2019.10.22

恋人繋ぎを友達とするのはなぜ?女と男それぞれの意味と心理、注意点

相手の指の間に自分の指を入れて絡め合うように手を繋ぐ恋人繋ぎ。カップルがデートしているときによくこの繋ぎ方をしています。この恋人繋ぎは、恋人だからこそする繋ぎ方というのが一般的な認識ですが、付き合う前や友達関係の相手にされたら女性は戸惑いを覚えることもあるでしょう。

今回は恋人繋ぎを友達とするのはなぜなのかということについて、男女それぞれの心理や注意点などをご紹介します。

恋人繋ぎをする意味は男女で違う


恋人繋ぎをするという行為は、男女によってその心理や意味も違ってきます。もちろん、男性であっても女性であっても、嫌な相手とは恋人繋ぎをしたいとは思いません。それなりに好意のある相手だからこそ恋人繋ぎをするのですが、男からしてくる場合と女からしてくる場合では、かなり違う意味のサインとなります。

では、男女によって違ってくる恋人繋ぎをする意味とはどういう心理なのでしょうか。その男性心理や女性心理について紐解いていきましょう。

恋人繋ぎを女性からする心理


女性から恋人繋ぎをする心理は、じつは男性よりも単純なケースが多く、そうしたいからしてくるのです。ただし男性よりも手を繋ぐ相手は選ぶのも事実です。

その男性が脈なしであってもそのときの気分で恋人繋ぎをすることもありますので、男性を勘違いをさせることもあります。男性ではあり得ないことですが、仲の良い女友達の場合、同性でも恋人繋ぎをすることもあるくらいです。

では、恋人繋ぎを女性からする場合の女性心理についてご紹介しましょう。

スキンシップの一つ

恋人繋ぎを女性からするケースとして多いのが「スキンシップのひとつ」としてです。相手が異性であっても同性であっても仲の良い相手であれば友達としてスキンシップをはかるために恋人繋ぎをすることもあります。

複雑な女性心理があるわけではなく、友達同士として仲良くしたいという思いから恋人繋ぎをするということです。もちろん、相手が彼氏であれば恋人としてのスキンシップとして恋人繋ぎをすることもあるでしょう。

好意がある場合も

恋人繋ぎをする相手の男性によっては好意がある場合もあります。好きという気持ちを恋人繋ぎをすることでアピールしているケースです。

恋人繋ぎをして男性が握り返すのを期待しての行為で、脈ありか脈なしかといった相性なども確かめる目的もあるでしょう。同性やたんなる友達との場合とは違い、好意を持っている人の反応はしっかりと女性はチェックしているでしょう。

独占欲の現れ

相手が彼氏や好きな人に対して、女性が恋人繋ぎをするのは独占欲の現れでもあります。「あなたは私のもの」という意思をアピールしていると考えられます。周囲にそのことを見せつける意味で恋人繋ぎをする女性もいます。

恋人繋ぎを男性からする心理


男性が恋人繋ぎをする心理には、さまざまな意味や思惑が含まれています。そのときの女性との関係性やシチュエーションによってもその目的は変わってくるのが、恋人繋ぎをする男性心理です。

では、女性との関係性やシチュエーションによって変わる、恋人繋ぎを男性からする心理とはどういったことなのでしょうか。恋人繋ぎをする男性心理についてご紹介しましょう。

恋人の場合

相手が恋人の場合は、愛情表現のためであり恋人としてのスキンシップとして恋人繋ぎをします。これは女性の心理も同じでしょう。付き合っているのであればお互いに駆け引きをする必要もなく、純粋に相手との愛情を確かめ合っているということです。

好きだよのサイン

友達や友達以上恋人未満という関係の場合には、好きだよのサインとして恋人繋ぎをすることがあります。好きな人へのアプローチとして恋人繋ぎをするということです。

好きだというサインを恋人繋ぎをすることで伝え、相手からの反応を男性は見ています。まだ「好きだ」と言葉で伝えるだけの覚悟がない状況ということもあり、恋人繋ぎをしてまずはその時点で脈ありか脈なしかを判断する意味もあります。

