2016.11.24

あなたは本命じゃないのかも?男子がセフレに対してとる行動

大人になればなるほど、きちんとした告白がないまま交際に発展することが多くなります。でも体の関係だけしかなく、彼女なのかセフレなのかわからない状況が続くのは不安ですよね…。
彼にとって自分がセフレか本命なのかを見抜くことってできないのでしょうか?今回は、セフレがいた経験のある男子に「セフレに対してとる行動」を聞いてみました。

1.プレゼント・お土産は用意しない

「本命彼女には誕生日やクリスマス以外にもプレゼントしてしまう。でもセフレに愛情なんてないからプレゼントしようという考えにならない」(30歳/IT)

「旅行や会社の出張で地方に行った際、好きな子には喜んでもらいたくてお土産を買って帰る」(27歳/外資)

本命の彼女の場合、喜ぶ笑顔が見たくてイベントの日以外にもついついプレゼントをしてしまう男子も多いでしょう。でも、セフレなら誕生日などのイベントのときすら何も貰えない可能性も。今まで一度も彼からプレゼントをもらったことがないなら、残念ながらあなたは本命ではないのかもしれません。

2.エッチなしのデートはしない

「セフレとのデートはエッチありき。だから基本金曜の夜からしか会わない」(28歳/建築)

「本命とはエッチなしのデートでも十分楽しいから生理中のデートも全然いいけど、セフレはエッチ目的であっているので生理の日のデートは勘弁」(26歳/販売)

セフレと会う目的はエッチ。なのでエッチ以外のことは煩わしく感じてしまうようです。彼とのデートコースで、本命かセフレかをある程度判断できそうですね。彼と会うとき、「今日はエッチできない」と伝えて反応を探ってみてはいかがでしょうか。

3.会うとき以外は連絡を取らない

「彼女とは毎日連絡とるけど、セフレとは会う日どりを決める連絡だけでいい」(32歳/建築)

「あまりにも連絡しないとセフレも去っていくので、メンテナンスがてら会わない日も連絡するけど正直面倒臭い」(29歳/医療系)

連絡不精な男性も多いとは思いますが、大好きな彼女となら毎日しても苦ではないという人がほとんどです。一緒にいるときよく携帯を見ているのに、なぜかあなたへの連絡は遅かったりスルーされたりするようなら、本命ではないと思ったほうがいいかも。

4.深い会話をしない

「家族に関することとか将来の話、仕事の悩みなど、プライベートな話はしない」(29歳/出版)

「彼女のことはたくさん知りたいし、話した内容も覚えているけど、セフレと話した内容なんて覚えてない」(30歳/自営)

彼女と将来を見据えてお付き合いをしている場合、当然お互いのプライベートな話もしますよね。嬉しい話も悲しい話も共有するはずです。
彼が家族の話や仕事の話、あなたとの将来の話を全くしない場合は、何か理由があるのかもしれません。プライベートを明かさない男子は危険です。

おわりに

お互いに納得してセフレ関係になっているのなら問題ないですが、本命のつもりだったのに違ったりしたら悲しいですよね。もし、彼の行動に思い当たるところがあったら、ちょっと距離を置いてみることをおすすめします。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事