2014.12.01

エロ欲求大噴火!エッチしたいのに彼女とできないとき…男性が取る行動・4選

男性は常にエロいことを考えている生き物。実際、エロいことをまったく考えない日は男性には存在しないそうです。
そんなエロい生物に、エッチをさせない日々が続くと、一体どのような行動に出るんでしょう…?

1.ひとりで解消しようとする


(1)脳内再生

「溜まってくると、エロいことばっかり考えちゃうんですよ(笑)。しかも彼女のこと考えるんじゃなくて、社内で胸おっきい子とか脚キレイな子がいるとついつい考えちゃったり、行きと帰りの電車で見た女の子にムラッとしちゃったり…いや別に手出したりはしないですけどね(笑)」(24歳/IT)

溜まってますね、これ。
男性はいつもエロいことを考えていると言いますが、エッチをさせないとなると拍車が掛かるんですね。
犯罪にも浮気にも手を染めなかったら、セーフといったところでしょうか。他の女性であれこれムラムラしてしまうのはイヤですが、しょうがないでしょう。


(2)作品鑑賞

「まぁ処理の王道はコレでしょ。やれないってなるとどっかで処理しなきゃならないですから、これくらいは別にいいでしょ。前にセックスレスのとき、彼女にAV見つかって指摘されたんですけど、じゃあどうしろっていうんだって話ですよ。」(26歳/販売)

これも、仕方がないことでしょう。もちろんいい気分にはなりませんが、エッチする気分ではないときにAVで処理してもらえれば、御の字という感じはします。実際にAV女優に恋してるわけではないですし、これは許してあげましょう。


(3)番外編:彼はどんなのものがお好き?
<1>自分1人+女の子複数

「一度でいいからハーレムでエッチしてみたいです。これこそ相手を見つけるのが難しい……」(23歳/フリーカメラマン)

「複数の女の子に攻められてみたい!!そして、複数の女の子を攻め倒してみたい!!」(22歳/大学生)

複数プレイの願望がある女子がふたり以上いないと現実的には叶いませんし、多くの男子が空想の世界で楽しんでいます。
男子2人で女子1人を攻めたい、という意見もありましたが、やはり女子にハーレム状態で攻められるほうが圧倒的に求めている男子が多いです。


<2>美人の先生(上司)と教室(職場)でコソコソ

「いつもは手の届かない存在の美人を、自分のテクでねじ伏せしたい(笑)自分より立場が上ってのがたまらない」(22歳/アパレル販売)

「誰もいない教室とか職場って妙に興奮します。だれか来そうな雰囲気がまたいい。ほんとに誰か来ちゃったらやばすぎですけどね」(24歳/営業)

自分より立場が上の女性を陵辱する、という征服感が男子には快感なようです。
場所も普段は人が多くあわや人に見られかねない、というハラハラ感を妄想してムラムラするよう。


<3>ソフトSM

「縛って限界まで攻めてみたい。」(20歳/パティシエ)

「逆にこっちが縛られて徹底的に責められたりもしてみたい」(26歳/不動産)

「なかなか現実では言い出せない」という葛藤があるからこそ、妄想がふくらんでいくようです。相手もこういう性癖がないと実現できませんからね…。

2.とりあえず1度はアタックしてみる


妄想やオナニーでなんとか保っていても、ひとりでは解消しきれない。やっぱり彼女とエッチしたい!!となる男子が多いよう。それを叶えるべく、彼らは彼らなりに試行錯誤して、さりげなく努力するみたいですよ。


(1)エッチの美容効果を語る

「俺とかは、『エッチって、ダイエット効果もあるらしいよ』とかいろんなことを言って彼女を乗り気にさせようとするよね。
でもだいたいいつも、笑い飛ばされる……」(営業/24才)

一生懸命ですね。でも、こういうことを聞いてもなかなか「そうなんだ、じゃあしたい!」とはならないもの。こういう、下心みえみえなアドバイスのは嫌気が差しますもんね。


(2)コンビニでコンドームを買おうとする

「コンビニとか一緒に行ったときに『買ってく(笑)?』とか言って冗談混じりに聞く。
それで彼女が『いいよ』って言ってくれたら、今晩はOKって暗黙のサイン」(企画/26才)

「そんなの黙って買えばいいじゃん!」って思ってしまいそうですが、これでも彼なりに手を差し伸べているつもりなのでしょう。「レス気味だから、どうにかしようよ」という心意気が見えます。


(3)一緒にお風呂

「ふたりで住んでるけど、エッチしたいときのサインは、『お風呂一緒に入らない?』だね。
別々に入ると、片方が入っているうちに他方が先に寝ちゃうから、エッチにならないんだよね」(大学生/22才)

お風呂に入って、彼が彼女にちょっとエッチなちょっかいを出し、それでエッチな雰囲気に持っていこうという魂胆でしょう。女子からすれば、入浴は生活の一部ですから、エッチな雰囲気と一緒にしてほしくはないですよね。

3.困ったらお金で解決


それでも彼女に断られた、さあ、どうしよう…。
「人肌が恋しい」のが彼の本音ですから、お金を払って解消する方向に進んでいきます。


(1)キャバクラに行く

「鬱憤を晴らしたくなるんですよねぇ、だってイチャつけなかったらほかのところでイチャつきたくなるんですよ。別に浮気してほかの子に手出すわけじゃないからいいでしょ。ストレス発散の場として利用してるだけなんですから」(28歳/営業)

エッチしたい気分じゃではなくても、スキンシップくらいはとってあげた方がいいかもしれません。キャバクラでワイワイして発散してくれるだけまだマシな気はしますが…。


(2)風俗に行く

「内緒で行きますね。彼女とエッチできなかったら、合法的にエッチしに行きますよ。男は欲求が溜まりやすいですし、特に僕は性欲強いんでAVとかじゃ満足できない。だから本物の女性とヤって解消しますね」(30歳/広告)

キャバクラを通り越して、他の女子と体を重ねるレベルまで到達してしまいましたね。
ここまで男性が溜まってるようだと、相当ご無沙汰なのではないでしょうか?

