンカをしてしまったときの仲直りポイント

お付き合いをしていると、カレとケンカをすることもありますよね。ケンカするほど仲が良いと言われるように、ケンカをすることが決して悪いワケではありません。

しかし、タイミング悪く約束していたデート前にケンカしてしまった場合、デートをキャンセルするべきなのか悩みますよね。

そこで今回は、デート前にケンカをしてしまったときに仲直りをするポイントをご紹介します!

1.ケンカの原因を分析する

「ケンカの原因によってカレと会うか会わないかを決める。片方が怒り狂った状態で会ってもヒートアップするだけだからね」(23歳/女性/飲食)

ケンカにも色々な種類があります。意見がすれ違ってしまったり、相手の言動がカンに障ったりと様々なケンカの原因があると思いますが、会うべきではないのはどちらか一方に明らかな非があるパターン。例えば浮気などが分かりやすいでしょう。

この場合デートを決行しても非のない方が相手を責め立てるだけという形になってしまい、ケンカがこじれることがほとんど。お互いがある程度落ち着くまでデートは延期しましょう。

2.デートは話し合うチャンス

「ケンカしたら面と向かって仲直りしたい派なので、デートの予定があるならそこで仲直りします。ケンカはこじれてしまう前に仲直りするのが吉」(27歳/女子/塾講師)

ケンカをしてから会わない期間が長すぎるもの危険。なぜなら、ケンカのせいで相手への気持ちが冷め始めてしまう可能性が高くなるため。

どちらかに明らかな非があるワケではないのなら、予定通りデートを決行しましょう。ケンカのあとは会うタイミングを切り出しにくくなりますから、もともと予定があったことをラッキーだと思って!

3.気の休まるデートに変更

「予定していたデート先が遠かったんですが、チケットを取ってしまっていてもったいないので険悪なまま予定通りデートしました。まったく楽しくなかったです…」(25歳/男性/小売り)

ふたりの関係がデリケートになっているこの時期には、お互いにとって負担にならないデート先を選びましょう。

カフェでゆっくりお茶をしたり、プラネタリウムなど心安らげる場所がオススメ。アクティブなカップルなら、ボーリングなど体を動かすデートもオススメです。

4.スキンシップも忘れない

「仲直りエッチは大切だと思う。欲求が満たされると穏やかな気持ちになるし、仲直りをしたあとの気まずいカンジを無くすいいキッカケになるからね」(20歳/男性/大学生)

仲直りをしたあとの妙な気まずさに悩まされている人は、カレと積極的に触れ合ってみるのがオススメ。普段デートでは手を繋がない人でも積極的にカレの手を取ったり、自分からエッチに誘ってみて。

スキンシップはカップルが心通わせる有効な手段なので、どんどん活用していきましょう!

おわりに

楽しみにしていたデートの前にケンカをしてしまうと、気持ちが萎えてしまいますよね。そんなときは、カレとの仲を深めるためのケンカに仲直りの機会が設けられていたと考えればいいんです。

カレといつまでも円満でいられるよう、ケンカとデートをうまく活用できるようにしましょう!(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(古泉千里/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事