付き合う前

男性心理としては好きな女性と付き合う前の段階には、告白して恋愛関係になるために確信を持ちたいと考えます。その状況で好きな女性と会った場合に、勇気を出して恋人繋ぎをすることで好きな女性の気持ちを確かめようとしているのです。

つまり男性から恋人繋ぎをして、その女性が握り返すことや拒否をしないかどうかを伺っているということです。また、付き合う前はお互いの気持ちも盛り上がってきている状態でもあり、ふたりで会えばなにかのキッカケや流れで、自然に男性から恋人繋ぎをすることもあります。それは、お互いの気持ちが通じ合ったことを感じたケースです。

相手の出方をみたい

まだ友達の段階や付き合う前の男性が恋人繋ぎをしてくる心理には、相手の出方をみたいという心理が働いています。いずれにしても好意のサインであり、それを拒否しないかどうかで脈ありか脈なしかを判断しているということです。恋人繋ぎをして、その相手の出方によってどうするかを決める材料とするためです。

好きな気持ちの表現

基本的に興味のない女性に男性は恋人繋ぎをすることはありません。むしろ好きな女性に対して好きな気持ちの表現であり、その反応を見るために恋人繋ぎをするのです。

その女性と付き合えるのかどうかを試しているといえるでしょう。つまり、恋人繋ぎをすることで、その女性に好きな気持ちを表現し「あなたはどうですか?」と問いかけているということです。

ヤレるかどうかの打診

ある意味好意であることに違いはありませんが、下心で恋人繋ぎをするケースもあります。そのとき一緒にいた女性に興味を持ち、ヤリたいと思った場合に、恋人繋ぎをしてみてヤレるかどうかの打診をしているということです。

拒否されたならヤレない、拒否しないのであればヤレると判断し、その後に誘うつもりで恋人繋ぎをしてきています。これは複数人で会っているときに、周囲にバレないように手を繋いでくるケースでも、この後2人でどこかにいかない?といった感じで恋人繋ぎをして打診してくることもあります。

付き合う前に恋人繋ぎをするのは脈あり?


好意を抱いている友達男性から恋人繋ぎをされた場合、女性としては脈ありと考えてもいいのでしょうか。好きな人から恋人繋ぎをされたら、だれでも期待してしまうことでしょう。

そこで、付き合う前に恋人繋ぎをするのは脈ありなのか、それとも脈なしなのか、そしてシチュエーションによっての注意点についてご紹介しましょう。

男友達の場合はほぼ脈あり

男性が恋人繋ぎをするのは、そうすることで好意を持っている女性の反応をうかがう意味があります。つまり、ほとんどのケースでは、男性が恋人繋ぎをするのは好意を持っているからだといえます。

そのため、男友達の場合はほぼ脈ありと考えていいでしょう。好きな男性から恋人繋ぎをされたのであれば、どう反応するかを試しているからであり、リアクションのとり方でチャンスが広がる可能性も高まります。

酔っていたら見極めが必要

お酒の席で男性が恋人繋ぎをしてきたら、注意しなくてはいけません。下心である可能性が高いからです。付き合いたいと思っていなくても、お酒が入れば、男性は居合わせた女性に性的欲求を感じます。

そのため、ヤリたいがために誘う目的で恋人繋ぎをしてくるケースもありますので、その男性が酔っていたら見極めが必要です。脈ありだと思いその男性の誘いに応じたものの、あとで「そういうつもりじゃなかった」という展開になることも少なくありません。

付き合う前に恋人繋ぎされたときの注意点


彼氏とであれば当然の行為である恋人繋ぎですが、付き合う前ではその対応は女性の気持ち次第です。男性は恋人繋ぎをすることで女性の反応を見て、今後の行動も変わってきます。リアクションをして自分の気持ちのサインを送りましょう。恋人繋ぎをしてくる男性をどう思っているのか、そして繋ぎ方によっても対応を考える必要があります。