エッチをするために彼女をやってるわけではないですが、男性の性欲を受け止めてあげるのも大事です。「風俗なんて…」と思うなら、早めに対処しておいた方が、こういうことも未然に防げるでしょう。

4.セフレ、浮気、別れの結末…


「とにかくいろんな不満が溜まりますから。彼女が満たしてくれないなら、代わりに満たしてくれる女性を探しますよ。彼女より満たしてくれる存在になれば、別れることだって当然考えます。なぜなら、満たしてくれる存在を欲しているから。当たり前の理屈ですよ」(27歳/クリエイティブ職)

最悪の事態です。彼女から抑圧されすぎた結果、爆発した欲求が他の女性に向いてしまい、しかも「禁欲させる彼女」に対しても愛情が薄れるよう。
浮気相手で性欲だけ発散させて彼女のもとに戻るどころか、そのまま別れるということにもつながりかねません。

「エッチがないだけでそんなに冷めたり、浮気とか信じられない!」という気持ちは分かりますが、頑なで一方的な拒否は、こういった流れになりかねないのです。

爆発してからでは元も子もありません。男性は女性よりも性欲に関して爆発しやすいですから、エッチしたいにもかかわらず、彼女がいるのにエッチができないなんて、相当な苦痛です。最悪な展開になる前に、発散させてあげた方が無難ですよ。

5.しっかりと向き合おう


「わたしはエッチしたくない。でもAVもキャバクラも風俗も浮気もダメ!」は結構危険だということがわかりました。それでもしたくないならしたくないで、関係を保てるよう対策する必要があります。


(1)ふたりでお互いの「エッチの価値観」について語り合う

真顔で質問攻めにする必要はないので、ふたりで楽しくお酒を飲んでいるときなどに、エッチへの価値観について語り合ってみましょう。

今までの経験や、ふたりでの忘れられないシーン、雰囲気、プレイの内容についても、抵抗がなければ語ってもらう、語ってみるのもいいですよ。
エッチの価値観を語り合うことで、今まで知らなかった相手のことも知れますし、「なぜ彼とエッチがしたくないのか」と自分のことも見つめ直すいい機会ともなります。

エッチの相性が良くなかったり、マンネリ、またはセックスレスと感じているカップルのほとんどが、日ごろエッチについて語ることはないそうなのです。
体だけのコミュニケーションでなく心のコミュニケーションもカップル間では大切なのです。


(2)正直にダメ出しする

どんなエッチならしたくなるのかについて考えてみましょう。希望があれば、自分好みのエッチがしてもらえるようにお願いしてみましょう。

実はほとんどの10~20代の男子が、さっさと挿入したがるせっかちなタイプ、前戯の仕方が自分本位なタイプです。挿入したい衝動に駆られてしまい挿入を焦り、また女子にとって気持ちいいツボややり方をわかっていないので、自分本位なやり方となってしまうのです。
そんな彼に嫌気がさして、「なんとなくしたくない」と感じていた方も多いのでは?


(3)一緒にAVを見てみる

彼とAVを一緒に見ることで、こういうのがムリ!と楽しく話せる機会がつくりやすくなります。おふざけ半分で、見てみよっかーとチャレンジしてみてください。
AVの世界しかエッチを知らない男子でも、あなたのツッコミで現実とのギャップを学べば、貪欲に求めてくることもなくなるかもしれません。

これまで紹介した会話の、いい導入剤にもなりそうですしね。


(4)自分自身も気持ちよくなれるように研究してみる

ひとりきりの時間に、どうしたら気持ちよくなれるか?どうすれば彼を気持ちよくさせてあげられるか?を研究してみましょう。

ネットで調べてみたり、自分で実際に自分の体を触って確かめ、自分の体を知ることも大切。案外ストレスを発散にもなりますし、逆に「エッチしたい!」というあなたの欲を呼び起こすことにもつながるでしょう。彼とのエッチの充実度も上がるかもしれませんよ

おわりに

エッチが嫌で頑なに断っていると、ふと気がつくと、ひとごとみたいに思っていた「セックスレス」に、自分自身がなってしまっているもの。彼の我慢ができるうちならいいかもしれませんが、身体の関係が冷えつくと、カップルとしての関係そのものもなんだか冷めがちになってしまい、最悪の結果を招きやすくなってしまうのです。

彼の性欲まで愛してあげて、お互いに気持ちよくなれる、気持ちよくさせてあげられる喜びを感じ、カップルライフを豊かにしていきましょうね。


※この記事は、以下の記事を再編集・追加して作成されたものです。
・エロ欲求大噴火!エッチしたいのに彼女とできないとき…男性が取る行動・5選
・永遠のロマン!?男子が一度はしてみたい、と妄想しているセックス
・察してあげて!彼女とのセックスレスを感じた男子がレス改善のためにすること・5つ
・エッチがなんだかしっくりこない…。彼と体の相性が合わないときにすべきこと

(ハウコレ編集部)

関連記事