2015.01.14

女性と違う?男性がセックスについて後悔した4つの瞬間


男性はもともと性欲が強く、また性リスクが低い分、セックスに対する後悔も女性と比べて異なる部分も多いようです。

たとえば、女性なら「気軽に体を許すんじゃなかった」「体を許すタイミング早かったかな……」と後悔をしてしまいがちですが、男性も同じような後悔をしているとは限りません。

では、男性はどんな後悔をすることが多いのでしょうか?
今回は男性がセックスで後悔した瞬間をリサーチのもと、以下にまとめてみましたのでご紹介します。

1.彼女を満足させられなかった

「俺のエッチがヘタでグダグダになったことがあります。『愛情があればやり方なんて……』と思っていたけど、男として女性を引っ張るのは大事だと思った」(24歳/販売)

エッチをするからには「彼女を満足させたい」という男性は多いようです。それはデートをする時も同じ。
彼女のことを本命として見ているほど、男性としてはできるだけ彼女の喜ぶ顔が見たいと思うよう。

でも、エッチはふたりで気持ち良くなるものです。
どちらか一方が頑張ればいいというわけではないので、いつも彼ばっかりに任せっきりの女子は、自分から気持ちのいいポイントを積極的に彼に伝えてあげて。

「◯◯して欲しい」とひと言でも言うだけで、彼はあなたとするエッチをもっと盛り上げようするはずですよ。

2.する相手を選べば良かった

「ムラムラしている時に、ネットの掲示板で募集をかけて、それほどタイプじゃない子とヤッちゃった。イッた後に『俺、なにやってるんだろ……』と激しく後悔」(21歳/大学生)

性欲に身を任せてエッチしたら後悔した、という男性も少なくないみたい。
自業自得ですが、裏を返せば好きでもない相手でもエッチできてしまうのが男性なのです。

そんな男性の餌食にならないようくれぐれも注意して。なるべくその手の男性に絡まれないよう、自分の恋愛観を日頃からしっかりと持つことが大切ですよ。

3.したいプレイができなかった

「彼女に遠慮しちゃって、バックで攻めたいと言えなかった。数回エッチをしてもどこか消化不良で、彼女にもそれが伝わったのか。数週間後に別れました」(25歳/サービス業)

エッチは気持ち良さを楽しむだけではなく、ふたりの関係をもっと親密にさせる役割もありますよね。
付き合い始めは言いづらいかもしれませんが、彼のエッチのやり方で不満があるなら溜め込まないで。

エッチは裸のコミュニケーションです。
ここで遠慮してしまうと、普段もどことなく関係がちぐはぐになってしまうので、「よりよいエッチができることは、よりよい関係を築くこと」と思って意識してみては?

4.若い頃に遊んでおけば良かった

「歳とともに太ってきたからなのか、出会いが少なくなった。でも、性欲は変わらないまま……。若かりし頃の方が痩せていたし、もっと遊んでおけば良かった」(28歳/製造)


「結婚するなら遊んでから」という男性は多いです。

だから、彼との結婚を狙っているなら、彼が「結婚前に遊んでおきたいから」というマインドであなたと付き合っているのか、はたまた結婚を視野に入れたものなのか、どんな風にあなたのことを見ているのか、よく観察しておいた方が良さそうです。

体を許す時も、彼の本音をよく見極めてからにしましょう。

おわりに

女性の後悔が相手にあるなら、男性の後悔は経験人数やエッチの充実度にあるのかも……?

でも、上手くいっているカップルにとって、エッチの価値は共通しているもの。
エッチで関係が崩れてしまうことのないよう、これらのポイントを押さえて彼とするエッチについて考えてみては?


(柚木深つばさ/ハウコレ)

関連記事