そこで、付き合う前に恋人繋ぎをされたときの注意点や対処法についてご紹介しましょう。

好きな人なら恋人繋ぎを握り返してOK

恋人繋ぎをしてきた男性が好きな人なのか、ただの男友達なのかによって当然対応は変わります。それが好きな人なら恋人繋ぎを握り返してOKです。握り返すことで自分の気持ちも伝えることができるでしょう。

相手の男性もその気持ちを受け取り、今後のアプローチへと繋がるはずです。付き合う前の好きな人から恋人繋ぎをされた場合には、友達から恋愛関係へと発展させるチャンスでもあります。好きな人からの恋人繋ぎを握り返すということは、相手からの好意に応えるということにもなります。

微妙な人なら早めに放そう

恋人繋ぎをしてくる男性によっては、好意もあまりなく、相性も良くないと感じる相手もいることでしょう。そういう微妙な人なら早めに手を放すようにするのがベストです。

握り返すということはしなくても、はっきり拒否しないでそのままにしておくと、脈ありだと勘違いされてしまう場合もあり、後々面倒になるケースも少なくありません。自分のためにも、そして相手のためにも、受け入れられない相手であればすぐに手を放して態度をはっきり示しましょう。

指を撫でてくるのは要注意

恋人繋ぎをすると親指はフリーになります。その際に親指で絡めている指を撫でてくるのは要注意です。親指で指を撫でてくる男性は下心から手を繋いできている可能性が高いからです。女性の身体に興味があるということです。

そういう男性に恋人繋ぎを握り返すと、身体だけの関係で済まされる可能性もあるため、不用意に心を許さないように気を付けましょう。

付き合わないままそれ以上進むのはナシ

好きな人から恋人繋ぎをされたとしても、付き合わないままそれ以上進むのはナシにしましょう。ちゃんとした恋愛関係を成立させるためにも、きちんとしたプロセスを経て男性から告白をしてもらい、それを受けてから次のステップへ進むことが大切です。

好きな人から恋人繋ぎをされて嬉しいからといって、付き合ってもいないのに身体の関係を持ってしまえば、ちゃんとした恋愛関係になってもらえない場合もあります。つまり、相手の男性は最初から身体が目的だったということです。

そういうことを避け、相手の目的を見極めるためにも付き合ってから次に進むようにしてください。

痛い、手汗が気になる時は正直に伝えよう

恋人繋ぎをする男性との身体的相性の問題もありますが、痛い場合や手汗が気になる時は正直に伝えましょう。人それぞれ骨格が違いますので恋人繋ぎのように、指を絡めて密着度の高い繋ぎ方をすると痛い場合もあれば、体質によって自分や相手の手汗が気になることもあるでしょう。

痛いのに我慢したり、手汗が気になるのにそのままにしたりすることは、今後の関係性にも影響します。良い関係を築いていくためにも、気になることはしっかりと伝えることが大切です。

恋人繋ぎは駆け引き!相手の次の一手を待とう


付き合う前の男女にとって恋人繋ぎは駆け引きです。自分の気持ちに応じたリアクションをとり、相手の次の一手を待ちましょう。

相手も恋人繋ぎをすることで様子をうかがっています。そのため、自分の気持ちにあった対応をして、それに対して相手が次にどういう手を打ってくるか見極めることが大切です。そこから、ちゃんとした関係を築いていくことを心がけるようにしましょう。

まとめ


今回は付き合う前の友達が恋人繋ぎをする場合の、男女それぞれの心理について、意味や注意点とその対処法などをご紹介してきました。

恋愛やさまざまな思惑などの駆け引きでもある、恋人繋ぎをする相手の心理を見極め、その相手とのきちんとした関係を築いてくださいね。

好きな人からの恋人繋ぎを握り返すことで、その後素敵な恋愛に発展することもあるはずです。(探偵N/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事