2015.04.04

これで簡単若返り!エッチのときに処女のフリをする方法・5つ


童貞の需要はほぼないと言ってもいいですが、逆に処女の需要が大きいというのはみなさんも聞いたことがあると思います。

それもひとつの性癖なのかもしれませんが、「俺は処女にめっちゃ興奮する!」という男子はやっぱり多いんですよね。

でも、当然ながら、一度失った処女は二度と取り戻せません。本来ならば……。
なんと今回は、だれでも簡単に「処女のフリ」ができる方法についてご紹介したいと思います。20代女子15人と一緒に知恵を絞って、その魔法のテクニックについて考えてみました。

1.痛がる

「まずは、痛がる、でしょ。処女のときを思い出せば、いきなり『気持ちいい』なんて感情はわいてこないもん。
触られたり挿入されたら、まずはとにかく痛がれば処女のふりができると思う」(大学生/21)

もちろん事前に、「私じつは男の人と付き合ったことないの」と伝えておくことが必要ですね。

その上で、じっさいに痛がってみることで「本当に、だれともしたことないんだなぁ」と信じさせることができますよ。

2.服を脱ぐのを過剰に恥ずかしがる

「親以外の男に裸を見られるなんて人生ではじめて!って思えば、そうそう簡単に裸なんて見せられないはず。いくら好きな相手でも、いや好きな相手だからこそ」(行政書士/27才)

エッチをはじめる段階から、勝負ははじまっていますね。
服を脱がされるのをためらって、そもそもエッチがはじまること自体にちょっとした恐怖を抱いていることを見せつけましょう。

3.電気を絶対に消したがる

「部屋が明るいなんて、ありえないでしょ。恥ずかしすぎるもん。だから、服をなんとか脱いでも、『電気消して』って絶対に言うこと」(音楽関係/26才)

2のあとには、これを持ってきましょう。カレはきっと、しょうがないなーと言いつつ、あなたの処女感にドキドキを隠せないでしょう。

4.声を出そうとしても出せない

「男子が一番ドキドキするのって、声が出そうだけど頑張って我慢してる彼女の姿だと思う。
だからわざと、声を一瞬だけ漏らしてすぐに口を閉じて我慢する、みたいなことをすればいいと思う」(配給会社/26才)

いきなり立派な声で喘いだら「お前、本当に処女?」と疑われてしまいます。

1でも書いたように、処女ならまず、自分のなかにある「気持ちいい」という感情に戸惑うこと。それを表現したのがこのテクニックです。

5.フェラで歯が当たってしまう

「いきなり舐めるのがうまかったら絶対に不自然。彼氏も『気持ちいいけど、なんで処女なのにこんなに気持ちいいの……?』と複雑な気持ちになっちゃうと思う。
だから多少歯を立てて、彼氏にやりかたを教えてもらうくらいがいいでしょ」(飲食/28才)

あえて下手にする。これはフェラチオでも同じですね。ちょっとくらい痛くなっても大丈夫、なぜならあなたは処女なんですから。

おわりに

どうでしたか?
みなさんも次の彼氏ができたら「私、処女なの」と言ってみてはどうでしょうか。

「俺がこの子を守り、育てる!」って気合が入っていつもよりも、ずっとずっと大事にしてもらえるかもしれませんね。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事