カレを虜にする「ふわふわカワイイおっぱい」の作り方・4つ


「バストを大きくする手術をうけたい」「形がいいおっぱいに見せるブラジャーを探してる」「バストアップのヨガポーズがある」女子たちの間ではおっぱいコンプレックスな話題が頻繁に出てきます。

こんもり丸く、触るとふわっとした中に弾力がある。乳輪がさほど大きくなく、うす桃色のかわいいおっぱい。
カレが夢中になるおっぱいを目指してみましょう。

1.おふろあがりにバストマッサージ

パソコンワークによる肩こりや、姿勢の悪さはバストにまで影響します。上半身のコリは、バストのまわりの筋肉を固まらせ、リンパや血流も滞りがちに。

身体があたたまっているお風呂上がりにソフトにマッサージを。
両手でバストを包み込むようにそっとやさしく、下から上に円を描きます。

背中に流れ出す筋肉をバスト側に寄せるように意識します。
鏡の前でこれをするとハンドブラジャーのヌード写真のイメージですね。

「私のボディは美しい」とイメージしてうっとりすると、効果大です。
バスト専用マッサージオイルもあります。乾燥を防ぐために使ってみるのもいいでしょう。

2.膝付き腕立て伏せ 毎晩25回

胸を支える大胸筋をがっつり鍛える!
するとあら不思議、バストがもりもり盛り上がってきます。特に20代の若い皆さんなら、ちょっとの努力でバストアップ可能です。
とは言え、腕立て伏せは女子の苦手科目。腕がプルプルして3回でアウト!となって継続しないのが普通です。

こうなったら膝を着いた形の腕立て伏せで代用しましょう。膝を着くだけで20回、30回とできてしまいます。

3.ブラジャーを安売り店で買わない

つまり、自分に合ったブラジャーを選んでくれる店員さんがいる専門店で買うということです。
試着は絶対必要。前にかがんだ姿勢でお肉をカップの中におさめてから背中のホックを止める手順も習慣化するといいですね。

正しい位置に毎日おさまっている事が大事。まるで形状記憶のように、ブラジャーをはずしてもきれいな形でいられます。

4.ナイトブラジャーをする

下着メーカーの調査で、夜、ブラジャーを付けると眠りの質がよくなることがわかりました。

普段の状態(ワイヤーブラジャーを着けて寝る・なにも着けずに寝る)で寝た時の“ぐっすり睡眠時間”が1時間59分であったのに比べ、「ナイトアップブラ」を着用して寝た時の方が2時間11分と平均12分長くなり、ぐっすりと眠れていることがうかがえたそうです。

バストが安定し、形が崩れるのを防ぐことも期待できて、かつ眠りの質も良くなるなんて、女性には嬉しい事づくしですよね。

ただし、昼間つけているようなワイヤーブラジャーでなく、乳房をすっぽり包み込んでなおかつ締め付けない程度の柔らかいブラジャーを選びましょう。
寝るとき専用のものを使うのがおすすめです。

おわりに

胸が小さい、垂れている、乳首が黒ずんでいる、弾力がないなど様々なおっぱいコンプレックスに悩む女子の皆さん、そんなに悩む事はありません。

お顔のケアと同じようにおっぱいも毎日意識してあげると、魅力的に生まれかわります。
カレが思わず触りたくなるようなかわいいおっぱいを手に入れましょう。

(二松まゆみ/ハウコレ)
関連キーワード