2017.03.02

●●離れが進行中?!女性から不満が読出…男性の約9割が「好きなのにできずにいるアレ」って?

体を這う彼の舌がだんだんと下半身へと近づいてきて、アソコに到達する瞬間…。恥ずかしいけれど、「大好きな人が自分のすべてを愛してくれる」と感じて、体の快感だけではなく心まで安心感で満たされますよね。

一番敏感な部分を柔らかくて生温かい舌で舐められた時のあの気持ちよさは、指手で触られるのとまったく違った感覚。エッチの度にできればじっくり舐めてほしい!と願う女性は多いはず。

そんな幸せなクンニ体験の一方で、「クンニをしない」「作業的にさっと舐めるだけで即挿入」など、男性たちのクンニ離れも起こっているようです。

9割の男性が実はクンニ好き!それなのに、女性からは不満の声が…

時間をかけた丁寧なクンニは女性の興奮を高め、心を解放しながらの快感へと導いてくれます。そのため、女性がオーガズムを迎えるために欠かせない前戯のひとつと言っても過言ではありません。

それなのに彼がクンニをしてくれないと、「自分からクンニをする男性なんて、ほんの一部しかいないのでは?」「私の彼はクンニが好きではないのかも?」と思えてきますよね。実際、男性はクンニについてどう思っているのでしょうか?

LCラブコスメが一般男性175名を対象に行った調査によると、「クンニは好きですか?」という質問に対して、86%(135名)もの男性が「好き」と回答したのだそう。さらに、「どちらとも言えない」も10%(15名)で、「嫌い」と答えたのはわずか4%。

つまり、自分の舌で彼女が感じる姿に悦びを感じる男性が9割近くもいたのです。

ところが、LCラブコスメが女性にもクンニに関する調査をしてみたところ、「彼がクンニをしてくれない」「いつも手でイカせようとしてくる」と、彼のクンニをしてくれないエッチに不満を感じている女性はあとを絶ちません。

・「私はフェラチオするのに、彼はまったく舐めてくれません」(アミさん/31歳/会社員)
・「舐めるのはいつも胸ばかり。アソコも舌で愛撫してほしいのに…」(アイコさん/26歳/飲食店勤務)
・「彼の顔が脚の間にくると『もしかして…』と期待しますが、指での愛撫しかしてくれない」(マイさん/20歳/学生)

約9割の男性が「クンニが好き」と回答しているのに、実際には女性が満足するほど男性がアソコを舐めてくれないのはナゼなのでしょうか?本来はクンニ好きの男性が、クンニを避けてしまうのには、ある理由があったのです。

クンニ避けには理由がある!「アソコを舐めたくない理由」TOP4

LCラブコスメが男性を対象に行った調査で「クンニを嫌う理由は何ですか?」と質問したところ、「男性がクンニを避ける理由」が明らかに!さっそく結果を見ていきましょう。

第4位:「クンニをする必要がないと思っている」
前戯は単に「挿入しやすくするためのもの」と思っている男性も少なくありません。アソコがある程度濡れていれば、もう舐める必要はないと考える男性もいるようです。

第3位:「アンダーヘアが邪魔」
男性器とは違い、女性器を舐めるときはアンダーヘアが顔が触れることになります。「毛が邪魔で舐めにくい」「毛が抜けて舌や喉に張り付く」などの理由でクンニを嫌う男性もいます。この場合、ヒートカッター(Vライントリマー)などでアンダーヘアの長さや量を整えるお手入れが必要です。

第2位:「女性器の見た目が苦手」
女性の体は白くて柔らかくて…と考えている男性の目には、女性器の色や形がグロテスクに映ることも。思い描いていた女体とのギャップが大きいのでしょう。日頃から専用の石鹸で黒ずみをケアしたり、エッチ中は照明を暗くするなど、女性側も配慮してみてください。

第1位:「女性器のニオイが苦手」
男性からの回答では「濡れると臭ってくる」「シャワーを浴びたあとなのにアソコからもあっとすっぱい臭いがした」など、女性器に違和感を感じた瞬間、舐めたい気持ちが消失してしまった…という意見が多数!アソコが臭うとクンニの間は呼吸を止めたり、ニオイを我慢し続けることになります。そこまでして長い間舐めるのは酷です。男性によっては「指に臭いが付きそう…」と、クンニどころかセックス自体を避けるようになることも。

「私はエッチ前には必ずシャワーを浴びるから大丈夫」と安心していませんか?

しかし、油断は厳禁!女性の性器の構造は複雑なため、汚れが残りやすく、蒸れて雑菌が繁殖しやすい部位です。さらにアソコは酸性の成分を含んでいます。これらが重なると、女性特有の「チーズのような酸っぱいニオイ」がアソコから発生してしまうのです。

それだけではありません。ボディタオルでゴシゴシと肌を強くこすったり、洗浄力の強いボディソープで洗ってしまうと、肌を守っている常在菌まで洗い流してしまい、一層ニオイを強くしてしまうことも。

さらに、摩擦は黒ずみの原因にもなります。すると、臭いだけでなく、見た目も男性が「苦手」だと感じる印象に変わってしまい、ますます男性がクンニ離れを起こしてしまうのです。

彼がクンニ嫌いになる前に、適切なデリケートゾーンのケアをしていくことが大事です。

デリケートゾーンの正しいケアで手に入れる!彼の舌が止まらないクンニ体験

では、「もっと舐めさせて」「イクまでやめないよ」と、彼の舌でたくさん愛されている女性はどんなケアをしているのでしょうか?クンニ避けしていた男性が、舐めたくなるほどのアソコを手に入れた女性たちのクンニ体験談を紹介しましょう。

「いつまでも舐めたくなる…」ちゃこさん(18歳 / 学生)
彼との初めての夜、私も彼も初めてで手探り状態でしたが、彼がクンニをしてくれた際、彼からとっても嬉しい言葉をいただきました。周りの友達に女の子のアソコの臭いはきついから覚悟しろって言われてたけど、ちゃこは全然臭いしないしとっても綺麗。いつまでも舐めてたくなる。
そこからは彼のクンニが止まらなくて。私も臭いを気にすることなく没頭しとても素敵な時間をすごすことができました!
最近はデリケートゾーンだけでなく脇などにも石鹸を使用していますが、臭いはもちろん肌に透明感がでてきたように思います。

「舐めたい、舐めてもいい?」ゆいなさん(28歳 / 会社員)
今の彼は、前戯で舐めたりすることも少なかったみたいで、何かトラウマがあるような感じだったので、せめて匂いはケアしたいという想いでとデリケートゾーン用石鹸の購入に至りました。
舐めたりしないと言っていた彼から「舐めたい、舐めてもいい?」と言われ恥ずかしかったけど、OK出来たのは普段からケアをお手伝いしてくれていた石鹸のおかげでした。

2回目には、手でもしつつ長時間舐めてくれて私が「もういいから、欲しい」とおねだりするまで可愛がってくれました。後日聞いたら「何も匂いはしないけどフェロモンみたいなのを感じで、ずっと舐めてたい」と言ってくれました。
私とHすることで、舐めてくれるのに抵抗も無くなったみたいで、前戯が段々長くなって嬉しいです。

クンニを避ける理由はない!彼の「舐めたい欲」を駆り立てる方法

デリケートゾーンの臭い悩みを解消し、彼が夢中でクンニし続けたくなるアソコを手に入れた体験者のみなさん。彼女たちがケアに使っているデリケートゾーン用石鹸とは、LCラブコスメの「LCジャムウ・ハーバルソープ」

デリケートゾーンの臭いの元をさっぱり洗い流してくれる「LCジャムウ・ハーバルソープ」は、インドネシアの伝統的なハーブを使用した自然派石鹸です。植物エキスの成分を日本人の肌に合うように配合しているため、敏感なデリケートゾーンを優しく洗い上げることができます。

使い方はとっても簡単!泡立てネットをよく泡立てた「LCジャムウ・ハーバルソープ」の泡をデリケートゾーンに乗せて、3分間パックするだけ。

安定剤や着色料、防腐剤、石油系界面活性剤を使用していないので、デリケート―ゾーンはもちろん、ニオイが気になるワキ、足、胸、顔など全身にも使えます。

また、ニオイだけでなく古い角質や汚れを洗い流してくれるので、黒ずみの元もすっきり。見た目の清潔感も同時にケアできるので、明るい部屋でのエッチにも自信が持てます。

クンニを避ける男性には、ニオイや黒ずみなどの何かしらの原因があるもの。ほとんどの男性は、本心では「クンニで感じさせたい」と思っています。正しいケアでデリケートゾーンの臭いが気にならなくなれば、きっと夢中で舐め続けてくれるでしょう。

彼の熱い舌で丁寧なクンニをしてもらうと、快感だけではなく「愛されている!」と実感できて、うっとりするほどの幸福感に満たされますよね。その気持ちの解放が、オーガズムを迎えやすくもしてくれます。

エッチする度に彼がじっくり舐めたくなるアソコを手に入れたら、彼の濃厚クンニで心も体も満たされ、オーガズムを毎回感じらるはず!

「LCジャムウ・ハーバルソープ」を開発したLCラブコスメは、女性が運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。デリケートゾーンのケアアイテムをはじめ、香りで彼を誘惑する「ベッド専用香水」や、思わずあなたの髪をなでたくなるヘアパフュームなど、恋をする女性ならではのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。彼との関係で悩んだら「ラブコスメ」で検索!ピッタリのラブコスメがきっと見つかるはずですよ。誰にも相談できずにいたお悩みを自宅でこっそりケアしましょう。

関連記事